So-net無料ブログ作成
検索選択

25年間不況知らずのオーストラリア [経済を眺める楽しみ]

オーストラリア統計局が発表した2017年1~3月期の実質国内総生産は前期比0.3%増だった。
これで103四半期!(25年9カ月!)にわたり「景気後退」の定義である2四半期連続のマイナス成長を経験していないこととなった。

これだけ好景気が続くと、多くのオーストラリア人は、社会に出てから「不景気」というものを経験していないということになる。
生まれてこの方、「なんとなく景気が悪い」という空気に慣らされている日本とは大違いである。

中国東南アジアなど、これから伸びていく国が年々成長するのはわかるが、もともと先進国であったオーストラリアが、これだけ長い期間好景気を享受しているのは、日本から見ると驚異的ですらある。
もちろん経済成長の要因には、
資源高が追い風になったこと、
貿易で関係の深い中国の成長に引っ張られたこと、
などが要因として挙げられ、これらはオーストラリア特有の事情と言える面もある。
しかし、資源については乱高下することもあり、上がりっぱなしだったわけではなく、
中国の成長に引っ張られたのは世界中に共通する現象ともいえる。
つまり、たまたま成長が続いたのではなく、政策が巧みにサポートした結果であると考えられる。

日本では、
景気は悪いもの、
と思っている人が少なくないだろう。
そこまで決めつけなくても、
景気はいいと悪いを繰り返す、
と考えている人がほとんどだろう。
事実はそうではない。
25年間不況知らずの国もある。
要は、経済政策次第なのだ。
日本も考えよう。
日本だってできるはずと思おう。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る