So-net無料ブログ作成
検索選択

新聞を読む価値のありやなしや [ヨモヤ]

大阪で、デジタル時代に新聞が果たす役割について考えるパネルディスカッションが開かれたそうな。
新聞社の編集幹部が会場の若者と意見を交わし、新聞社の人は当然のことながら新聞の効用を訴えられたようだ。
報道によれば、
「紙面には一覧性があり、新たな気付きを含んでいる。新聞を開いて」
「新聞全体に目を通せば、精読しなくても世の中の動きが大体分かる」
「新聞を脇に抱えて街へ出よう。かっこいいですよ」
などとおっしゃったらしい。

どうだろう、新聞社の方々の思いは届いただろうか。
突っ込む気になればいくらでも突っ込める言葉ばかりだがどうだろう。
だって、一覧性ならネットにも十分あるし、
世の中の動きを知るならむしろネットの方に速報性があるし、
新聞を持って街に出たらかっこいいというセンスがかなりかっこ悪い。

そういう私は新聞擁護派である。
情報量の割に、安いと思っている。
ちなみに私は毎朝、
スポーツ新聞を隈なく読んだ後、
経済新聞をざっと読み、
さらにもう一紙地方版に目を通している。

もし学生から、
「新聞を読まなければならないか?」
と聞かれたらなんと答えよう。
「読まなければならない」とまで言い切る自信はない。
ニュースはネットで十分に見られるし、速報ではネットに軍配が上がる。
さらに、関連記事の検索はネットの得意技である。
できれば
「新聞を読んだ方がいいか?」
と聞いてもらいたい。
それなら自信を持って、「読まないよりは読んだ方がいい」と言い切れる。
逆に言えば、そのくらいの感じである。

私はとりあえず新聞を読み続けるつもりだし、
記者の方々のフィルターを信じている。
しかし、伝えられている内容をすべて信じているかというとそうではない。
そのフィルターはこちら側にある。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 2

ポン太

新聞というメディアの存在価値について、考え直しておきたいですね。無批判に、新聞はすごいっす!と決めつけないほうがいいのかもしれません。
by ポン太 (2016-10-23 19:47) 

淋

以前のように情報を独占しているという状況ではなくなっていますし、個人が発信能力も持っている時代です。この中で「すごさ」を見せていくのは、新聞としても大変でしょうね。
by (2016-10-24 03:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る