So-net無料ブログ作成

7月の読書記録 [読書記録]

7月に読んだ本は以下の通り。

7月1日 「総合商社」 田中 隆之
7月2日 「投資の鉄人」 馬渕 治好
7月3日 「堤清二と昭和の大物」 松崎 隆司
7月4日 「もしもし、運命の人ですか」 穂村 弘
7月5日 「宇宙人の探し方」 鳴沢 真也
7月6日 「大人の体幹トレーニング」 本橋 恵美
7月7日 「公務員の議会対応」 藤川 潤
7月8日 「夢を追いかける起業家たち」 ギルバート/フリッシュ/ボッデン
7月9日 「裸でも生きる2」 山口 絵理子
7月10日 「超少子化 異次元の処方箋」 NHKスペシャル
7月11日 「はじめての資産運用」 大竹 のり子
7月12日 「正しい値決めの教科書」 中村 穂
7月13日 「ピッチングメカニズムブック理論編」 前田 健
7月14日 「18歳からのマーケティングの基礎知識」 野上 眞一
7月15日 「マドンナジャパン光のつかみ方」 長谷川 晶一
7月16日 「国家は破綻する」 藤巻 健夫
7月17日 「ハロワ!」 久保寺 健彦
7月18日 「土の中の子供」 中村 文則
7月19日 「労基署は見ている。」 原 諭
7月20日 「28歳からのリアル」 人生戦略会議
7月21日 「転職の赤本」 鈴木 康弘
7月22日 「最速上達ピッチング」 平野 裕一
7月23日 「相続税のすべてが3時間でわかる本」 武井 敦司
7月24日 「基地反対運動は嫌いでも、沖縄のことは嫌いにならないでください」 知念 章
7月25日 「3分間チーム」 伊藤 守
7月26日 「世界経済のトレンドが変わった!」 朝倉 慶
7月27日 「ピッチングの正体」 手塚 一志
7月28日 「実践!仕事論」 小山 薫堂、唐池 恒三
7月29日 「かなたの子」 角田 光代
7月30日 「苦手意識がなくなる会話術」 戸田 久実
7月31日 「やってのける」 ハイディ・グラント・ハルバーソン

「もしもし、運命の人ですか」を書いた穂村弘さんは、歌人であるらしい。この本は、実に面白い恋愛についてのエッセイ集。電車の中で読んでいたら、ニタニタして気持ち悪がられるかも。

山口絵理子さんの「裸でも生きる2」は、もちろん続編。最初の方が衝撃も感動も大きいので、まずはそちらをお勧め。

長谷川晶一さんの「マドンナジャパン光のつかみ方」は、第5回ワールドカップで世界大会三連覇の偉業を達成した女子野球チームについて書かれたもの。彼女たちには、もっともっと脚光が当たっていいと思う。

藤巻健夫さんは「国家は破綻する」とおっしゃるのだが、そりゃいつかは破綻する。予言となるには、「何時」というのをある程度正確に告げなければ意味がない。

久保寺健彦さんの「ハロワ!」は、ハローワークでの人間ドラマを描いたもの。確かにいろいろな人生がありそうだ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る