So-net無料ブログ作成
検索選択

中小企業診断士第2次試験結果発表で思う [診断士って]

去る12月9日、平成28年度中小企業診断士第2次試験結果が発表された。
受験者数4,394人中
口述試験を受験する資格を得た方の数は842人、
合格率は19.2%であった。
1次試験を受かった選りすぐりのメンバーのうち2割しか受からないのだからそれだけでも大変だが、
先に行われた1次試験の合格率が17.7%だったから、
通算の合格率は、17.7% × 19.2% で 3.3%となる。
ストレートでは30人に1人しか受からない狭き門であったことになる。

2次試験を合格された方には、心からお祝いを申し上げます。
まだ口述試験があるので、気を引き締め直して頑張ってください。

惜しくも合格できなかった方は、残念でした。
いろいろなものを犠牲にしてここに臨まれたことと思いますので、悔しい気持ちが強いことでしょう。
しかし、結果はともかく、学んだことはすべて身になっているはずです。
それは、きっと、これからに活きてきます。
絶対に無駄ではありません。
もう、来年は挑戦されませんか?
働きながら勉強するのはなかなか大変ですから、何年も受からなければ、続けられなくなる気持ちはわかります。
ただ、そこをなんとか踏ん張りませんか?

私は、中小企業診断士の資格にもっと広まってもらいたいし、社会的地位ももっと高くなればいいと願っている。
そのためには、2次試験のあり方がもう少しなんとかならないかと思う。
今の試験では、偶然の要素が強過ぎる感じがする。
頑張った人が報われるような、そんな試験にするための見直しはできないだろうか。
現状の試験では、落ちた人の納得感が今一つであるように思うのである。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 1

ポン太

2次の問題点について、機会があればお聞かせください。
by ポン太 (2016-12-24 09:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る