So-net無料ブログ作成

映画評 「ちょっと今から仕事やめてくる」 [映画評]

主人公は、いわゆるブラック企業に勤めている。
そして、最後は、そこをやめる。
タイトルがそう言っている。
「チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜」
もそうだったが、タイトルでオチを宣言するのがこのところの流行りなのだろうか。
その方が安心してみられる面もあるし、どんでん返しで驚かせるより、そこまでの流れをきっちり見せるという心意気もあるのかもしれない。

予告編で、ざっくり以下のようなストーリーであるとわかっていた。
疲れ切った若い会社員が電車にはねられそうになったところを、幼馴染をヤマモトと名乗る男に助けられる。
幼馴染みという彼に心当たりがなかったが、ネットで検索してみると、ヤマモトはすでに死んでいることがわかり・・・

映画を見に行く以上、予告編を超えた驚きがほしい。
予告編で知っている情報をなぞられても、どうとも思いようがない。
今作は、予想どおりの展開で物語は進み、謎のヤマモトの正体も、驚くほどの驚きのなさ。
残念ながら、予告編で想像した範囲を超えるものが見つからない。
「八日目の蝉」や「ソロモンの偽証」で知られる成島出さんの監督作品であり、手練れの演出でしっかり撮られているが、心が動くまでには至らなかった。

ブラック企業に勤めている若者を演じるのは、工藤阿須加さん。
ドラマや映画で、順調にキャリアを積まれていて、今作でもしっかり演じられている。
歩き方や一瞬の表情に、お父さんであるソフトバンク監督の工藤公康さんに似ているなあ、と思わせるところが多々あった。
謎の男ヤマモトを演じたのが福士蒼汰さん。
舞台挨拶において、監督の言葉に泣いてしまったくらいだから、かなり自分を追い込んだのだと思う。
大変失礼な話なのだが、途中までこのところスクリーンでお会いすることの多い中川大志さんだと思っていた。お二人は、どんどん似てくる。
パワハラ上司を演じる吉田鋼太郎さんが圧巻。
「帝一の國」でもぶっ飛んだ演技を披露されていたが、吉田さんが出ると画面がぐっと引き立つ。

「ちょっと今から仕事やめてくる」は、ブラック企業や若者の生き方・働き方という現代的課題に取り組んだ意欲作。
今年公開されるにふさわしい映画といえるだろう。
ただし、成島監督作品ということで、期待を大きくしてしまうと拍子抜けになる。
見ていて胸が痛くなるシーンや、胸に沁みるシーン、元気がでるシーンなどもあるのだが、全体の感想は薄味。
正直、物足りなかった。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

大谷がいなくても交流戦はきっと楽しい  ~ セ・リーグの勝ち越しはあるか? ~ [ヨモヤ]

かつて、
「人気のセ 実力のパ」
などと言われた時代があった。
巨人、阪神を抱え、人気は圧倒的にセ・リーグだが、実力はパの方が上である、という言葉である。
当時、オールスター戦ではパが勝つことが多かったが、真剣勝負となる日本シリーズでは巨人が9連覇したので、実際のところどちらのレベルが高いのかははっきりしなかった。

しかし、交流戦が始まって以降は、リーグ間のレベル差についての議論はなくなったと思う。
はっきりしたからである。
パの方が強いと。

交流戦12年間で、パが勝ち越したのは11回。
最高勝率チームも、10回までパのチームであり、セは巨人が2回のみ。
ちなみにこの12年間で、日本シリーズで優勝した回数もパが9回とこちらも圧倒している。
ここまで結果が出れば、今更どちらが強いか議論する必要もない。

ただし、今年はセが勝ち越す可能性が大きい気がする。
というのも、パの下位3球団に不安が多いからである。
日本ハムは、一時の低迷から脱しつつあるものの、大谷という大駒を欠いているうえに、開幕投手を務めた有原が2軍落ちしてしまったのが痛い。
オリックスが負けるのは、ここ数年来見慣れてしまった光景だが、それにしても5月の負け方はひどかった。
ロッテの勝率は2割台ととことん苦しんでいる。
しかし、こういうチームが息を吹き返す可能性があるのが交流戦であるので、心機一転、ロッテにとってはいいかもしれない。

36試合で始まった交流戦も18試合にまで縮小されてしまった。
ファンのために始まったはずが、セ・リーグは「巨人戦は減るわ、勝てなくてレベルを疑われるわ」で、やめたくて仕方がないようだ。
寂しく、さもしい話である。

見る側は、それはそれとして個々の試合を楽しもう。
大谷はいなくても、脱三振王の楽天・則本がいる、完全覚醒した西武・菊池がいる、お化けフォークの千賀がいる。
セの強打者との対決を楽しもう。
4割打者日本ハムの近藤の打棒にも注目である。
セにも、今や押しも押されぬ球界のエース、巨人・菅野がいる。
「神ってる」から正真正銘の主軸に成長しつつある広島・鈴木がいる。
トリプルスリー、ヤクルト・山田の復調はどうだろう。

「やっぱ、交流戦は面白いなあ」
という熱戦が続くことを期待したい。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

なんでも問題にする姿勢はきっとかえって信頼を失わせている  ~ 一自衛官として「ありがたい」との発言で大騒ぎはどうか ~ [ヨモヤ]

「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、野党をはじめ否定的な意見をお持ちの方々は「共謀罪」と呼んで真っ向から反対されている。
「集まってカレーも作れなくなる」
などといった声さえ紹介されているが、反対運動が一般に広がっているかというと必ずしもそうではないだろう。

なぜ反対が広がらないのか。
もちろん、法案の内容が支持されているから、というのが最もあり得べき理由である。
しかし、それだけではない気がする。
こう申し上げてはなんだが、国民の多くから、
「いつも反対されている方が、いつものように極端な例を挙げて反対している」
と思われているのも理由の一つではないだろうか。
残念ながら、
「あの人が言うのなら、よっぽどだ」
「あの方たちの意見なら、聞いておかなければ」
とは思われていないのではないだろうか。

話は変わるが、安倍首相が憲法9条に自衛隊の存在を明記する意向を示したことをめぐり、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長が「ありがたい」と歓迎した発言が、波紋を広げている。
「『憲法改正に賛成する』と受けとられる発言だ」
「罷免すべきだ」
とおっしゃる方までおられるらしい。

この発言は、日本外国特派員協会での講演で出たものである。
河野氏は、首相が自衛隊の存在を憲法に明記する改正に言及したことについて問われ、
「憲法という非常に高度な政治問題なので、統幕長という立場から申し上げるのは適当でない」
したうえで、
「一自衛官として申し上げるなら」
とさらに断りを入れて、
「自衛隊の根拠規定が憲法に明記されるのであれば非常にありがたいと思う」
おっしゃったものである。

自衛隊の方々は、違憲とされる状態のなかで任務につかれてきた。
そして、災害時などは、自分たちのことを目の敵のように悪し様にいう人たちのことも、分け隔てなく助けられてきた。
自分たちの働きが国民に認められ、憲法に位置づけられるのなら、「一自衛官として」うれしく思われることだろう。
そうした感想さえ述べてはいけないとおっしゃるのだろうか。

「公務員として憲法擁護義務の観点から問題」
とおっしゃる方がおられるらしいが、憲法について考え、意見を述べていくことを、現憲法が禁止しているとは思えない。
公務員が憲法を順守するのは当然のことであり、それは揺るがせてはいけないが、よりよいものにするために、直すべき点について思いを巡らせることさえ禁じているとは思えない。

権力をチェックすることが、野党やマスコミの大きな役割である。
そこは十分に理解するし、常にやっていただきたい。
しかし、言葉尻をとらえたり、反対のための反対をされたりすることを望んでいる国民は、あまりいないと思う。
「ああ、またか」
で、右から左にすり抜けてしまうようになったら、それこそ危険である。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

オリックスファンのため息が聞こえる [ヨモヤ]

4月のパ・リーグは、苦戦が予想された楽天とオリックスの頑張りが大きな話題になった。
去年5位の楽天が16勝5敗で首位、
去年6位のオリックスが15勝8敗で2位と、
下馬評を覆す戦いぶりを見せたのだ。
いつまで続くことやらと冷ややかな見方もあったが、5月に入っても楽天の勢いは止まらず、現在も首位を突っ走っている。
しかし一方のオリックスはというと・・・

5月のオリックスは悲惨としか言いようがない。
5月最後の土曜日もロッテに敗れ、これで5年ぶりの9連敗。
5月は3勝19敗!となり、球団月間最多敗戦に並んでしまった。
プロ野球記録は、1961年近鉄の8勝22敗だというから、残り3試合全敗するとそれにも並んでしまう。

オリックスは、2014年シーズンに2位と大健闘したのち、5位、6位と低迷している。
オリックスファンの人としては、事実上2年連続で序盤でのシーズン終了となっていて、悔しい思いをされただろう。
パ・リーグファンとしても、お荷物的な球団が生まれてしまうのは困るのだが、今年も下位に甘んじるとなると、その不安が現実のものになってしまう。

私は昨年8月のブログで、最下位に低迷しているにも関わらず早々に福良監督の続投を決めたことを批判的に書いた。
http://matoko.blog.so-net.ne.jp/2016-08-19
少し負けたからといってすぐに監督を交代させていては長期的なチーム作りはできないが、2年続けて結果を出せていない監督の続投を早々に決めるのは、ファンに対しても失礼ではないかと感じたからである。
フロントの「やる気」が見えないように感じたからである。
そして、早々の続投を決めた以上、2017年シーズンは必ず結果を出して欲しいと思った。

吉田とロメロという主軸の2人を欠いているのは確かにしんどい。
それにしても、負け過ぎである。
3年連続で6月にシーズン終了となれば(5月で早くも終戦ムード満載だが)、ファンの失望はいかばかりだろう。

親会社のオリックスは巨大企業である。
オーナーの宮内氏は、超のつく大金持ちである。
資金力で他球団に負けているわけではないと思う。
もっと根本的なところで劣っているのである。
フロントは、猛省していただきたい。
本当に、心から猛省していただきたい。
何年も続けてファンの期待を裏切り続けるのは、罪である。
酷い罪である。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「夜空はいつでも最高密度の青色だ」 [映画評]

漫画原作全盛の映画界にあって、この作品の原作は、最果タヒさんの詩集。
詩が原作となっている映画を初めて見た。

映画の中でも、登場人物たちが詩のような言葉を折々つぶやく。
唐突感もあるが、都市の姿や彼らの心象風景と相まって、少しずつ積み重なっていく。
言葉がブツ切れに投げ出されているだけではなくちゃんとストーリーもあり、物語はきちんと終わっている。
途中アニメが挟まったりなど、いろいろな試みがなされている映画であるが、それに酔わずにエンタテインメントとしても成立させている。
石井裕也監督は、「舟を編む」などで高い評価を受けてきた方だが、今作の演出もさすがである。

ヒロインは、昼は看護師として働き、夜はガールズバーでホステスをしている。
知り合う男は、建築現場で明日の見えない日々を過ごしている。
二人は若いのだが、死の影を身近に感じている。
広く言えば恋愛映画と言えるのだと思うけれど、甘さは全くない。
それどころか、相手を切り刻みあっているかのような関係が続く。
苦しい。
しかし、最後はボーイ ミーツ ア ガール ストーリーとしてきっちり締めくくってくれた。
気持ちよかった。

ヒロインを演じた石橋静河さんが素晴らしい。
驚くくらいにはまっている。
これからグイグイ出てくる女優さんであろう。
お相手は、池松壮亮さん。
私の好きな俳優さんの一人だが、今作ではちょっと達者すぎるところが微妙だった気がした。

印象的なシーンは多いが、特に池松くんが髪飾りをプレゼントするシーンはよかった。
ぜひ、劇場で確かめていただきたい。

絶望し、厭世的になり、死と仲良くなり、恋愛のバカバカしさをしみじみ感じている二人。
それでも、恋に落ちる。
無意味とわかっていて、恋に落ちる。

エンディングテーマの、ザ・ミライズの「NEW WORLD」がピタリとはまっていた。
ひとつ間違ったら、独りよがりの気色悪い作品になっていたところだが、本作は見事に綱渡りを乗り切った。
私は、この映画が好きだ。

NEW WORLD のYouTubeはこちらから
https://www.youtube.com/watch?v=FXLz1d3EK40

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

西日本の魅力が一つ増えた  ~ カール 東日本での販売終了 ~ [ヨモヤ]

明治の業績は好調である。
引っ張っているのは、ヨーグルト部門。
特に、高機能ヨーグルトと言われるプロバイオティクス(LG21、R-1、PA-3)は、二けたの伸びとなっている。
菓子部門の柱はチョコレートであるが、少子化の逆風の中、「きのこの山 対 たけのこの里」の対決を演出したり、チョコレート効果といった新製品を訴求したりなどして健闘している。
だから、明治が「カール」の販売をやめると聞いて驚いた。

正確には、中部地方以東での販売をやめるというもの。
9月以降は松山工場の1カ所で「チーズあじ」「うすあじ」のみを生産し、滋賀県、京都府、奈良県、和歌山県以西での販売のみとなるのだという。
カールの売り上げは1990年代がピークで、現在はその3分の1ほどに低迷しているとのことで、明治によれば、
「終売せざるを得ないとの声もあったが、社を代表するロングセラー商品。生産コスト、物流などの面から総合的に判断して集約を決めた」
ということらしい。
どうやら、全面撤退という選択肢もあったようだ。

知らなかったが、カールは日本初のスナック菓子として発売されたのだそうだ。
それまでのお菓子は甘いことが常識だったそうなのだが、それを覆した歴史的商品であるという。
全くの初耳である。
そんなすごい商品だったとは。
「それにつけてもおやつはカール」
のキャッチフレーズは有名だし、CMソングも、カールおじさんもなじみ深い。

明治の株価は、業績の好調を受け、2012年当時と比較して4倍以上に急伸している。
だから、今回のカールの販売縮小は、何をやってもうまくいかない企業の撤退戦というわけではない。
必要な、選択と集中の一環であろう。
そう言われてみれば、数年来カールを食べていない気もする。
それでも、カールが店頭から姿を消すのは寂しいし、そうなると無性に食べたくなってきた。
西日本にはいろいろな魅力があるが、
「カールが食べられる地域」
というセールスポイントが新たに加わった。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「メッセージ」 [映画評]

「メッセージ」は、宇宙人との接触を描いた作品である。
しかし、映画に出てくるUFOの形がお菓子の「ばかうけ」に似ているとかで話題になり、今やそっちの盛り上がりが中心に。
映画の宣伝として、いいのか悪いのか。
まあ、話題にはなったが。ばかうけ.jpg


映画は、地球上に突然巨大UFOが現れるところから始まる。
しかも12機。
1機は北海道にも。
映画の中で、なぜその12か所が選ばれたのは不明だが、最も可能性があるのは雷が来なさそうなところであり、他にはシーナ・イーストンが流行った場所という説もあるとされる。
なんのこっちゃ。

アメリカのほか、中国、ロシア、日本など、いろいろな国が宇宙人と交流しようとするが当然のことながらなかなかうまくいかない。
主人公の女性は言語学者であり、そのために白羽の矢が立った。

面白そうな題材であるし、実際にちゃんと作られた映画であるとも思う。
しかし、なにぶんにも設定に無理があるし、とにかくややこしい。
時間を行ったり来たりする映画にありがちだが、話の矛盾に気がとられ、イマイチ映画に入りきれない。

ややこしい設定にせず、宇宙人と接触を試みる言語学者の話でよかったような気がする。
それではつまらない、もしくはありきたり、
と思われたのかもしれないが、無理くりな話を見せられても、という感はある。
主人公には娘との関係がトラウマのようになっていて、それが折々に蘇るのだが、効果を上げていたというより、進行を遮っていたように思えた。
ただし、最後にどんでん返しがあるし、そもそもここが作品のテーマだから端折るわけにはいかないのだけれど。

映画では、アメリカ以外の国で主導的に宇宙人と接するのは中国で、アメリカの関心も中国に集中している。
ロシアでも、もちろん日本でもなく、そういう時代なのだなあと感じる。

「メッセージ」は、かなり異色なSF映画。
宇宙人が登場するが、戦ったりはしないし、奇跡を次々に起こしたりもしない。
内省的な映画であり、観に行く側もそういう心構えをした方がいい。
宣伝では「ばかうけ」とコラボしているが、映画の内容にはそうした遊び心はないので、念のため。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ここまで来ると覚悟せざるを得ないイチローとの別れ [ヨモヤ]

よくイチローは、
「50歳まで現役で」
と言っていた。
鍛え抜かれたフィジカルを見ると、それは冗談にも聞こえなかった。
実際42歳のシーズンとなった2016年でも、その前年よりパフォーマンスを向上させ、50歳現役が不可能ではないことを自ら証明したように見えた。

しかし、今シーズンの成績は、あまりにもひどい。
51打数8安打で打率は2割を大きく下回る.157。
ホームラン1、打点1。

もちろん、代打中心に使われているという苦しさはある。
誰だって1打席で結果を出すのは大変だ。
ただし、それは開幕前からわかっていたことであるし、イチローもそれを言い訳にするつもりはないだろう。

スポーツ選手には、いろいろな現役生活の終わらせ方がある。
まだ華があるうちに身を引く選手もいれば、
ボロボロになるまで続ける選手もいる。
昨年引退したレッドソックスのオルティーズは、打点王を獲得するなど、キャリアのピークに近い成績を収めながら球界を去った。
野球選手ではないが、日本のサッカー選手である三浦知良は、50歳にして現役を続けている。
やめるかやめないかは、本人の判断である。
しかし、契約が続くかどうかは、本人だけで決められることではない。
また、契約できたとして、メジャーでプレーが続けられるかどうかも、本人が決められることではない。
それだけの力があると認められ、それにふさわしい結果を残して初めて、メジャーリーガーとしての現役生活が続けられる。

いつまでもイチローを見ていたいし、
今年もこれから巻き返してくれるものと信じたい。
だが、現実の成績を見ると、これ以上続けるのはどうなのか、という思いを持たざるを得ない。

私たちファンにできることは、変わらぬ応援と信じることだけである。
それに加えて、今年が見納めになるという「覚悟」も必要かもしれない。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

これではまるで音楽の敵  ~ JASRACに立ち止まる必要はないか ~ [ヨモヤ]

京都大学の入学式の式辞で、山極寿一総長が昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を引用された。
無味乾燥な内容になりがちな偉い人の式辞で、なかなかしゃれていると評判になった。
しかし、この式辞をウェブ上に掲載していたところ、日本音楽著作権協会(JASRAC)から使用料の請求が届いたのだという。

私も京大のサイトを見たが、確かにディランさんの「風に吹かれて」がかなりの分量で引かれていた。
といっても、式辞全体からすれば1割足らずであり、出展もきちんと書かれている。
式辞は、使用料が免除される教育目的とはならないかもしれないが、総長の発言は教育目的でなされたものだろうし、内容も明らかに引用である。
これに使用料を請求することには、多くの人が首をかしげるだろう。
法的正確性を脇に置けば、「不粋」としか言いようがない。

JASRACをめぐる騒動はほかにもある。
音楽教室から著作権料を徴収する方針を固め、来年1月からの徴収開始を目指しているというのである。
子供たちが楽しく音楽を学んでいるが、そこからも著作権料を取る方針にしたとのことであり、額はレッスン料の2.5%としている。
これに対し、ヤマハ音楽振興会は「教室での演奏には著作権は及ばない」として、JASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こすようだ。
不毛な感は否めない。

ちなみに、JASRACという組織の目的は、
「音楽の著作物の著作権を保護し、あわせて音楽の著作物の利用の円滑を図り、もって音楽文化の普及発展に寄与すること」
とされている。
これを素直に解釈すると、
JASRACの目的は音楽文化の普及発展であり、そのための手段として著作権の保護や利用の円滑を図るということになる。
さて、大学の式辞に使用料を請求したり、音楽教室から著作権料を徴収したりすることが、音楽文化の普及発展に寄与するだろうか。

JASRACの立場としては、法的に料金がかかると判断すれば請求せざるを得ないのかもしれない。
そうしないと、
「どうしてあっちはよくて、こっちはダメなんだ」
などともめるもとになりかねないから。
それでも、ここは立ち止まってほしい。
入学式の式辞や子供たちの音楽教室からお金を取ることで、音楽への愛がはぐくまれるとはとても思えないのである。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「ピーチガール」 [映画評]

「5分に1度、恋の事件が巻き起こる!急展開ラブストーリー」
が惹句となっている「ピーチガール」。
主な客層は、中学生の女子。
50過ぎたおっさんが一人で鑑賞している姿は奇異に映ったかもしれない。

本作は、例によって人気コミックの映画化。
それらしく、初めから終わりまで、ドタバタのハチャメチャで、ストーリーは矛盾だらけ。
「おいおい」
「さすがにないだろう」
と思わせる展開が次から次へ。
しかし、のっけからぶっ飛んでいる世界観を提示してしまっているので、どれだけ話がとっちらかっても嫌な気はしない。
そういう映画だ、と宣言しながら進んでいるのだから、突っ込みは野暮である。
いくらなんでも、というエピソードも多々あったのだが、何もかも飲み込ませてしまうバカバカしさがあった。
これはこれでいいと思う。

主演は、山本美月さん。
山本さんは、日本の女優さんの中でもトップクラスの美形であると思う。
この映画でも、いろいろな服装で登場されており、その美しい姿を見るだけでもお金を払う価値がある。
ただ、いかんせん、高校生を演じられるのには年齢的に厳しいものがある。
今年26歳になられる山本さんには、大人の美しさが出てしまっていて、ドタバタ高校生役はちょっときつい。
2012年の「桐島、部活やめるってよ」は、作品としても素晴らしいが、キラキラ期の山本さんを映像に残したという功績もある。

恋敵役を演じられたのが、今メキメキ売り出し中の永野芽郁さん。
こちらは17歳で、まんま演じられる。
「俺物語!!」後、「ひるなかの流星」「PARKS パークス」「帝一の國」と次々に映画に出られている。
本作では、救いようのないくらいゲスな役であり、よく出演されたものだと思う。

お相手は、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧くん。
彼も今年27歳だというが、高校生役がはまっていた。
このあたり、男と女の違いであろうか。

もう一人のお相手は、真剣佑さん、20歳。
真剣佑さんは、私の大好きな映画「ちはやふる」の主要キャスト。
彼を見るたびに、2018年公開の「ちはやふる」の続編まで、順調にキャリアを重ねてもらいたいと祈る。

他には、山本さんのお母さん役で、菊池桃子さんが出演されている。
ピーチだけに。
お綺麗と評判だが、まあ、菊池さんである。

「ピーチガール」は、気楽に観に行くには絶好の映画。
いわゆる「暇つぶし」にはもってこいである。
「暇つぶし」というと悪いイメージを持たれるかもしれないが、時間の無駄になる映画の方が多いから、これはこれでアリだと思う。
あんぐり口を開けて、素っ頓狂な物語を眺めよう。
主要キャストは、みなお綺麗だし。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る