So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ
前の10件 | -

トランプ氏の魔法が解けた? ~ 日米とも株式相場は大幅下落 ~ [経済を眺める楽しみ]

アメリカの大統領選挙前、トランプ氏の勝利は市場では悪夢であると言われていた。
実際、トランプ氏の勝利が伝えられると一時株価は急落したが、その後、相場は反転した。
もともと世界経済が回復基調にあったところに、トランプ氏の政策が減税をはじめとした企業にやさしいものであることへの期待が高まり、株式相場はほぼ一本調子の上昇となったのである。

昨年10月末から
アメリカのダウは18,100ドル近辺から21,000ドルへ、
日経平均は16,900円近辺から19,600円へ、
まさに駆け上がった。

しかし、この上昇もここらで一服だろうか。
21日のニューヨーク株式市場では、ダウ平均が前日比237.85ドル安の20,668ドルと続落となった。
これを受けた22日の東京株式市場も、ほぼ全面安。
日経平均株価は3日続落し、終値は前日比414円安の19,041円。
この下げ幅は、米大統領選でのトランプ氏の勝利後では最大となった。

アメリカの下げの原因は、
オバマケアを巡って共和党内の調整が難航していることから、その他の主要政策である大型減税やインフラ投資などの経済政策が停滞するとの懸念が広がったためであるという。
日本株は、
アメリカに引っ張られるとともに、円高に振れたことが下げを加速している。

この下げについて、
「このくらいの下げは想定の範囲内。スピード調整としては普通のこと」
と見る向きもあれば、
「トランプ政権への過度な期待が剥がれ落ちてきた結果であり、今後も調整は続く」
と考える人もいる。
どちらにせよ、ダウが20,000ドルを突破して浮かれていたら、すぐに21,000ドルを突破してしまったような、ひたすら上げ続けるという相場は転換を迎えたのだろう。
トランプ氏の魔法が解けた状況だろうか。

今後、複数回の利上げが見込まれているほど、アメリカの景気は強い。
だから、トランプ大統領への期待が薄まっても、それだけで急落とはならないだろう。
日本は、若干心配である。
アメリカほど景気が強くないところに持ってきて、為替相場に左右される面が大きいから、円高が進むようなことがあれば、さらなる調整もあり得る。

トランプ氏の魔法が解けたとすれば、これからは株式相場に真の経済の実力が反映される。
それほど悲観する状況ではないと思うが、楽観できる状況でもない。
日本株にとっては、20,000円は近くて遠い壁である。

野球日本代表へ お疲れ様と、明日への反省と [ヨモヤ]

野球の国別対抗戦WBC
いろいろ言われているが、やはり面白い。
日本は前回に続いて準決勝で敗退。
プレミアでもそうだったが、準決勝に弱い。

しかし、ここまで無傷の6連勝で来たことは賞賛されていい。
アメリカとの一戦も、本当に紙一重だった。
小久保監督も、満願ではなかったが、役目は果たされたと思う。

守備の乱れで敗れたことは残念だったが、野球にミスはつきものである。
それより打てなかったことが敗因だろう。
もちろん、優勝してほしいと強く願っていたが、準決勝まで来れば、面目は保たれている。
心からお疲れ様でしたとお伝えしたい。

また、WBCを通じて、大谷の不在を少しも感じなかったのはよかった。
負けたとは準決勝も、「大谷がいたら」という試合ではなかった。

ただ、負けは負けであり、
負けたことを明日につなげたい。
悔しさを噛みしめたい。

8回の裏、二死一、二塁。
筒香は、あそこで打たなければならなかった。
1次ラウンド、2次ラウンドを筒香のバットで勝ち抜いてきたのは確かだが、真の4番ならあそこで打たなければならなかった。
厳しく言えば、準決勝は4番が打たなかったから負けた。
そう言われるのが4番である。

1点負けていて最終回。
中田、坂本、松田の三人で、一人も塁に出られなかったのは寂しかった。
ピッチャーに一番プレッシャーのかかる一点差の最終回。
何もできなかったのは残念だった。

菅野は素晴らしいピッチングだったが、エラーのランナーを還されたのはいただけない。
あそこを抑えるのがエースである。

千賀も見事だったが、一球の投げミスが致命傷になった。
忘れないでほしい。

小久保監督はよく指揮したと思うが、8回、ノーアウト一塁から山田にバントさせたのはどうだっただろう。
あそこは打たせてほしかった。
また、青木と心中したような形になったのはどうなのだろう。
まだ先のある筒香や中田と心中したのならともかく、1次ラウンドからまったくバットが振れていなかった青木を3番に起用し続けたのは疑問だった。
1番秋山、3番山田の打順が妥当だっただろう。
バットが振れてきた「神ってる」鈴木の起用はなかっただろうか。

大会の小久保監督の采配に文句はないし、むしろ褒められるべきだと思うが、監督の選び方は再考すべきだろう。
プロ野球の監督経験を必須しなければならないとは思わないが、下の世代の代表チームの指導に携わらせるなど、なんらかの手立ては必要だろう。

これで打ち止め、と言われていたWBCだが、どうやら次回以降も続くようだ。
球数制限や失点率による順位の決定、タイブレークの採用など、ヘンテコなルールの数々はぜひ見直してもらいたい。
オリンピックとの関係も、うまく整理してほしい。

優勝、優勝、ベスト4、ベスト4。
日本野球は、WBCで底力を見せつけ続けている。

トランプ大統領の支持率が40%であること  ~「しかない」のか「もある」のか~ [ヨモヤ]

トランプ大統領の支持率が、過去最低水準であるという。
米調査会社のギャラップによれば、大統領就任時の支持率は45%であり、調査開始以来就任直後の50%割れは初めてだったらしい。
直近の調査ではさらに悪化し、40%前後にまで落ち込んでいる。
通常、就任後3カ月くらいは「ハネムーン期間」と呼ばれ、何をしても許されるような空気があるのだが、トランプ大統領に限ってはそれも当てはまらないようだ。

支持率低迷の原因としては、
・イスラム諸国などからの入国禁止令など看板政策が形になっていないこと
メディアとの対立が続いていること
・閣僚承認が遅れていること
などが挙げられている。

過去の大統領と比べると、この時期の支持率40%は、
「40%しかない」
と言うべきなのだろう。

しかし、海を隔てた日本から各種の報道を見ていると、むしろ40%の支持率を維持していることに驚きを感じる。
自由貿易を否定し、自国の利益を優先すると宣言されたり、
人種差別をあおるような政策を取られたり、
自身の気に入らないメディアを締め出そうとされたり、
といった振る舞いは、およそ世界のリーダーとしてはふさわしくない。
証拠を示さず、前大統領が自身を盗聴していたとツイッターで告発されるに至っては、大丈夫なのかと心配になる。

こうした姿からすれば、支持率40%は、
「40%もある」
と言えなくもない。

選挙戦のときにはいろいろ言っていても、実際に大統領に就任したら変わるに決まっている、という「希望的」観測はとっくに過去のものである。
いまだにツイッターで感情を爆発させておられる姿は、超大国の尊敬される指導者の姿からはほど遠い。
日本も、トランプ大統領とどう接するか、よく研究が必要である。
だが、トランプ大統領の在任期間は、日本にとってある意味好機でもある。
世界に、信頼できる国であることをPRする、またとないチャンスと言える。
アメリカとの同盟関係を崩してはならないと思うが、アメリカとの対比で存在感を高めていくしたたかさが必要ではないだろうか。

映画評 「話す犬を、離す」 [映画評]

私は犬が好きだ。
無条件に好きだ。
犬を見ているだけで、幸せな気分になる。
「話す犬を、離す」は、別に犬が主役の映画ではない。
しかし、要所要所に出てくる犬が実に可愛い
可愛い、と言ってもテリアやマルチーズ的な可愛さではない。
なんというか、犬らしい可愛さである。
これほど犬を可愛いと思わせる映画はあまりなかった気がする。
それが目的の映画ではないだろうけれど。

本作は、レビー小体型認知症を発症した母と、それを支える一人娘の物語である。
認知症といっても、それほど深刻なものではなく、幻視幻聴があるものの、日常生活に大きな支障はない。
それでも、家族としては心配になる。
主人公である娘は女優をしていて、映画出演のチャンスが舞い込むのだが、母の介護に気を遣わざるを得ず、なかなか集中できない。

主人公は、女優として芽が出ていない自分を歯がゆく思っていて、
友人の俳優や俳優の紹介で引き合わされた映画監督も主人公を引っ張り上げようとする。
しかし、認知症の母を一人で支える重みに、徐々に耐え切れなくなっていく。

映画は、それほど暗いトーンで描かれてはおらず、どこかユーモアも漂っている。
だから、大きな破綻はないのではと思って観ていたが、主人公の下す結論は苦いものだった。
通常の映画は甘いハッピーエンドで、そうした苦い決断は周りの支えでひっくり返ったりするのだが、そうはならなかった。
映画としては、それでよかった。

ちょっと残念だったのは、たまたまつけたラジオから流れてきた声に救われるシーン。
「何もつなげられなかった」と後悔する主人公を救済するために、なんらかの手立てをするのは必要であったと思うが、あまりにも偶然に左右される形だったのはちょっと興覚めだった。
ここをこうすれば、とか、ここをもっと真面目に突き詰めてくれれば、とか、いろいろ言いたくなる映画が多いなか、本作はきちんと作られていただけに、ご都合主義になってしまったラジオが残念。

主人公を演じておられたのは、つみきみほさん。
自然な演技で、すっかり役にはまっておられた。
まるで、ドキュメンタリーを見ているような気分にさえなった。

お母さん役の田島令子さんが、またいい味。
素人っぽいとまで思える演技なのだが、それが認知症という自分の状態に戸惑っている姿とうまく重なっていた。

監督は、熊谷まどかさんという女性の方。
ご自身を投影されたのかどうかわからないが、映画の中に出てくる女性映画監督がドタバタされていておかしい。
映画への情熱も、この人物を通して語られていた。

「話す犬を、離す」は、少ない予算で作られた映画であると思うが、それがかえってリアリティを醸しだす効果につながっていた。
認知症がテーマであるが、深刻になり過ぎず、かと言って受け流してもいない。
どんな人が観ても、身につまされるのではないだろうか。

そして、犬が可愛い。
口を開けてハアハアしている姿も、
草原をちょっと飛びながら走って来る姿も、実に可愛かった。

WBC準決勝 アメリカは強いが臆することはない [ヨモヤ]

戦前、WBCの優勝候補筆頭に挙げられていたのはドミニカだった。
前回大会の優勝国であり、レイエス、マチャド、カノ、クルーズベルトレと並ぶ打線は迫力十分で、死角はなさそうに見えた。
しかし、そのドミニカがベスト4にすら残れなかった。
死の組と言われたF組で生き残ったのは、プエルトリコとアメリカだった。

日本の準決勝の相手は、アメリカとなる。
ドミニカとの劇的な一戦を制した勢いそのままに向かってくるだけに、大変な相手であることは間違いない。
キンズラー、ジョーンズ、イエリッチ、アレナドと続く打線は強力である。
スタントンが8番を打っているのだから、抑えるのは骨である。

だが、臆することはない。
名前を見ればそれはすごいし、日本の選手がメジャーに行って、彼らと同等の成績を残せるとも思いにくいが、それと次の試合の結果とは別物である。
ワンマッチなら、日本も負けてはいない。

おそらく、誰が投げても完全に抑え込むことは難しいだろう。
失点は覚悟しなければならない。
しかし、恐れなければ、とめどもなく失点を重ねるということにはならないはずだ。
避けなければならないのは、警戒するあまりランナーを貯めることである。

点を取られても慌てることはない。
こちらも打ち返すことができるはずだ。
取られた以上に取り返す野球をすればよく、オランダ戦のような展開になるのではないだろうか。

アメリカでの盛り上がりはイマイチ、と言われて来たWBCだが、ドミニカ戦を見るとかなりの熱狂ぶりであった。
おそらく準決勝も、「USA、USA」と大騒ぎになるだろう。
日本にとっては完全アウェーだが、望むところである。
がっぷり組んで、しっかり倒そう。

世界一まで、あと2試合。
野球がベースボールを倒す瞬間を、再び見たい。


人口減少社会は人手不足社会  ~ 就職内定率は過去最高 好循環にもう一押し ~ [経済を眺める楽しみ]

人が減るということは、消費者が減るということではあるが、
同時に働き手が減るということでもある。
働き手が減ると、企業としては人手不足に悩まされることになる。
そうなると、必然的に就職率は上がる。
人材の獲得競争が加速すれば、賃金も上がるはずである。

文部科学省と厚生労働省の調査によれば、今年3月に卒業する大学生の2月1日時点の就職内定率は前年同期比2.8ポイント増の90.6%となり、この時期としては比較可能な2000年以降で最も高くなったとのことである。
地域別でも全6地域で前年同期を上回ったという。
今春卒業する高校生の就職内定率も、7年連続で改善したらしい。

つまり、人手不足とそれに伴う、就職率の上昇、人材獲得競争の過熱化、までは起きている。
その結果として、アルバイト代を含め、賃上げも見られるようになってきた。
しかし、これがデフレからの完全脱却につながるまではもう一押し足りない。

ユニクロや吉野家などが、値上げを試みては失敗に終わっている。
企業としては、人件費の上昇分を価格に転嫁させたいところだが、なかなか財布のひもがゆるまない。
消費が増えないから、企業としても社員に還元することができない。

就職内定率が上がったといっても、おそらくミスマッチは解消されておらず、人材不足の業界は相変わらず人材不足であろう。
中小企業や地方の人手不足も深刻だと思う。
学生としてみても、希望通りの会社に入れたという人は少数派かもしれない。
それでも、卒業したけれど働くところがまったくない、という状況ではないのは、経済にも社会にも追い風である。

よくなった感はないものの、日本経済はなんとなく居心地がいい水準に落ち着いている。
ここで手を緩めないことが大切なのは、これまで散々学んできたところである。

銀魂への恩返し [ヨモヤ]

実写版「銀魂」が、7月14日に公開される。
最初、実写化のニュースが流れたとき、二つの感想を持った。
それは、
「誰がどうやっても、銀魂の実写化は難しいだろう」
というものと、
「時期を失しちゃったなあ」
というものだった。
期待と不安が半々、という感じではなく、ネガティブな感情しか湧かなかった。

しかし、超絶豪華なキャストが発表され、気合いの入ったビジュアルが公開され、予告編も流れるようになり、
スタッフの強烈な熱量が伝わってくるに連れ、だんだんこちらも感化されてきた。
「斜に構えていることはない。思い切り楽しみにすればいいじゃないか」
と思うようになったのである。

銀魂を撮る監督のプレッシャーは並大抵ではなかろう。
銀さんを演じることの喜びと重圧も、
神楽ちゃんを演じることの幸せと苦しみも、
新八を演じることの楽しさも辛さも、
それはそれは大変なものであろう。
スタッフ、キャストは、それを了解したうえで引き受けられ、真正面から立ち向かわれている。
だったら、こちらも全力で楽しみにしよう。

もちろん、成功の確率は低いと思う。
おそらくコケるだろう。
しかし、「そら見たことか」ではなく、全力でガッカリしよう。
そして、もし成功したら、思い切り喜ぼう。
それが、これまでいろいろな笑いや勇気を与えてくれた、銀魂への恩返しのように思うから。

映画評 「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」 [映画評]

映画「ビリギャル」の副題は、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」である。
オチ言っちゃってんじゃん、ということにはなるが、実際には大抵の映画で薄々オチはわかっている。
水戸黄門だって、毎週オチは決まっているのに、大変な長寿番組だった。
今作も、女子高生がチアダンスで全米制覇するというオチが宣言されている。
だから、意外性はない。
すべてが予定調和で進んでいくことを、タイトルが宣言している。
逆に、「オチが見え見え」という批判は封印されるが。
観に行く客は、オチにつながる過程を楽しむことになる。

そして、私はそれなりに楽しめた。
友情あり、ほのかな恋あり、親子愛あり、師弟愛あり、挫折あり、涙あり、勝利あり、
という定番中のド定番の流れだが、ド定番になるのはそれが好きな人が多いからである。
退屈せず、楽しく観ることができた。
ギャグっぽいシーンが滑っている感は否めなかったし、
天海祐希演じる先生のエピソードは胸に響かなかったし、
ラストシーンももったいなかったし、
もっとできたんじゃないかとも思うけれど、
そこそこ楽しかった。

主演は、広瀬すずさん。
「海街diary」「ちはやふる -上の句」「ちはやふる -下の句」「四月は君の嘘」「怒り」
と広瀬さんが出演している映画を次々観ている。
特別、広瀬さんのファンというわけでもないのだが、話題作に次々出演されているということだろう。
今、最も走らせたい若手女優といった感じだろうか。
この映画でも、覚悟を固めて走り出すシーンがある。
ところで、「ちはやふる」のファンとして、広瀬さんを見るたびに思うのは、「『ちはやふる』の続編の撮影どうなっているのかしら?」ということである。
今作でも共演された真剣佑さんともども、そのときまで無事にいてほしい。

先生役の天海祐希さんは、設定に説得力がまったくなく、大げさな演技が空回りする形になっていた。
しかし、コメディと割り切れば、それはそれでいいのだろう。

「チア☆ダン」は、青春ど真ん中の映画。
青春真っただ中の若者も、
これから青春を迎える小学生も、
青春の時期は過ぎた大人たちも、
分かりやすく感情移入できる作品であると思う。
傑作とか秀作とかいうのとは遠いが、素直に楽しむことができる。
「なんか、俺も頑張んなきゃなあ」
という気にもさせてくれる。
広瀬すずファンなら文句なしに楽しめるし、
広瀬さんのファンでなくても、青春ものが好きなら愉快な2時間になるだろう。
最後は、なんと全米制覇である。

誇らしい日本野球 [ヨモヤ]

WBCが始まる前、「不安しかない」と書いた。
強化試合を通じて、攻撃の形が見えず、
2年前のプレミアの頃からずっと抑えが固まらず、
采配にも心配満載という状態だったからである。
実力では2次ラウンドまでは大丈夫と思いつつ、最悪、1次ラウンドでの敗戦もあり得ると覚悟していた。

それがどうだろう。

1次ラウンドの3連勝さえ初めてだったのに、
2次ラウンドも無傷で突破。
6連勝でアメリカに乗り込むことになった。

おみそれしました、と気持ちよく頭を下げるとともに、
実に誇らしい。
世界に冠たる日本野球ここにあり、という感じである。

打って勝った、というのがこれまでの大会とは違う形である。
投手力で粘って勝つというのがこれまでのスタイルだったが、今大会では、打力で勝利をつかみ取った。
全試合で全員が好調とはいかないが、6試合を通じて、青木を除くほぼすべての選手がどこかで役割を果たした。
特に、9番の小林の働きは嬉しい誤算だった。

投手陣は、ギリギリ踏ん張ったという感じだろうか。
過去3大会の先発投手陣は、
第1回が、松坂、上原、
第2回が、松坂、岩隈、ダルビッシュ
第3回が、田中、前田
というオールスターキャストであり、それと比べると落ちるのはやむを得ない。
エースと頼んだ菅野も結果を出せないなか、つないでつないでしのぎ切った感じである。
懸案の抑えは、なんだかんだあったが、牧田で固まった。

采配には、「?」という場面も少なくなかったが、6連勝という完璧な結果を残しているのだから、素直に賞賛すべきであろう。
イスラエル戦も、8-0の最終回で牧田の連投?、という疑問手があり、結果悪いイメージを抱えてアメリカに行くことになってしまったのだが、あまり多くを望み過ぎるのも酷であろう。
結果を残したのだから、監督の手腕は高く評価されるべきである。

勝手に夢を見させていただけるなら、
準決勝では内川の活躍でプエルトリコにリベンジし、
決勝では則本の活躍でドミニカを破って欲しい。
こんなことを思えるのも、ベスト4に残ったからこそである。

日本野球の目標は、常に世界一であり、ここからさらに厳しい戦いになる。
だから、まだ振り返るのは早いことは重々承知しているが、それでもここまでの戦いへの賞賛は惜しみなく送りたい。

日本野球、素晴らしかった。

日本経済は結果を出せていないのだから素直に拝聴すべき [経済を眺める楽しみ]

経済政策には、様々な流派がある。
そして、いろいろな人がいろいろなことを言う。
目新しいことを言った方が目立つこともあってか、奇抜に思えるような意見も出される。
新聞によれば、そうした意見に対して、日本の経済官僚の方が、
「日本は実験場じゃない」
と不満をこぼされたりするようだ。
言いたくなる気持ちもわからないではないが、何十年も結果を出せていないのだから、あれやこれや言われても仕方がない。
外から意見を取り入れようと思われても仕方がない。

政府の経済財政諮問会議が開催され、ノーベル経済学賞を受賞されているビッグネーム、ジョセフ・E・スティグリッツ教授が持論を語られた。
なんでも、経済財政諮問会議で海外の学者を招へいしたのは初めてなのだという。
これからは、どんどん呼ぶべきであろう。
呼んで来なかったことによる結果は、もうとっくに出ているのだから。

各紙の記事から拾うと、スティグリッツ教授の主張はおおむね以下のとおり。
・社会的格差が子世代へ引き継がれないよう公的教育の拡充が重要である。幼児教育および高等教育へのユニバーサル・アクセス、すなわち教育チャンスの平等を実現すべき。
・成長の果実をより平等に分かち合うための所得分配を是正すべき。教育に資源を集中させるための財源としても累進課税の拡大を。
・経済活性化に向け、最低賃金引き上げや公共部門の賃上げを。
金利上昇時、に政府債務を低下させるために消費税を上げることは逆効果。
・炭素税の導入も財源の一案。
・日銀保有の政府債務を永久債あるいは長期債に組み替えてはどうか。
金融政策では強い経済を取り戻すのに必要な刺激を与えるのは難しく、財政政策によって、さまざまな分野の構造改革を進めるべき。
・世界的に製造業の雇用が減少しており、教育、健康医療などサービス産業を中心とした構造に経済を再構築すべき

教育については、かねてから充実すべきと言われているが、現状ではそこまで手が回っていないのが実情だろうか。
べらぼうな借金を抱えている中で、高齢化による社会保障費用は伸び続けており、その上に震災復興やオリンピック関係の経費にもしっかり手当てしていかなければならないとあって、教育はどうしても後回しになりがちである。
スティグリッツ教授は、その優先順位を変えるべきと主張されている。
出来っこないと決めつけるべきではない。

日銀保有の政府債務の永久債への転換は、財務省を含め、各方面からの反発が強そうだ。
しかし、この件についても、選択肢から外すのではなく、しっかり検討すべきであろう。

アベノミクス効果もあり、日本経済は一息ついた格好にはなっている。
だが、デフレからの完全脱却はできていないし、賃上げも十分には進まず、政府債務も減る兆しを見せない。
であれば、これまでやっていなかったことも考えるしかない。
無理、暴論、と決めつけず、いろいろな意見を素直に拝聴したい。

前の10件 | -
2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ
メッセージを送る