So-net無料ブログ作成

今年前半の私のテーマソングは、ミイラズの「NEW WORLD」 [ヨモヤ]

1990年代の後半から2000年代の初めにかけて、「アリー my Love」という海外ドラマがNHKで放送されていた。
アメリカのボストンを舞台に、女性弁護士・アリー・マクビールの巻き起こす恋愛や法廷でのドタバタを軽妙に描いた傑作コメディだった。
私はこの番組が大好きで、毎週欠かさず見ていた。
シーズン1については、DVDも買って繰り返し見た。

さて、このドラマの中でアリーのセラピスト(この人もめちゃくちゃな人なのだが)が、
「テーマソングを持て」
とアドバイスするシーンがある。
自分を鼓舞するようなテーマソングを持つと、精神的にいい作用があるというのである。
それを見て以来、ということもないのだが、私もテーマソングを探している。
時にオアシスだったり、サザンだったりするのだが、今年前半のテーマソングは、
ミイラズの「NEW WORLD」
で決まりである。

ミイラズって誰じゃらほい、という人も多いだろう。
The Mirrazと表記する、日本のロックバンドである。
2006年結成というから、それほど若いバンドでもないが、私も今年になるまで全く知らなかった。

彼らの音楽に触れたのは、
「NEW WORLD」 が、映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』のエンディングに使われたから。
胸にチクチク来る映画を見た後、エンドロールに被る彼らの叫びがピタッとはまった。

彼らは、悲しみが多く語られる時代だがロックバンドとして前を向くと歌う。
一方で、
「誰かに馬鹿にされんのはすごく怖いよ」
「知らない誰かに笑われるのはすごく怖いよ」
と不安も語る。
それでも、新しい世界に行くと高らかに宣言する。

なんとも口数の多い曲であり、しんどく感じる人も多いだろう。
永遠に流行らないタイプの曲かもしれない。
しかし、今年の私の心象にピタッとはまった。
是非一度お聴きいただきたい。
歌詞入りのPVで。
https://www.youtube.com/watch?v=FXLz1d3EK40

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る