So-net無料ブログ作成

映画評 「ゴジラ」 [映画評]

名画座で、1954年制作の元祖「ゴジラ」を上映していたので観に行った。
私が生まれる前の作品であり、スクリーンで観るのはこれが初めてである。

こうした古い作品を批評するのは難しい。
名作とされているものはなおさら。
ある程度評価が定まっている面があるし、
現在の尺度で測るのはどうなのかという面もあるからである。
しかし配慮せず、素直に感じたままを書いてみよう。

率直に言えば、ガッカリであった。
去年公開された「シン・ゴジラ」の出来がとてもよく、大いに楽しませてもらったことから、オリジナル版にはそれを超える感動を求めるあまり、目線が大いに上がっていたから、落胆も大きかった。
きっと練りに練られた映画で、観終わった後には、先人への畏怖の念に包まれている、などと勝手に妄想を広げていたから、なおさら失望も募った。

ストーリーにも登場人物の行動にも説得力は全くなく、ハチャメチャな展開の連続。
ほとんど「トンデモ映画」の様相であった。
初めからこのぶっ飛び方を楽しもうという境地であったらよかったのだろうが、よくできた映画を期待していたから、なおさら粗ばかりが見えた。

「あの頃にしてはすごい」
という表現は、かえって作り手に失礼だろうと思うので使いたくない。
いいものは時代を経てもいいものであるはずだ。
映画として「ゴジラ」は、なっていなかった。
人間とゴジラの戦いに注目する以前に、自分の眠気との闘いに終始する羽目になってしまった。

もちろん、その後の怪獣映画の先駆けとなった作品であるから、いい点もある。
情け容赦なく暴れまくるところは映画的興奮があるし、被害を受けた側の苦しみもきちんと描かれている。
しかし、どんな映画にも多少なりといいところはあるもので、それをもっていい映画とはならない。

この映画を愛でる方は、反戦の要素がお好きなのだろうと推察する。
だが、どんなメッセージがあったとしても、映画そのものがきちんと作られていなければ意味がない。

観なければよかった。
観なければ、
「世界中にファンがいるゴジラの第一作だから、きっとすごいものだろう」
と、誤解したままで生きていけた。
知ることは、時に罪である。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る