So-net無料ブログ作成
検索選択

訪日外国人「2030年に6000万人」は夢ではないが課題も多い [お役所内案内士]

政府は、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」を開き、
訪日外国人数を「2020年に4000万人、30年に6000万人」
に増やす新目標を決めた。
これまでの目標は、
「20年に2000万人、30年に3000万人」
だったから大幅な積み増しである。

失礼ながら、政府の掲げる目標は達成されないことが少なくない。
そんななか、目標達成どころか、目標値をさらに高く設定し直そうというのだから、稀有なことである。
訪日外国人数は、2015年の段階で1973万人であり、今年に入っても昨年を上回るペースで増えており、確かにこの勢いであれば、目標値の引き上げも当然であろう。
アベノミクスの成否について疑義が呈されることも多いが、本政策は大成功した事例と言えるだろう。

政府としては、この恩恵を都市部だけでなく、地方部にも広げていきたい意向である。
東京‐富士山‐京都大阪を通る、いわゆる「ゴールデンルート」に人気が集まるのはある程度やむを得ないとしても、それ以外の地域にも外国人の足が伸びていかないと、訪日外国人が増えていることの効果は実感できない。
人口減少社会を迎え、厳しい経営環境にある地域の観光地や商店街が、訪日外国人消費により息をつけるようになれば、意義はぐんと広がる。

訪日外国人を増やすための政策としては、中国、インド、フィリピン、ベトナム、ロシアの5か国から訪れる観光客ビザの発給要件緩和や、外国人が訪れる主要な観光地や宿泊施設で全面的にクレジットカードが使えるようにするといったメニューが提示されている。
また、住宅やマンションの空室などに旅行者を有料で泊める「民泊」についても、いろいろな可能性を模索するとのことである。

訪日外国人が増えることは、経済効果はもちろん、国際友好・国際理解の観点からも意味がある。
だから、どんどん増えてほしい思いもあるが、現段階では受け入れ態勢が十分とは言えない。
民泊が進められているのは宿泊先の不足によるものだが、それだけではなく、バスなどの移動手段についても深刻な不足となっている。
バスの駐車場所も不十分で、あちこちで渋滞の原因となっている。
観光地のゴミや、外国人観光客のマナーの悪さも、徐々に深刻になりつつある。

しかし、いろいろな課題があっても、訪日外国人を増やすための取組みはさらに進めて行くべきであろう。
というより、もはや消費の面では、訪日外国人は重要な支え手になっている感さえあり、ここがなくなってしまったら、日本経済としても大きな痛手となる。

火が点いた日本観光熱は、しばらくは冷めることがないだろう。
この好機をしっかり活かしたい。
政府による環境整備ももちろん大切だが、その先は地方の知恵の出し合い、客の奪い合いである。
生き残りがかかっているといっても過言ではない地域も少なくないだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

書評「ジェームズ・ボンドは来ない」 [読書記録]

松岡圭祐さんの「ジェームズ・ボンドは来ない」を読んだ。
松岡さんと言えば、「催眠」「千里眼シリーズ」「万能鑑定士Qシリーズ」などで知られる人気作家。
本作は、実話をもとにしているということだが、ドキュメンタリーではなく、松岡さん流の小説として、きちんと登場人物の造形がなされているし、ストーリーもしっかりとある。
だから、エンタテインメントとして楽しめる。

舞台は瀬戸内海に浮かぶ香川県は直島。
物語は、
『007/赤い刺青の男』
という小説に直島が登場したことから、007映画の誘致活動を行った際の顛末を描いている。
島をなんとかしたいと願う女子高生の奮闘を中心に、世界的な映画を誘致するために何をしたらいいかわからない人たちが、それでも懸命になって何かをしようとするときに巻き起こる騒動が、ときにユーモラスに展開する。

タイトルに示されているように、また現実にそんな映画が作られていないことから誰もが知っているように、誘致活動は成功しない。
純朴な人たちが、県庁や議員などに振り回される苦い面も描かれている。
しかし、後味は決して悪くない。
むしろ、とてもすがすがしい。
いい島だな、行ってみたいな、と感じさせてくれる。

読み終わった瞬間に思ったのは、この本を原作とした映画ができないかな、ということである。
おそらく、同じような感想を持たれた方も少なくないのではないだろうか。
登場人物たちは、直島を舞台とした映画が作られることで、島が多くの人に知られ、元気になることを願っている。
それが007という国際的な映画であるからこそ燃えたわけだが、この本をもとにした映画が作られれば、それこそが一つのハッピーエンドになる気がする。
実に映画的でもあるし。

本作は、町おこしの楽しさ、辛さ、厳しさを描きながら、
島の人々の温かさや滑稽さを伝えつつ、
少女の成長物語としても読むことができる。
日本中で、自分たちの町を少しでもよくしたいと活動されている方々も、共感されるところがあると思う。
面白くて、元気になる、お勧めの一冊である。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

全力でそっとしておいてあげたい ~不明の女子生徒発見報道で思う~ [ヨモヤ]

行方が分からなくなっていた埼玉県朝霞市の女子生徒が、約2年ぶりに保護された。
ご家族が長く捜索を訴える活動をされてきた事件でもあり、無事に帰ってこられたことを心から喜びたい。

誘拐犯人とみられている男がどんな人物なのか、など非常に興味をそそられる事件である。
週刊誌やワイドショーによる報道合戦の過熱が予想される。
しかし、ここは、全力でそっとしておいてあげたい。

犯人への追及や、
再発防止に向けた啓発などはあってしかるべきであろうが、
女の子が好奇の目にさらされることは是非とも避けたい。
マスコミの皆さんは、過度な報道をなされないことを切に願いたい。

受け手である私たちも、
「帰って来られてよかったね」
で済ませたい。
いろいろ知りたいことはあっても、もう忘れよう。
帰ってきただけでよかったではないか。
報道があっても見ないようにしよう。
ネットに情報があっても、クリックしないようにしよう。
それが私たちにできることであると思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

それでも健全な野党は必要 ~期待値は低くても~ [ヨモヤ]

民主党と維新の党が合流した「民進党」が結党大会を開き、衆参計156人の国会議員が参加する野党第一党が発足した。
国会議員156人というと相当な大所帯だが、存在感は非常に薄いと言わざるを得ない。
今回の合流劇も、国民から熱狂的に迎えられているかというと、全くそんなことはない。
共同通信社が実施した全国電話世論調査によると、民主党と維新の党の合流新党「民進党」について、
「期待しない」との回答が67.8%で、
「期待する」の26.1%を大きく上回ったとのことである。
さらに、政党支持率も8.0%にとどまり、2月の調査で民主党と維新の党が得た支持率を合計した10.5%を下回ったという。

「期待する」が30%以下というのは、もちろん厳しい数字ではあるが、意外ではない。
民主党の存在感は薄くなる一方だったし、橋下さんなしの維新ではワクワク感も出て来ない。
むしろ、それでも4分の1以上の人に期待されているのだということに軽い驚きを覚える。
まだまだ期待している人がおられるのだ。

このところ、1強となった自民党に驕りや緩みが見られるとの報道が目立つ。
実際にそうなのかよくわからないが、交代する受け皿が全くない状況がこのまま続いてしまったら、国会運営だけではなく、政治そのものから緊張感が失われてしまう不安がある。
特に小選挙区制のもとでは、1強他弱では戦う前から結果は見えているから、拮抗する野党勢力の登場が必須である。
もちろん、選挙協力というやり方もあるが、主義主張が全く異なる政党が選挙のときだけ協力し合うという構図は、選ぶ方からすると何とも釈然としない。

経済政策、社会保障政策、安全保障政策など、政治の課題が山積している。
民進党には、政府の批判もさることながら、独自の主張をどんどん聞かせていただきたい。
国民は、揚げ足取りにはうんざりしている。
理想論だけではなく、苦い薬もしっかり提示していただきながら、独自の政策を提案してほしい。
前回の政権交代は本当に散々だったが、政権交代があること自体は悪いことではない。
是非、政策で、批判ではなく自らの言葉で、国民をひきつけることができる政党に成長していただきたいと願う。
それは、きっと国益にかなう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評「同級生」 ~BLはもっと遠くに行けるはず~ [映画評]

いろんな映画を観てみたいと思っている。
苦手なジャンルや避けたいジャンルもあるが、出来る限りいろいろ観たいと思っている。
学生の頃のように、手当り次第に年間100本も200本もとはいかないが、機会があれば、選り好みなくチャレンジしてみたい。

というわけで、「同級生」である。
本作をご存じない方も多いと思うが、コミックの映画化で、ざっくり言ってしまうとBLものである。
BLって何?という方もおられると思うが、Boys Love頭文字をとった和製英語である。
Wikipediaを引くと、
ボーイズラブ(和製英語)とは、日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのこと。書き手も読み手も主として女性によって担われている。」
とされている。
恐る恐る入った劇場内も、確かに女性客がほとんどであり、二人連れ三人連れで、楽しそうに鑑賞しておられた。

BLの世界もかなりの歴史を持っているので、成熟してきているものと思う。
だから、男同士が好き合う内容を描いているからといって、簡単に「ああ、BLものね」と一括りにされるのは不本意であるかも知れない。
ただ、そこはやはり内容で判断されることとなる。
偏見に負けないためには、いいものを作り続けるしかない。

私がこの映画を観ようと思ったのは、ネットでの評価が高かったことに加え、オフィシャルサイトでの
「まじめに、
 ゆっくり、
 恋をしよう。」
というキャッチに惹かれたからでもあった。
男同士の恋愛というと、どうしても色眼鏡で見てしまうが、
恐れおののきながら、
それでもまじめにゆっくり進んでいく恋が描かれているのなら、観て見たいと思った。

しかし、残念ながら、期待どおりとは行かなかった。
おそらく、原作では二人がひかれあうところがもっと丁寧に描かれているのだろうが、映画では説得力をもって描けてはいなかった。
恋に理由なんかないが、映画である以上、感情移入をさせてくれる要素がないと、入っていけない。
今作のような描かれ方では、男女の間柄であっても、とてもではないがストンとは来ない。
まじめに、ゆっくり、という感じはなく、
それでいて、熱情も伝わって来なかった。

劇場にいた若い女の子たちは、男同士が触れ合うシーンなどで、小さく悲鳴を上げて楽しんでいた。
その子たちがターゲットなのだとすれば、この映画はそれなりに成功していると言えるのだろう。
しかし、いい作品を観たい、という層に届くだろうか。

BLだからこそ描ける、もっと別の世界があると思う。
もっと普遍的な世界があると思う。
妙な表現だが、映画にするのであれば、BLであることに安住せず、突き詰めてもらいたいものである。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

内村さんのコント番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』への期待と不安 [ヨモヤ]

ウッチャンナンチャンの内村光良さんが座長を務めるコント番組、
LIFE!~人生に捧げるコント~』
の新シリーズが4月から始まる。
本格的なコント番組が再開されることを、まずは喜びたい。

4月から始まる新シリーズは、放送時間がこれまでの48分から25分に短縮されるという。
時間が短くなるのは残念である一方、前向きにとらえたい気もする。
毎週、練り上げたコントを何本も作るのは大変であり、放送時間が長いとどうしてもコント以外の時間でつなぐ傾向が出てくる。
また、コントの質を維持するのも難しくなる。
25分というのは、緊張感を保つのにちょうどいい長さかも知れない。
今シリーズは半年ではなく、1年を通しての放送になるらしいが、それを考えても時間の短縮はプラス面に出ると期待したい。

内村さんは
「この番組が4年目を迎えられたことに幸せを感じています。でも、民放ではなかなか難しいのかな。そういう状況は変わっていない」
「今後、民放でも若手を使った新進気鋭の血たぎるような演出家のもとで、コント番組が生まれたらいいなって思います」
とも語られたらしい。
確かにそうだと思う。

LIFE!を見ていつも感心していたのは、
手間をかけているなあ、
時間をかけているなあ、
お金をかけているなあ、
ということであった。
そして時に感動していたのは、
新しいことにチャレンジしたなあ、
細かいことでギャーギャー言われがちななかよくこのテーマにチャレンジしたなあ、
ということであった。
安い製作費で、同じような番組を、同じようなメンバーで粗製乱造しているようにしか見えない現在の民放で、LIFE!のような番組を帯で作るのは、残念ながら難しいだろう。

その意味でも、LIFE!には頑張ってもらいたい。
テレビでもここまでできるんだ、
お笑いにはこんな新しい地平があるんだ、
ということを見せていただきたい。

無理な注文と知りつつ書くと、できればキャラに頼ったシリーズもののコントは極力さけていただきたい。
前シリーズでは、塚地さんの「イカ大王」や女性陣による「カッツ・アイ」、内村さんの「まっすぐ彦介」などは、失礼ながらビデオで観るときはいつも早送りをさせていただいていた。
1年間となると、どうしてもシリーズものに頼ったり、トークでつなぐ場面が増えたりということがありそうだが、是非踏ん張って欲しい。
信頼し、期待できる、数少ないテレビ番組だからこそ、多くを求めてしまう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パの5球団の奮起に期待 ~開幕からソフトバンクを走らせないで~ [ヨモヤ]

賭博問題で揺れる日本プロ野球
清原の逮捕も含め悪いニュースが続出であり、膿も出し切れていない状況だが、それはそれとして3月25日に開幕戦を迎える。
シーズンが始まってからさらなる問題が発覚しないとも限らないが、開幕を遅らせてどうなるものとも思えず、ファンとしてはいい試合が展開されることを期待したい。

パ・リーグファンとしては、今シーズンは心配である。
というのも、ソフトバンクがあまりにも強過ぎるように見えるからである。
昨年のペナントレースでは、2位に12ゲーム差のぶっちぎり。
ポストシーズンでは、クライマックススシリーズでロッテに三連勝、
日本シリーズでも、4番の内川を欠きながらヤクルトに4勝1敗。
手が付けられない感じだった。

シーズンオフのソフトバンクは比較的静かであり、李大浩、スタンリッジの主力外国人選手が抜け、大きな補強としては和田が復帰したくらいだが、もはやゆるぎない戦力を抱えているように見える。

野手陣は、柳田、内川、松田、中村といった日本代表クラスに加え、層も非常に厚く、誰かが故障してもすぐに穴が埋まる。
打撃陣では、秋山、栗山、浅村、メヒア、中村、森と並ぶ西武も全く負けていないので、なんとか食い下がってもらいたいところである。

投手陣は、武田、バンデンハーク、和田、攝津、中田といった先発陣に、五十嵐、バリオス、サファテらのブルペン陣。
そのほかにも、大隣、寺原、千賀などなど多士済々であり、松坂の不在が全く気にならない。
日本ハムの大谷クラスの絶対的エースは不在だが、シーズンを通して見た場合、他チームとの差は歴然である。

しかも、というべきか、監督がしっかりしている。
戦力が充実していても、慌てん坊の監督がいてくれたら、勝手にバタバタすることもありえるのだが、昨シーズンを見る限り工藤監督は見事な采配振りで、自滅は期待できない。

こうして戦力を冷静に比較すると、ソフトバンクと他チームとの間には、かなりの開きがあると言わざるを得ない。
かくなるうえは、パの5チームには、ソフトバンク戦に力を集中してもらいたいところである。
その反動がソフトバンク戦の次のシリーズに出たりすることもあるだろうが、それはやむを得ない。
2位でいいや、という展開になってしまうと、早々に独走態勢が築かれてしまう心配がある。

クライマックスシリーズがあるから、ソフトバンクが走ったとしても、シーズン終盤まで興味は続くだろうが、やはり激しい優勝争いがプロ野球の醍醐味である。
是非、ソフトバンクが「マジになる」展開を見たいところである。

やっぱりプロ野球は面白いや、と改めて思える試合を見たい。
選手の皆さん、今シーズンも、ワクワクの毎日を期待しています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

アメリカへの憧れと信頼がどんどんなくなっていく ~大統領選挙は見るに堪えないレベルに~ [ヨモヤ]

なんだかんだ言われながら、アメリカは世界最強の国である。
そして、矛盾も多いながら、その民主主義の仕組みもそれなりに機能しているものと思ってきた。
避難中傷合戦に堕していると言われがちな大統領選挙も、2年近く公衆の面前で闘っているうちに、
候補者の人となりがわかり、
政策の方向性が決まっていき、
最終的にはみんなで選んだ代表者との意識が高まっていく、
というあるべきプロセスのように感じていた。
そもそも、首相を直接選べない日本人としては、うらやましい仕組みに映った。

しかし、今回の大統領選挙を見ていると、憧れは完全に消し飛ぶ。
民主主義としてあるべきプロセスというより、憎しみを広げ、連鎖させる場になってしまっているからである。
しかも品がない。

アメリカでも、特に共和党の討論会について「子供に見せられない」との苦情が続出しているらしい。
個々の政策や考え方の根本に関するディベートなら、少々口が悪くても我慢もできるだろうが、
相手の背の低さを皮肉ったり、かつら疑惑をあげつらったり、性的な発言をしたりといったレベルでは、親が嘆くのもわかる。
トランプ大統領になったら、おまえは強制送還だ」などと、白人の子供が有色人種の級友をいじめる事例も多発しているという。

トランプ氏の支援者集会では暴力も目立っている。
意見・見解の相違、というより、憎しみの拡散であるように見える。
おらが国のトップを選ぶ高揚感より、日ごろの鬱屈を晴らし合う場のように見える。
世界最強の国がたどり着いた終着点がこれでは、あまりにも残念である。

これからまともな政策論争が盛り上がっていってくれることを願いたいが、ここまでの流れを見る限り、それも期待薄である。
こうした経緯を経て選ばれる大統領とあっては、誰がなるにしても、日本もよくよく気を付けておく必要がある。
もうアメリカは、憧れのリーダーの座を自ら下りているのだから。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

すでに市場関係者の大半は消費増税の再延期を織り込み済み [経済を眺める楽しみ]

国際金融経済分析会合の第3回会合で、ポール・クルーグマン米プリンストン大名誉教授が、2017年4月に予定する消費税増税の延期を提言した。
第1回会合のジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授に続いての増税反対となる。
第2回会合のデール・ジョルゲンソン米ハーバード大教授は増税賛成の提言をされたが、マスコミ報道ではあまり取り上げられず、空気としては増税延期の地ならしが進んでいるといった格好である。

増税に反対しそうな人を選んで呼んだのではないかとの意見もあるが、スティグリッツとクルーグマンと言えば、2人ともノーベル経済学賞を受賞している米経済学界の重鎮的存在である。
ネームバリュー的にも2人を上回る経済学者がいるとは思えない。

この分析会合の前にも、首相の周辺から、消費増税の再延期に向けたいろいろなコメントが出されていた。
こうした一連の流れを受けて、市場関係者の中では、すでに消費増税の再延期は既定事実化され始めている感さえある。

3月22日放送のテレビ東京系の経済番組「モーニングサテライト」で、番組出演者32人へのアンケート調査結果が伝えられた。
それによると、
17年4月の消費税増税は実施が6%、延期が94%の予想
であった。
つまり、市場関係者32人中30人は、延期すると見ていることになる。
こうなると、予定通り実施されるとなると、逆にサプライズとなりそうだ。

政府は、デフレからの脱却を大きな目標に掲げている。
一方で、財政の持続可能性にも疑義が呈されていて、両者のバランスが難しいところである。
この点に関してクルーグマン教授は、
「長期的には財政状況が心配」
としつつ
「2─3年は収支を気にせず財政出動すべき」
と指摘されたとのことである。

どちらの道を取るにしても、批判の声が上がることは必至である。
ただし、消費増税の負の影響を低く見積もる過ちは二度と犯してはならない。
経済に大打撃を与えてもやるべきなのか、大打撃を与えても大丈夫なタイミングなのか、そこは慎重に見極める必要がある。
市場関係者は、延期の見方で固まったようだが、政策責任者にとっては、将来の日本を左右する重い重い決断となる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

大食いは中村ゆうじさんに育てられた [ヨモヤ]

中村ゆうじさんが、20年以上にわたって実況を担当してきたテレビ東京系の大食い番組のMCを勇退されることが発表された。
4月3日放送の『元祖!大食い王決定戦~爆食女王新時代突入戦~』の番組内で語られるとのことである。
正直なところ、古館さんが「報道ステーション」を降りられても何とも感じなかったのだが、中村さんの勇退は寂しい。

テレビ東京の大食い競技番組は1989年からスタートしたとのことである。
つまり27年間放送が続いていることになり、中村さんのMCは番組スタート後何年かしてから始まったことになる。
しかし、印象は、大食い番組と中村さんはセットであり、ともに歩んできたイメージが強い。

私は大食い番組が大好きで、赤坂さん、小林くん、白田さん、菅原さんといった伝説の大食い戦士たちをスターのようにとらえているが、世間的には、
品がない、
意味がない、
もったいない、
世界には飢えている人もいるのに、
などと批判的な意見も少なくない。

まあ、そう言われてしまえばそのとおりかも知れないが、世の中、意味のないことも必要な気がする。
あれだけ食べられるということに純粋に驚き、食べるという生き物の根源的な部分で競い合うことに形容できない感動を覚えもする。
単純に、私が好きなだけではあるが。

今や、数多くの大食いタレントが活躍し、いろいろな番組出演されているが、それも中村さんのMCがあってのことだと思う。
番組出演者は、元はと言えば、たくさん食べられるという特技を持つだけの素人である。
それを、いろいろいじったりニックネームをつけたりしてキャラを立たせ、個人を売るとともに、番組への興味を喚起してくださった。
大食いへの愛や大食い選手への敬意が感じられるのも、中村さんのMCのよさだった。

中村さんには、感謝の言葉を差し上げたい。
そして、中村さんの思いを受け継ぎ、大食い番組の末永い発展を祈りたい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る