So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年05月| 2017年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

映画評 「ハクソー・リッジ」 [映画評]

実話に基づいていようといまいと、映画になったらそれはそれで一つの作品である。
だから、あまりリアリティがなくても構わない。
細かいことをあげつらい始めると、映画として楽しめなくなる。
それは重々承知しているのだが、戦争映画であって「実話に基づく」が宣伝文句とされているとなるとつい気になってしまう。
日本とアメリカの戦争ならなおさらである。

本作は、アメリカ軍が、ハクソー・リッジ(前田高地)という崖を攻略せんとする戦いがメインで、そのシーンが延々と続く。
怪我の様子はリアルなのだが、肝心の戦いぶりはなんだか変で、最後までなじめなかった。
アメリカ兵が、相手がどこにいるかもわからないのにガンガン突っ込んでいくのだが、本当にあんな戦いぶりだったのだろうか。
戦闘機が全く出てこないのだが、なぜなのだろうか。

あらすじは、
「第2次世界大戦中に銃を持たずに戦地入りし、多くの負傷した兵士を救った実在の人物をモデルに奇跡の逸話を描く」
というものだが、民間人も含め、何十万人もの日本人が殺された沖縄戦で、アメリカの負傷兵を助けた人を英雄として観ることは、感情的にはちょっと難しいものがあった。
そういえば、本作の舞台が沖縄であることは、ほとんど宣伝されていない。
映画会社的には、あまり広めたくないことなのだろうか。

監督は、『ブレイブハート』でオスカーを手にしているメル・ギブソン。
「ブレイブハート」は好きだったが、今作は戦争シーン以外でももう少し丁寧に描いた方がよかったように思うところがいくつもあった。
主人公が、なぜそこまで信心深くなったのか、描かれてはいるものの今一つピンと来ない。
彼の恋も唐突過ぎて、ポカンである。
主演は、「沈黙 -サイレンス-」にも出ていたアンドリューガーフィールド
極限状態において、何も言わない神に答えを求めるさまは両作品に共通していた。
深みは、「沈黙」の方がずっとあったと思うけれど。

本作に関しては、戦場のシーンがリアル、という声が多い。
「プライベート・ライアン」を超えたとの意見もある。
足が切断されたり、内臓が出ていたりといった、キツイシーンもあるが、そこを逃げずに表現していることは伝わった。
それだけをもって、映画としての評価が高くなるというものでもないが。

「ハクソー・リッジ」は、好評上映中である。
戦争の愚かさ・悲惨さ、信念を守ることの大切さ、
などが伝わってくるという感想も多い。
しかし、個人的には、ほとんどピンと来なかった。
こういう映画は褒める方が無難なのだが、
理解も感情移入もできず、長く退屈してしまったことを告白せざるを得ない。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

子供たちの現状肯定はいいんだか悪いんだか ~9割超の子供が幸せと感じている?~ [ヨモヤ]

博報堂生活総合研究所が、「こども20年変化」の調査結果を公表した。
これは、1997年から10年毎に、小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象に、ほぼ同じ質問内容のアンケート調査を続けているもの。
回答結果を見ると、子供たちの心境の変化が読み取れる。

この調査結果が発表されたのが6月とあって、マスコミでは「父の日」との絡みで報道されていた。
「『尊敬度合い』で初めてお母さんお父さんを逆転」
というところにニュースバリューを感じたようだ。
これは、
「お父さん、お母さんが、『尊敬する人』『友達のような人』『どうでもいい人』のどれに当たるかを聞いたもの。
「どうでもいい人」という選択肢もあんまりだが、
結果、お父さんを尊敬する人とした子は61.5%、お母さんを尊敬する人とした子は68.1%となったというのである。
「父の日でプレゼントをもらったお父さんもおられるでしょうが、『父はつらいよ』といったところかもしれません」
的なコメントと合わせて紹介されたのだと思う。
しかし、お父さんを尊敬する子供が大幅に減って逆転されたのではなく、お母さんの数字が上がっての結果だから、そんなに悪い話ではない。

気になったのは、子供たちが現状を強く肯定する傾向にあること。
「自分の暮らしは豊かな方だ」との問いに対し、
1997年は65.7%の子供がそのとおりとしていたが、2017年には82.0%に上昇している。
経済実感とは異なる結果と言えるだろう。
さらに、
「自分は幸せな方だ」との質問に、
1997年は77.6%の子供がそのとおりとしていたが、2017年は91.4%に上昇している。

結果をそのまま受け取れば、子供の8割以上が自分の暮らしを豊かととらえ、9割以上が幸せと考えているのだから、実にいいことである。
まるでブータンである。
しかし、どうもしっくり来ない。
子供たちがそれほど幸せそうにしているようには、イマイチ思えないからである。

ひょっとして子供たちは、この先は悪くなるばかり、などと感じてしまっているのではないだろうか。
その裏返しとして、現状を肯定しているのではないかと勘ぐってしまう。

子供たちが、楽しく生活し、幸せを感じてくれているのなら、それは実に素晴らしいことである。
ただし、併せて未来への希望やよりよい社会を築きたいという欲求も持ってほしい。
そう思えるような環境を作るのが大人の役目であろう。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「史上最高の映画」を選ぶ贅沢  ~ イギリスの映画雑誌「エンパイア」の読者投票結果を楽しむ ~ [映画評]

イギリス映画雑誌エンパイア」が読者投票による「史上最高の映画100本」を発表した。
1位は、1972年公開の「ゴッドファーザー」。
日本映画は、黒澤明監督の『七人の侍』が73位、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』が80位の2本のみのエントリーだったという。

こうしたランキングには、異論が百出する。
今回の発表にも「それを選ぶならこっちだろう」とか「そもそもインド映画が全然入っていないのはおかしい」とか、どかどか意見が出そうだ。
ちなみに、上位20作品は以下のとおりであるが、「ローマの休日」や「風と共に去りぬ」「市民ケーン」といった定番の名画が入っていないのも、オールドファンからすれば納得できないかもしれない。

1.「ゴッドファーザー」(1972)
2.「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(1980)
3.「ダークナイト」(2008)
4.「ショーシャンクの空に」(1994)
5.「パルプ・フィクション」(1994)
6.「グッドフェローズ」(1990)
7.「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」(1981)
8.「ジョーズ」(1975)
9.「スター・ウォーズ」(1977)
10.「ロード・オブ・ザ・リング」(2001)
11.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985)
12.「ゴッドファーザーPARTII」(1974)
13.「ブレードランナー」(1982)
14.「エイリアン」(1979)
15.「エイリアン2」(1986)
16.「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」(2003)
17.「ファイト・クラブ」(1999)
18.「インセプション」(2010)
19.「ジュラシック・パーク」(1993)
20.「ダイ・ハード」(1988)

ほとんど観ているし、好きな映画ばかりだが、17位の「ファイト・クラブ」には、いやいやデビッド・フィンチャー入れるんなら「セブン」の方でしょう、とか、「ジュラシック・パーク」ってそんなに良かったっけ、とかいろいろ思ったりもする。
しかしまあ、あまり深刻に考えずに「ふうん」と眺め、そう言えばこの映画はああだった、このころ自分はこうだったなどと思い出せばいい。
そうやって楽しめれば、この順位を眺めること自体、贅沢な時間になる。

ここに選ばれるような映画だから、観ていれば必ずなんらかの感慨がある。
風景、空気ごと思い出せる。
観る前のわくわくした時間、
観ている最中の夢中な時間、
観終わった後の自分の中でかみしめる時間と、
自分以外の人の評価を確かめる時間。
いい映画は、時を超えて喜びを与えてくれる。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

「永射」と書いて「ながい」と読む プロ野球ファンには常識 [ヨモヤ]

「永射」と書いて「ながい」と読む。
プロ野球ファンには常識である。
「ながうち」などと読んでしまったら、「おいおい」である。

西武などで左のワンポイントとして活躍された永射保さんが福岡県久留米市の病院で亡くなられた。
63歳だったという。

1970年代の後半から80年代にかけて、左殺しと言えば永射さんだった。
左のサイドハンドから繰り出されるカーブは、左打者から見れば、背中どころか視界から消えるところから来るようなイメージだっただろう。

当時、永射さんが投げるところをテレビ埼玉でよく見ていた。
ロッテのリーや日本ハムのソレイタといった左の強打者が、永射さんの手にかかるとくるくる回っていた。
通算成績を見ると防御率は4.11で、救援を主に活躍した選手としては決して突出した成績ではない。
しかし、どういうわけか、永射さんが打たれているシーンはあまり記憶にない。
渡辺久信さんや松沼弟さんが打たれているシーンがすぐに浮かぶのに。

日本ハムの柏原選手に敬遠球をホームランされたのも有名なエピソード。
今でも、珍プレーやあり得ないシーンで映像が流れたりする。
打たれたときに永射さんがのけぞる感じが印象的である。

ピンクレディーの大ヒット曲「サウスポー」のモデルになったのも永射さんだという。
作詞の阿久悠さんが、オールスター戦で巨人の王選手を大きなカーブで空振り三振に仕留めた永射さんの投球に感銘を受けたのがモチーフなのだそうだ。
ピンクレディーの振り付けの投球フォームも、永射さんを意識して若干腕を下げ気味にしているとのことであるが、それならもっと下から投げてほしかった、と今更思う。
特にケイちゃんが腕を振り切るあたり。
https://www.youtube.com/watch?v=Pp8ijuDprBQ

永射さんの、ひょうひょうとしたマウンドさばきが、かっこよかった。
沈み込むフォームが、かっこよかった。
ソレイタやリーのお手上げの表情と合わせて、いつまでも忘れない。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画の邦題に望むこと [ヨモヤ]

9月公開予定の映画ドリーム 私たちのアポロ計画」の邦題が「ドリーム」に変更されることが話題になっている。
はじめ「アポロ計画」としていたが、映画の中で描かれているのは「マーキュリー計画」であり、「事実と異なる」との批判の声が上がっていたのだそうだ。
映画会社とすれば、「私たちの」とつけているし、マーキュリー計画じゃ知らない人多いし、原題の「Hidden Figures」じゃ、なおさら訳わかんないしということで付けたタイトルだろう。
考えて付けたタイトルを、いろいろ言われて変更しなければならなくなったというのは不本意かもしれないが、こうしてメディアに取り上げられたことは宣伝効果という面では明らかに成功である。
現に私も観てみたくなった。

今回は結果オーライ的な面があるが、邦題については気になることが多い。
個人的には、なるべく変えないでもらいたい派である。

近年最悪の改題は、奇跡の傑作「Gravity」を「ゼロ・グラビティ」にしてしまったことであろう。
このタイトルを付けた人は、本当に映画を観たのだろうか。
あの完璧な作品のタイトルに手を入れるという暴挙にためらいはなかったのだろうか。
「ゼロ」を加えると意味は真逆になるが、それでいいと思ったのだろうか。

これまた奇跡の傑作「Whiplash」を「セッション」という軽いタイトルにしてしまったのも残念であった。

一方、「アナと雪の女王」は当たりのパターンだろう。
原題の「Frozen」のままでは、日本であれほどヒットしなかったかもしれない。
同じように大胆な改題が成功したのが、かなり古い映画になるが「博士の異常な愛情」であろう。
原題は「Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb」という異常に長いものであり、さすがにこのままでは使えない。
邦題は、「ストレンジラブ博士」の誤訳という説もあるが、わかっていてあえてやったのだと思う。

このように、大幅に原題を変更して成功する例もあるのだが、基本的には直さないでほしい。
作品は、タイトルも含めて完成されたものと考えるからである。
文学で考えれば、
太宰治の「人間失格」が「自意識過剰少年の憂鬱」になったら嫌だし、
又吉直樹さんの「火花」が「漫才男道」に変えられるのも変だろう。
映画は総合芸術と言われることが多いのに、タイトルがぞんざいに扱われるのはおかしい。
映画会社の皆様には、できる限り作品を愛し、大切にしていただくようにお願いしたい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

腰痛発生も織り込み済み  ~ 120キロへの道のりに当然あると思っていた障壁 ~ [120キロプロジェクト]

新聞か何か、そんなごく軽いものを持ち上げようと思ったら、背中にピキッと電気が走った。
腰痛持ちの方であれば、この感覚、お分かりいただけると思う。

ゆっくり動きを止め、何事もなかったように振る舞おうとしたが、それはできなかった。
恐れていた、というか、
予期していたことであるが、
腰痛の勃発である。

腰痛はきつい。
できれば、というか、決してなりたくない。
しかし、私の120キロプロジェクトは、
「50歳過ぎ 腰痛持ち」
が試みているところにミソがある。
来てほしくはなかったが、変な話、織り込み済である。
FOMCの利上げを織り込んでいたマーケットのようなものである。
腰痛を抱えた人間が、球速を上げていこうというのだから、どこかで「ピキッ」が来て当然である。

幸い、今のところ、それほどひどい痛みではない。
和式の便所はちょっとキツイが、靴下は履ける。
長い時間座ってから立ち上がるのはキツイが、歩くのにはそれほど難はない。
激しい運動はしない方がいいに決まっているが(というかできないが)、フォームチェックなどは続けていける。

そんななか、中村好志さんという人の「ピッチング革命」なる本を読んだ。ピッチング革命.jpg

副題が、
「『捻転投法』で球速は確実に20km/hアップする!」
である。
本当に20km/hアップするのなら、私のプロジェクトも成功裏に終了するから興味津々で読んだ。

捻転投法とは、要は捻りを活かした投法ということである。
失礼ながら、新しさはない。
120キロプロジェクトを始めてから、いろいろなピッチングの本を読んだが、大体どれにも書いてある。
以前はあまり考えたことがなかったが、横回転を縦回転につなげることが重要、なのである。
自分の投球フォームをビデオで見ると、横回転しかしていないように見えた。

腰痛は覚悟していたが、日常生活に支障を来すような痛みになってしまったらどうしようもない。
かといって、何もしなければ球速が伸びるはずもない。
どうすればいいのか。
無意味としか思えないジレンマと戦おう。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「TAP THE LAST SHOW」 [映画評]

この映画を監督されたのは水谷豊さん。
超大物俳優である水谷さんが40年越しで温めてきた企画だという。
俳優出身の映画監督というと、ハリウッドではクリント・イーストウッドの名前が浮かぶ。
メル・ギブソンもそうだ。
日本では、伊丹十三さんが代表だろうか。
竹中直人さんも評価が高い。
一方、イタイ作品を残して早々に撤退された方も少なくない。

映画に携わっている以上、自分の作品を作りたい、という欲求はふつふつと湧いてくるものだろう。
映画において、俳優の位置は非常に重要で、実際の収入も監督よりはるかに多いだろうが、結局映画は監督のものである。
撮りたい、という気持ちになるのもよくわかる。
しかし、俳優として才能がある方が、監督して才能があるとは限らない。
むしろ、ない方が多いだろう。

俳優として功成り名遂げた水谷さん。
64歳にして初めて監督をされるというのは、大きな賭けだったと思う。
駄作を生んでしまったら、大いに叩かれていただろう。
しかし、水谷さんは、その賭けに勝たれた。
実にいい映画を作られた。

あらすじは、
天才タップダンサーの渡(水谷さんが演じられる)は、舞台での事故で引退を余儀なくされ、酒浸りの生活を送っていた。ある日、付き合いの長い劇場支配人の毛利から、有終の美を飾るラストショーの演出を依頼される。
それぞれの事情を抱える若いダンサーたちとの厳しいレッスンが始まり・・・
という感じである。

劇場支配人を岸部一徳さんが演じられているが、多くの登場人物は実際のダンサー。
そのため、正直なところ芝居は微妙なところもあるのだが、タップは圧巻。
本作は、若者たちの這い上がりストーリーでもあるので、演技の粗削り感もかえって味になっている。

いろいろと障害が生じ、ショーの開催に大きな暗雲が垂れ込める。
しかし、なんやかんやありつつ、ラストにタップのショーが開かれることは、観る前からみんな了解している。
そこで、大団円を迎えることもわかっている。
だから、完全な予定調和なのだが、嫌な感じは全くない。
主要登場人物の背景もちゃんと描かれているので、思う存分感情移入できる。
描き方が甘かったり、ご都合主義だったり、時代錯誤だったりと、ツッコミどころも少なくないのだが、意思を持って作られていることが伝わってきて気持ちがいい。

出演陣では、劇場の事務員役をされていた、さなさんがよかった。
全く知らなかったが、この方、ダンスユニットを組まれていたり、お笑いコンビを組まれていたり、R-1グランプリに出たりされているらしい。

「TAP THE LAST SHOW」は、観るに値する映画である。
水谷さんのファンはもちろん、
ダンスファンの方、映画ファンの方も、迷わず足を運んでいただきたい。
完璧な映画とはほど遠く、ここをこうしたらという点も多々あったのだが、欠点を超越する熱量がある。
「相棒」の撮影などでご多忙のこととは思うが、次回作にも期待である。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

交流戦 パが8年連続勝ち越しも今年は勝った気がしない [ヨモヤ]

プロ野球の交流戦が終了した。
パ・リーグファンの私としては、毎年力が入る期間であり、今年も一喜一憂しながら見守った。
結果、
パ・リーグ56勝、セ・リーグ51勝となり、8年連続でパが勝ち越し。
最高勝率球団も、パのソフトバンクだった。

だから、まあ、ほっとしているし、うれしくもあるのだが、今年に関しては勝った気がしない。
最終日の日曜までもつれ、5勝差という僅差になったこともあるし、
後半でセに巻き返されたこともあるし、
試合内容でも押されている展開が多かったこともあるからだ。
勝ち越したとは言え、今年に関しては力の差は見せられなかった。
勝ち越せたのは、序盤の巨人、ヤクルトの不調ぶりがひどすぎたからとしか言いようがない。
もちろん、日本ハムの大谷の不在が響いた面もあるのだが、来年はアメリカに行っているかもしれないのだから、頼っていても仕方がない。

最高勝率となったソフトバンクは素晴らしかった。
なにしろ、和田、武田、千賀という投手三本柱を欠き、
内川、デスパイネという中軸二人もいなくなった中での戦いである。
普通のチームなら、ガタガタになってしまうだろう。
改めて、とんでもない層の厚さを感じた。
一方、予想していたことではあったが、ロッテの苦戦ぶりが目立った。
負けるのは仕方がないとして、負け方がよくない。
後半戦も厳しそうである。

セの各球団は、交流戦を止めたくて仕方がないとよく伝えられるが、今年の1試合平均の動員数は前年比0・4%増の2万9557人となり、過去最多を記録したとのことである。
交流戦がファンに支持されていることは、決して忘れないでほしい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

もはや「国民的行事」とは言えなくなったAKB総選挙 [ヨモヤ]

ここ数年、総選挙と言えば、衆議院議員選挙ではなくAKB総選挙の方がメジャーな存在になっている。
今年も、
豊崎美らSUNビーチで行われる予定だった開票イベントが、悪天候の影響のため中止になり無観客で実施されたり、
20位のNMB48須藤凜々花さんが結婚宣言をされたり、
2位のAKB48渡辺麻友が卒業を発表されたりと、
話題には事欠かなかった。
しかし、世間を巻き込んでの盛り上がりになったかというとそうではないだろう。
かつてほどの注目度はなくなったと言わざるを得ないからである。

勢いのなさが如実に表れたのが視聴率。
フジテレビがAKB選抜総選挙の生中継特番を組むのは6年連続とのことであるが、平均視聴率は次のような推移である。
2017年 13.2%(1位:指原莉乃)
2016年 17.6%(1位:指原莉乃)
2015年 18.8%(1位:指原莉乃)
2014年 16.2%(1位:渡辺麻友)
2013年 20.3%(1位:指原莉乃)
2012年 18.7%(1位:大島優子)

下がったといっても13.2%ならまあまあな気もするが、この数字は番組後半(後8・49~9・24)で記録されたもの。
後7・00~8・49の番組前半は、6.1%だったというから、かなり寂しい。

注目度が下がったのは、
「総選挙」という形態に目新しさがなくなり、
前田敦子さんと大島優子さんのライバル関係や指原莉乃さんの下剋上といったわかりやすいストーリーも見当たらなくなり、
山本彩さんや柏木由紀さんといった主力メンバーが選挙に参加しなかったことなどが原因であろう。
なんにしても、何年も続けていたらどうしても新鮮味は薄くなる。

来年は、指原さんも渡辺さんも総選挙には参加されないから、ますます小粒になる。
松井珠理奈さんや宮脇咲良さんが1位を狙う宣言をされていたが、一般的な関心を引き付けるまでには至らないだろう。

私は、コアなファンでもなんでもなく、10位に入ったメンバーでも、荻野由佳さん、惣田紗莉渚さん、岡田奈々さんといった方々は初めて見たくらいである。
だから、来年以降の開催についてとやかく言える筋合いは全くない。
ただ、こうした大騒ぎが嫌いではない。
一年間で、ここでしか見ないようなメンバーの方もおられるが、スピーチを聞いているとなんだか熱くなったり、応援したくなったりすることも少なからずある。
投票するためには、一定のお金を払わなければならず、その手法があざといともよく批判される。
そう言われても仕方ない仕組みであるが、そう言われても仕方ないことは主催者側もよくわかっているだろうし、投票している側もわかっていて参加している。
ならば、それはそれでいい気がする。

始まったものはいつかは終わる。
AKB総選挙も、そう遠くない将来に終わってしまうのかもしれない。
ほとんどの人になんの影響も及ぼさないだろうし、私の生活も一切変わらないだろうけれど、そうなったらちょっとだけ寂しい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

ラスパイレス指数はごくごく参考に  ~ まともな比較には全く耐えない ~ [公会計]

ネットをぶらぶらしていたら、
公務員の給料、都道府県・市町村別ランキング
なる記事が目に留まった。
「平成28年地方公務員給与実態調査結果」を基に、各自治体のラスパイレス指数から、地方公務員の給与をランキングしたものとのことである。
人の財布の中身は気になるものであり、こうした特集が組まれるのもわかる。

さて、この「ラスパイレス指数」とはどのようなものであろうか。
これについては、こんな説明がされることが多い。
すなわち、
「ラスパイレス指数とは、国家公務員の給与水準を100とした場合の地方公務員の給与水準を示したもの」
というわけである。
つまり、この説明を鵜呑みにしてしまうのなら、ごく単純化して言えば、ある自治体のラスパイレス指数が101だとすれば、国より1%高い給与をもらっていることを示していることになる。

ラスパイレス指数でみると、100を超えている自治体がゴロゴロある。
これだけを見ると、優秀な国家公務員の給与を、地方公務員の給与が上回っていることになり、それはいかがなものかということになる。
しかし、ラスパイレス指数は、実際にもらっているお金とはリンクしていない。

どういうことかというと、主に2つの点で現実を映していないからである。
一つ目は、
「国家公務員の算定では幹部や高給のスタッフ職の給与を除外しているのに対し、地方公務員は幹部の給与を含めている」
という点である。
国の算定では、多くの給与をもらっている人の分を外しているのだから、比較して地方の数字が高くなるのは当然であろう。
二つ目は、
「手当を含んでいない」
という点である。
わかりやすい手当に、「地域手当」というものがある。
これは、「物価等も踏まえながら、民間賃金の高い地域に勤務する職員に支給する」というもので、省庁のある特別区は20%、地方は0%のところも多い。
つまり、俸給が同じ300,000万円でも特別区に勤める国家公務員は60,000円の地域手当が支給され、地方は0円ということになる。
これだけで年間に直すと72万円もの額になるが、これを除外してしまっているのである。

だから、ラスパイレス指数は、あくまでも参考値として見るのが正しい姿勢であろう。
本気で差を調べるようとする場合には、
国と地方の比較にも使えないし、
地方間の比較にも使えない。
それをわかったうえで、一つの基準として持っておくというものだろう。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -
2017年05月|2017年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る