So-net無料ブログ作成
検索選択

アベノミクスの転換点は税収にも [診断士的経済アプローチ]

NHKの世論調査によれば、アベノミクスへの評価について、
「大いに評価する」が6%
「ある程度評価する」が43%
「あまり評価しない」が33%
「まったく評価しない」が11%
であったという。

「あまり評価しない」という方が一定数おられるのは当然のことであるとして、「まったく評価しない」という方が1割強もおられることには、軽い驚きを感じる。
安倍政権誕生後、
株価が大きく上昇し、
企業収益が大幅に改善し、
雇用環境が好転した
といったことは、動かせない事実である。
日本経済がいろいろな問題を抱えていることは確かだが、こうした結果を残してきた政権を、「まったく評価しない」というのはどうなのだろう。
日本中の地域が豊かになり、
日本中の人が金持ちになり、
格差はまったくなくなる、
という状況を期待されているのだろうか。
そんなことが、数年間で起こるはずはないのだが。

アベノミクスの成果は、税収にも表れていて、国の税収はここ数年で大きく伸びている。
もちろん、消費増税の効果もあるが、2012年に44兆円だったものが、2015年には56兆円にまで増加している。
税収だけで見ると、バブル期に匹敵する水準に達しているのである。

しかし、その税収がここに来て変調を来している。
2015年度の税収は、前年度より2.3兆円多くなったが、今年1月時点の見積もりを1,000億円超下回ってしまった。
税収が途中段階の見積もりを下回ったのは、リーマン・ショックがあった08年度以来7年ぶりだという。
09年度以降は見積もりから年1兆~2兆円程度の上ぶれが続いてきたのだが、これが反転してしまった。

イギリスのEUからの離脱も手伝って、株価は大幅に調整し、円高も進んでいる。
日銀のマイナス金利政策も、ここまでのところは大きな成果を上げるには至っていない。
ここまではそれなりの結果を出してきたアベノミクスであるが、今が正念場となっている。

選挙戦では、アベノミクスについて、
「この道以外なく、十分に機能してきた」
「なんの意味もなく、弊害ばかりだった」
などとかみ合わない言い合いを続けるばかりではなく、これからどうするかというところに焦点を当てた議論をお願いしたい。
与党は、反省すべきところは丁寧に反省してほしい。
野党は、全否定といった不誠実な態度ではなく、評価すべきところは評価しつつ、自分たちならこうするという説得力のある具体策を示してほしい。

どちらに任せても大丈夫との確信を獲られるような議論を聞きたい。
そして、納得できる一票を投じたい。
そのためには、こちらもキチンと関心を向けなければならないのは言うまでもない。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

所沢市がイングランドを破ったようなもの ~ユーロ2016で歴史的番狂わせ~ [ヨモヤ]

民主主義の母国イングランドは、フットボールの母国でもある。
そのイングランドにとって、先週のEUからの離脱に続き、連続の大番狂わせ。
2016年の6月は、イングランドの人たちに忘れられない月になったことだろう。

歴史に残る大番狂わせは、サッカー欧州選手権2016の決勝トーナメント1回戦で起きた。
アイスランドがイングランドを破ったのである。
サッカー大国として知られるイングランドに対し、アイスランドはユーロへの出場さえ今回が初めてであった。

イングランドの人口約5300万人に対し、
アイスランドの人口は約33万人。
33万人と言えば、日本の自治体で言えば所沢市よりも少ない。
その小国に、ユーロの大舞台で負けたのだから、イングランドのショックは測りしれない。

ここで思うのは、独立して存在することのすごさである。
所沢市選抜チームでは、おそらく永久にサッカーでイングランドに勝つことはできないだろうが、同じような人口でも国家として立った場合には対等に戦うことができる。
アイスランドは、日本の一自治体と同じような人口規模でありながら、独立国家として、
政府を持ち、
警察を持ち、
通貨を管理している。
人口にかかわらず、やればできるのである。

アイスランドの歴史的勝利は、自分で立つことの偉大さを改めて思い知らせてくれた。
そう、やればできるのである。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

書評 「新・観光立国論」 [読書記録]

デービッド・アトキンソンさん著の「新・観光立国論」を読んだ。
アトキンソンさんは、オックスフォード大学で日本学を学んだ後、アンダーセン、ソロモン・ブラザーズ、ゴールドマン・サックスと移られ、現在は小西美術工藝社で社長を務められている。
この本では、
日本の研究家であり、
アナリストとして経済を分析してこられた経歴を持ち、
経営者としても手腕を発揮されているアトキンソンさんが、
日本の観光産業のあるべき姿について述べられている。

一般に、観光への提言というと、当たり障りのない内容になりがちである。
観光産業がいかにGDPに寄与するか、
日本がいかに素晴らしいか、
アジアの勃興に合わせていかに大きなチャンスが広がっているか、
などを述べたのち、
東京オリンピック・パラリンピックをゴールではなく通過点にするような活動が必要、
みたいな感じで締めくくられる。
しかし、本書は、そんなに甘いものではない。

日本人は、日本の魅力として、
おもてなしの心、
時間に正確な交通システム、
世界有数の治安のよさ、
などを挙げたがるが、そうしたものは観光地としてほとんど意味がないと鋭く指摘されている。
反論したくなるが、自分に引き付けると、海外旅行をする際に、どこの国のおもてなしの心が優れているかどうかで選ぶことはあまり考えにくいことに思い至る。
実際、観光客数の世界ランクは、上から、フランスアメリカ、スペイン、中国、イタリアであり、失礼ながら、日本が自慢しているものを持っているとは考えにくい。
それでも観光客はわざわざそうした国に行く。

この本が書かれたのは2015年であり、その前年である2014年の訪日観光客数は1300万人くらいであった。
アトキンソンさんは、これでは全く少なすぎると主張されている。
2015年には、2000万人近くになったが、これでもまだまだ不十分であり、8000万人になっても驚かないとされている。
また、観光客にいかに金を使ってもらうかという、経済効果にフォーカスした提言もされている。

ここ数年、訪日観光客は目覚ましく増加している。
しかし、その多くはアジア圏からの方々で、これらの国々の経済発展によって自然に増えていく部分も少なくない。
世界の富裕層から観光地として選ばれているかというと、それはまだまだであろう。
アトキンソンさんの言説は、かなり耳が痛いが、納得できる内容である。
行政のみならず、観光関係者は大いに取り入れていくべきだと思う。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「百円の恋」 [映画評]

予算映画ながら、主演の安藤サクラさんが日本アカデミー賞で主演女優賞を獲られたことで大きな話題となった映画「百円の恋」を観た。
観てよかった。

この映画を観て誰もが驚くと思われるのが、安藤サクラさんの女優魂。
映画の序盤と終盤では、体つきばかりではなく表情も動作もすべて変わるのだが、撮影期間はわずか2週間だったという。
これが3か月でも大変だったと思うが、2週間とは信じられない。
安藤さんは、
「私も実際自分の体を見ていて、10日間で人間って、こんなに変われるものなんだなあと。人間の体ってすごい!自分とは関係なく、人間の体そのものを見直しましたね」
と他人事のようなコメントをされているが、その屹立した魂が映画の内容とシンクロして、ぐいぐい心に刺さってくる。

映画では、心も体もゆるみきっていた安藤さん演じる主人公が、いろいろな出会いと別れを経験するなかで、ボクシングにかけていく。
ボクシングにかけると言っても、
世界を狙うわけでもないし、
何かを証明するためでもない。
ただ、やみくもに走り始める。
人を殴ったところで何が解決するわけではないし、
人に殴られたら痛いだけだ。
それでも、走らずにはいられない。

いくつか、非常に印象に残るシーンがある。
安藤さんが巨大な肉にかぶりついて、どうしても噛みきれない場面は、面白哀しいとてもいいシーン。
安藤さんとお父さんと食事をする場面も素敵。
映画の序盤に酷い姿をさらしていた安藤さんのすっきりした表情に、ドキッとさせられる。
そして、安藤さんのシャドウボクシングは、実に美しい。

ボクシングの試合のシーンは、ある意味リアル。
アメリカのボクシング映画のような迫力はない。
ただ、だからダメというわけではない。
安藤さんのボクシングは堂に入っているが、試合はあくまで女子の4回戦。
実際のプロの試合であっても、ハイレベルな攻防は繰り広げられない。
だから目にも止まらぬ攻防が繰り広げられる方が不思議であり、ドロドロの試合になっていたのが、逆に説得力を高めていた。

恋人役で、ボクサーを引退したどうしようもない男を新井浩文さんが演じる。
新井さんからは、そこはかとない狂気とどうしようもないだらしなさが感じられ、今回の役ははまり役であった。
安藤さんの妹役を演じられた早織さんという女優さんもよかった。

とんでもない人間が次々と出てくる映画なので、家族で観るのは厳しいかもしれない。
そもそもR15+指定であるし。
デートで観ても気まずくなりそうだ。
ただし、この映画を観てわかりあえる人とは、長く続きそうだ。

この映画は、海外でもリメイクされそうな気がする。
長く残るいい映画である。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

イギリスのEU離脱をリーマンショックと比較するのは失礼な話 [ヨモヤ]

イギリス国民投票の結果は、大方の予想に反してEUからの離脱が多数となった。
投票の一週間前、残留を訴えていた労働党所属の女性下院議員、ジョー・コックスさんが殺害された。
これが残留派には有利に働くのではないかと見られていたのだが、結果は反対となった。
歴史にIFはないが、
「もし事件がなかったらどうだったのだろう」
と考えざるを得ない。

今回の投票結果に懸念を持つ人は、キャメロン首相を批判している。
負けた責任もさることながら、そもそも今回の投票をする必要はなかったという主張である。
前回の総選挙のマニフェストに今回の国民投票を約束したのが間違いであって、寝た子を起こすようなことはするべきではなかったというのである。

しかしイギリスの方が言うのならともかく、完全に外野である日本人がそれを言うのはちょっと失礼ではないだろうか。
なぜなら、
他国の政党のマニフェストにケチをつけているからであり、
そのマニフェストをもとにして行われた選挙の結果にケチをつけているからであり、
イギリスの人が考えに考えて出した結論にもケチをつけているからである。
国民の意見を聞いたこと、
国民が自分たちの未来を選択したこと、
それらを否定してしまっては、民主主義も何もあったものではない。

私も、残留という結果が出るだろうし、日本への影響を考えても、残留という結果が出た方がいいとは思っていた。
しかし、今回の結果を選ばれたのはイギリスの方々である。
粛々と受け止めるしかない。

残念ながら、日本市場は非常に脆弱であり、外的ショックがあると世界で一番影響を受ける。
今回の結果を受けて、案の定株価は暴落し、日経平均は1,000円以上下がってしまった。
ただ、これはショック安で、徐々に戻していくのではないかと予想する。
イギリスに関係の深い企業はどうなるかわからないが。

市場の状況を、リーマンショック時と比較する方もおられるのだが、これもなんだか失礼は話に聞こえる。
強欲な連中が膨らませられるだけ膨らませた金融バブルがはじけた結果のリーマンショックと、
イギリスの国民一人一人が自国の将来に向き合って結論を出したEU離脱とを、
同じように扱うべきではない。
市場への影響の話をしているのであって中身の話をしているのではない、との反論がありそうだが、両者は危機の構造がまったく違うから、どちらにしても同列に扱うべきとは思えない。

どんなに反グローバルを唱えても、流れは止められないと思われていた。
しかし、イギリスの国民は、それを止める選択をされた。
民主主義では、自分たちの意思で未来を変えることができる。
そして、その結果に責任を持つのも自分たちである。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

決めるのは金だけじゃない ~民主主義の母国の判断~ [ヨモヤ]

2016年6月24日は、世界史に刻まれる日になった。
イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票が行われ、離脱支持派の得票率が約52%に達し、残留支持派(約48%)を上回って勝利を収めたのである。

世論調査では、直前まで大接戦だったが、残留支持がわずかに上回るという予想が多かった。
ほとんどの市場アナリストも、結局は、離脱なんかしっこないと予想していた。
だって、離脱したら損だから。

キャメロン首相は、離脱したらこんなに経済的な損失が出ると、具体的な数字を示して伝えていた。
デメリットばかりクローズアップするやり方は「プロジェクト・フィアー(恐怖作戦)」などと批判の対象にもなっていたそうだが、人が経済合理性のみに従って生きていくのなら、残留という選択をする人の方が多かっただろう。

しかし、
「損だ、損だ」
と言われると、
「いや、金の問題じゃない」
と言いたくなってしまうものだろう。
特にイギリスには、
「われわれは欧州人ではなく英国人」
との誇りを持っている人が多いという。
そんな人たちに対して、離脱したら金を損するよ、と言えば言うほど逆効果だったのかもしれない。

イギリスのEU離脱は、世界経済を揺るがしている。
海外要因に左右されやすい日本はたちまち大波をかぶり、円が高騰し、株は暴落した。
だが、イギリスの方々を恨んでみても仕方がない。
彼らは民主主義の手続きに則って、自らの意思を表明されたのだから。
他国は、イギリスの方々の意思を尊重し、協力できるところは協力していくしかない。

イギリスは、民主主義の母国と言われる。
今回の住民投票では、民主主義の醍醐味を味わわせてくれた。
民主主義の怖さを見せつけてくれた。
一人一人の思いが、世界を変える瞬間を見た。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

喜々として赤字を発表するドワンゴという不思議な会社 [経済を眺める楽しみ]

ドワンゴが、今年4月に開催した「ニコニコ超会議2016」の損益を発表した。
結果は、3億9084万3616円の損失の超赤字。

会議と言っても、もちろん何かを議論する場ではない。
コンセプト
「ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する」
であり、ごった煮の面白イベントである。
コスプレイヤーたちが大挙集合する場としても知られている。

「ニコニコ超会議」は2012年にスタートし、初年度の赤字は約4億円。
その後、スポンサーを増やすなどして赤字額を削減し、4年目の「ニコニコ超会議2015」では4626万円の赤字と、収支が均衡するまであと一歩と迫っていた。
つまり、今回の赤字額は、歴代ワースト2位となる。

しかし、これを発表するドワンゴはなぜか楽しそう。
赤字を発表する映像の中で、
「とにかく絶対に黒字にならないように」
「ガン!! とやった結果」
「赤字が我々のアイデンティティー
などのコメントを流し、まったく気にしているようではない。

上場企業らしからぬ、と言っていい立ち居振る舞いであるが、ドワンゴにとって超会議は利益を出す場ではないということなのだろう。
ユーザーに日頃の愛顧への感謝を還元するとともに、ドワンゴに働く人にとっても、働く糧となっているのではないだろうか。

そこからすると、赤字額云々より、「ネット来場者数」が大幅に減ってしまったことは痛かったかもしれない。
今年のネット来場者は約554万9000人で、それでもとんでもない数字ではあるが、昨年の約794万人から200万人以上下回ってしまったのである。
日程などいろいろな要素があるから一概には言えないだろうが、この減はショックだったのではないだろうか。
来場者数は15万3000人で、前年を上回ったというから、コアなファンは増えているのかもしれないが、ライトユーザーへの訴求が今一歩だったということかもしれない。

ドワンゴには、「やんちゃ」な企業であり続けてほしい。
その意味では、赤字を寿ぎ、自らを茶化している姿は頼もしい。
KADOKAWAとの合併後、その効果が今一つ見えにくい状態が続いているが、いつまでもガチャガチャやり続けてもらいたい。
「らしさ」を維持していくことが、生き残りのカギだと思うから。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

マイクロソフト社は信頼をなくしたことに気づいておられるのだろうか [ヨモヤ]

マイクロソフトが提供する「ウィンドウズ10」への更新について、日本中から怨嗟の声が上がっている。
おそらく、日本だけのことではなく、世界中で同様の事態が発生していることだろう。

「勝手に更新された」などといった不満の声の広がりを受け、消費者庁が更新に関する注意点をまとめ、ホームページで公表している。
消費者庁が、個別企業の商品・サービスに関して注意点を示すのは、欠陥に伴うリコールや悪質商法を除けば異例のことというが、それはそうだろう。
よほどのことがない限り、こんなことはしない。

マイクロソフトは、セキュリティー向上などを理由に「10」への更新を推奨していて、7月29日までは無料で更新できることとなっている。
しかし、当たり前の話だが、更新するかしないかは、ユーザーがそれぞれの判断で決めることである。
それを、勝手に更新日時を指定し、ユーザーがキャンセルしない限り、自動的に更新する方法にしてしまったというのだから、怒りや困惑が広がって当然である。
消費者庁によれば、更新すると、それまで使っていたウイルス対策などのソフトが使えなくなる恐れがあると指摘している。
セキュリティー向上のために更新させているはずが、これでは逆効果である。

報道によれば、マイクロソフトの広報担当者は
「消費者庁と連携して情報提供させてもらった。サイバー攻撃が高度化し、より安全性を高めるためにも無料期間中に更新してほしい」
とコメントしたという。
自社の行為により多くの人が不満を感じ、国の機関が注意を喚起する事態になってしまっているのに、謝罪もないようだ。
「無料で更新してやっている」
という気持ちがあるのだとしたら、実に残念である。

ユーザーに不満と怒りが広がっても、結局ウィンドウズは使われ続けるだろう。
マイクロソフトもそこを見越して、いろいろ言われてもどこ吹く風なのだと思う。
しかし、信頼という大切なものを失った。
この損失は測りしれない。
「人は忘れっぽいから、そんなものは気にすることはない」という社風なのかもしれないが。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「クリーピー 偽りの隣人」 [映画評]

黒沢清監督の「クリーピー 偽りの隣人」を観た。
黒沢清監督といえば、これまでに数々の映画賞を受賞されており、国際的な評価が高い日本人監督の一人である。
一方、その作風は難解と評されることも多い。
2013年に公開された「リアル~完全なる首長竜の日~」は、難解というより崩壊していた記憶がある。

本作は、サイコパスについての映画である。
サイコパスとは、
「精神病質(その人格のために本人や社会が悩む、正常とされる人格から逸脱したもの)である人」
とされており、例えば以下のような特質があるという。
・良心が異常に欠如している
・慢性的に平然と嘘をつく
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的
彼らは、社会的に悪とされていることを、まったく悪と感じないために、躊躇なく罪を犯すことができると言われている。

サイコパスについての映画で思い出すのは、森田芳光監督、大竹しのぶさん主演の「黒い家」である。
保険金殺人を巡るストーリーだったが、相当怖かった記憶がある。
それに対して本作は、雰囲気はあったのだが、あまりにも突っ込みどころが多いため、怖いというより興覚めが著しい。
全編を通して、なんだか嫌な感じが漂っており、そこはこの映画の魅力なのだと思うが、つじつまが合わないところや、脈絡のない展開が次々と出てきてしまい、驚くというより混乱させられる。

偽りの隣人役を演じられる香川照之さんは、いつに変わらぬ怪演ぶり。
さすがの演技なのだが、設定に意外性がないため、恐怖にはつながらない。
はじめからあやしさ全開なのだから。
西島秀俊さん演じる主人公の迷走ぶりも半端ない。
純粋な正義のヒーローではないところが面白味であることは確かだが、この人が何をしたかったのかはさっぱりわからなかった。
竹内結子さん演じる主人公の妻の行動も、すさまじい意味不明さだった。
川口春奈さんの役どころに至っては、投げっぱなしジャーマン状態で後始末はなし。
役者さんがどうこうではなく、さっぱり意味がわからない。
意味なんかないのだろうが。

しかし、この映画に関して、細かいところを指摘しても仕方がないのだろう。
理不尽な人たちの理不尽な行動を、監督さんが撮りたいように撮った映画、という受け止め方をしないと、こちらが変な気分になる。
それを楽しめる人は観ればいいし、きっちり積み上げられた緻密な映画を観たい方は避けた方が無難である。
何をしでかすかわからない人間を描いた作品だが、この映画のありよう自体が、何をしでかすかわからなくなってしまっているのは、狙いなのだろうか、単なる迷走なのだろうか。

nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

目出度さも中くらいなり交流戦 ~ソフトバンクさらに加速 オリックスさらに失速~ [ヨモヤ]

プロ野球のセ・パ交流戦が全日程を終了した。
パ・リーグファンの私としては、毎年力が入る時期であるが、幸いにも今年もパが勝ち越した。
対戦成績はパの60勝47敗1分け。
最高勝率はソフトバンクで、以下、ロッテ、広島楽天、日本ハム、西武の順。
上位6球団中、5球団までをパ・リーグが占めた。

パが勝ち越して、ほっとしたというのが正直なところである。
12年間の交流戦で、パの勝ち越しは11回目となっており、今さらどちらのリーグのレベルが云々言う段階ではないと思うが、今年はちょっと心配だった。
ソフトバンクの強さは盤石に見えたが、その他のチームはかなりだらしなく、セのチームと戦ってもやられてしまうのではないかと感じていたからだ。
交流戦を見ると、パのチームが弱いというより、ソフトバンクが強過ぎるというのが実際のところのようだ。

交流戦に入る前、セのチームになんとかソフトバンクを止めてもらいたいという願いを込めたブログを書いた。
http://matoko.blog.so-net.ne.jp/2016-05-31
しかし、ソフトバンクの成績は13勝4敗。
止まるどころか、ぐんと加速してしまった。
救いは、2位のロッテも12勝6敗と食らいついたこと。
そうでなかったら、早々にマジック点灯もあり得た。
パが勝ち越しつつ、ソフトバンクは苦戦するという展開が理想だったのだが、なかなかそううまくはいかない。

さらに残念だったのが、オリックスのやられっぷり。
パの他の5球団がいずれも勝率5割以上の成績を残しているなか、5勝13敗と交流戦の最下位に沈んでしまった。
パ・リーグファンとしては、悔しく、情けない。
シーズンの前半で早くも9回の完封負け。
投手陣も終盤踏ん張れない。
負けてもきらりと光る若手がいるというのならともかく、明日も見えない感じで負け続けている。
来年以降のことを考えても、このままでは応援している人が浮かばれない。
フロント及び監督の責任を厳しく問うべきだと思う。

ヤクルト山田の全球団からのホームラン
広島の鈴木誠也の大ブレイク
日ハム大谷の二刀流全開、
楽天オコエの初ホームラン、
などなど、交流戦は話題満載だった。
この後もペナントレースは続く。
ぜひ、各球団にはドキドキできる試合を届けてほしい。
特にパの各チームには、ソフトバンクを少しでいいから慌てさせてほしい。
このまま盤石で逃げ切られては、何もできなかったシーズンになってしまう。
それは寂しすぎる。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る