So-net無料ブログ作成

2月の読書記録 [読書記録]

2月に読んだ本は以下のとおり。

2月1日 「林業入門」 関岡 東生
2月2日 「はなぼん」 花井 裕一郎
2月3日 「空気のつくり方」 池田 純
2月4日 「ノーベル経済学賞」 根井 雅弘
2月5日 「経理部は見ている。」 楠木 新
2月6日 「女子の人間関係」 水島 広子
2月7日 「クール・ジャパン!?」 鴻上 尚史
2月8日 「商品企画のきほん」 末吉 孝生
2月9日 「市民自治」 福嶋 浩彦
2月10日 「奇跡の中学校」 佐藤 淳一
2月11日 「凶犯」 張 平
2月12日 「楽天の研究」 山口 敦雄
2月13日 「リーダーシップ論集中講義」 小野 善生
2月14日 「人間の旬」 大村 智
2月15日 「バフェットとソロス 勝利の投資学」 マーク・ティアー
2月16日 「地域再生の失敗学」 飯田 泰之 編
2月17日 「クラウドファンディングで夢をかなえる本」 板越 ジョージ
2月18日 「メディアの予言者」 服部 桂
2月19日 「全盲の僕が弁護士になった理由」 大胡田 誠
2月20日 「トンデモ本の世界 X」 と学会
2月21日 「100問100答 新地方公会計統一基準」 鈴木 豊
2月22日 「棋士の一分」 橋本 崇載
2月23日 「財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済」 上念 司
2月24日 「だから、あなたも生き抜いて」 大平 光代
2月25日 「地方財政のヒミツ」 小西 砂千夫
2月26日 「産まなくても、育てられます」 後藤 絵里
2月27日 「株大全」
2月28日 「マグロ大王」 木村 清

「はなぼん」は、小布施の図書館「まちとしょテラソ」で、公募による館長となった花井裕一郎さんによるもの。図書館の新しい形がほの見える。図書館を単に本を貸すだけのところにしてしまったらもったいない。

「クール・ジャパン!?」を書いた鴻上尚史さんは、NHK BSの人気番組『cool japan』の司会を務めておられる。日本を礼賛する内容ではなく、クールに日本を眺め、世界の中の日本を見つめ直されている。売り込むばかりではなく、きちんと周りを見ることも大切。

「凶犯」の張平さんは、中国の作家。とあるビブリオバトルで紹介されていたことから、この本を知った。中国社会の暗部を背景にした、ゴチゴチのハードボイルド。読み応えあり。

大平光代さんの「だから、あなたも生き抜いて」は何年振りかでの再読。いや、ほんと、あきらめたらあきません。しっかり生きていかななあ、と今回も思った。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る