So-net無料ブログ作成
検索選択

祝!日本記録  ~ WBCの決勝で見たかった則本の雄姿 ~ [ヨモヤ]

楽天の則本昂大投手が1日の巨人戦に先発、
12三振を奪い、7試合連続2桁奪三振のプロ野球新記録を打ち立てた。
先制ホームランを浴びるなど、苦しい場面もあったが、徐々に調子を上げていき、7回、8回は6人の打者から5三振を奪う圧巻の投球だった。

則本の前の記録保持者は、近鉄時代の野茂英雄さん。
メジャーで大活躍した日本野球のパイオニアの記録を破ったことになる。
また、DH制のあるパ・リーグでの記録であることも、さらに価値を高めている。

則本といえば、今年春に行われたWBCでの苦闘が思い出される。
中心的な役割を期待されながらなかなか結果が出ず、本人も悔しい思いをしたことだろう。
私のシナリオでは、決勝で則本が完璧な投球をして優勝することで、2015年のプレミア12からのドラマが完結する予定だったのだが、準決勝で負けてしまったことによって、則本がやり返す機会は失われてしまった。
それは本当に残念なことだったが、今の快投の連続を見ると、ペナントレースを制することでWBCの無念を一気に晴らしてしまうのかもしれない。

則本は、投手としては小柄な部類に入る。
その小さな体をフルに使って投げ込む姿は、見ていて気持ちがいい。
惚れ惚れする。
若い選手たちの憧れの対象となるプレーヤーである。
怪我なくシーズンを投げ切り、日本記録を作った記念すべき年を飾ってほしい。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る