So-net無料ブログ作成
検索選択

稀勢の里優勝の喜びにすっかり水を差された横綱への昇進 [ヨモヤ]

かなり無理やりな解釈で大関に昇進させられて以来、私は稀勢の里という力士が好きになれなかった。
もちろん、大関昇進を決めたのは稀勢の里ではなく、いろいろな思惑を持ったまわりの人間たちであるが、それでもなんとなく釈然としない思いが残り続けていた。

それが、ここ2年ほどは、稀勢の里に引き寄せられた。
もどかしさ、
情けなさ
強さ、
頼りなさ、
などなどがないまぜになって、目を離せなくなった。
だから、今場所の優勝は実に嬉しい。

さあ、来場所は綱とりだと思ったら、驚いたことにこのまま横綱に昇進させようという流れができてしまっているようだ。
大関昇進時に引き続いての、強引な昇進。
応援してきた身としては、喜びよりも強い失望が募る。
どうして、信じてあげられないのかと。

かつて稀勢の里は、「三役で3場所33勝」が一般的な基準とされている大関昇進において、32勝で昇進した。
ほかにも32勝で昇進した力士もわずかながらいるか、その場合は少なくとも直近場所で12勝以上の星を上げている。
稀勢の里のように、勝ち星を減らして32勝で昇進した力士は、何十年もさかのぼらなければ存在しない。
強引、えこひいき、裏口昇進などの声があった。
私は、大関での長い足踏みの原因の一つが、このときの昇進劇にあったものと思う。
不幸にも、この絵に描いたような「贔屓の引き倒し」が繰り返されてしまう。

もし、稀勢の里が今場所後横綱に昇進するとしたら、平成に入ってから初めての「2場所連続優勝かそれに準じる成績」に満たないケースになる。
稀勢の里の先場所の成績は12勝3敗で、優勝した鶴竜に星2つの差をつけられており、優勝に準じる成績とはとても言えないからである。
現に昨年九州場所後の定例会合では、横綱審議委員会の守屋委員長も、
「優勝争いをしていない。もろ手を挙げて賛成とはいかない」
と、今場所優勝しても昇進はないという見解だった。
つまり、今場所は綱とり場所とも認定されていなかったわけである。
当然であろう。
今になって、
「横綱2人に大関1人が途中休場する中で、これだけ頑張ったことを評価したい」
と懸命にいいところを探しておられるが、普通なら、横綱2人がいない今場所の優勝は通常より価値が低いと考えるべきだろう。
「横綱3人を破っての優勝には大きな価値がある」
というのならわかるが。

委員長は、
「国民が昇進を望んでいる」
とおっしゃる。
私も稀勢の里の横綱昇進を心から楽しみにしていた。
しかし、私も含め、国民が望んでいるのは、正々堂々とした昇進であり、大関昇進時のようなかさ上げ昇進ではないと思う。

平成以降、横綱に昇進した力士たちは、優勝した次の場所に、再び優勝しなければ横綱にはなれないとの重圧と戦って、皆それに打ち勝ってきた。
一覧を付すと、以下のようになる。
富士 14勝1敗 優勝 14勝1敗 優勝
曙   14勝1敗 優勝 13勝2敗 優勝
貴乃花 15戦全勝 優勝 15戦全勝 優勝
若乃花 14勝1敗 優勝 12勝3敗 優勝
武蔵丸 13勝2敗 優勝 13勝2敗 優勝
朝青龍 14勝1敗 優勝 14勝1敗 優勝
白鵬  13勝2敗 優勝 15戦全勝 優勝
日馬富士15戦全勝 優勝 15戦全勝 優勝
鶴竜  14勝1敗 同点 14勝1敗 優勝
唯一の例外は鶴竜だが、昇進前の場所が14勝1敗の決定戦での敗戦だから、十分に優勝に準じる成績であったと言える。

稀勢の里は、今回がようやく初めての優勝である。
そして彼は、来場所、過去の横綱昇進者たちが戦ってきたプレッシャーに立ち向かうはずだった。
私は、それを心の底から応援するつもりだった。
ここでの横綱昇進は、稀勢の里からその機会を永遠に奪うものである。

応援してきた力士の横綱昇進なのに、喜びよりも白けた気持ちの方が圧倒的に強いのが、今の私の感情である。
非常に残念なことに。

nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 1

斉藤  梢

いいじゃないの~
キセノサトは、そうゆう運命に生まれてるのよ。皆が喜んでるんだから@@ ガタガタ言わないで応援すればいいのよ。
モンゴル、飽き飽き!このままじゃ相撲フアン離れちゃうかもよ。お偉いさん方もそう感じたんじゃないの?
正解よ!日本中が明るくなったよ♪

by 斉藤 梢 (2017-01-25 13:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る