So-net無料ブログ作成

人材確保が死活問題となる時代 [経済を眺める楽しみ]

いつの時代も、企業発展の基本は人材である。
いかに優秀な人材を獲得し、育て、確保し続けるか、ということに企業の命運はかかっている。
しかし、これからの時代は、それ以前の段階で厳しい競争となりそうである。
「とにかく人がいない」という時代の到来である。

厚生労働省が発表した6月の正社員の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.02ポイント高い1.01倍だったという。
1倍を超えて求人が求職を上回るのは、2004年の調査開始以来、初めてのことであるらしい。
これまでは、雇用が増えたと言っても非正規雇用が中心だったが、人材確保に走る企業は、正社員の求人を増やしている。

6月の完全失業率(季節調整値)は2.8%であった。
求職者と求人側の条件が折り合わないために起きる「ミスマッチ失業率」は、3%台前半と言われていることから、2.8%という数字は、働く意思のある人なら誰でも働ける「完全雇用」状態にあるとまで言える。

街角インタビューなどでは、
「景気がよくなった実感は全くない」
「一部の大企業以外、何も変わらない」
などと、のんびりしたコメントが聞かれがちだが、雇用の現場はそれどころではない。
時給をガンガン上げていかないと従業員が確保できない、従業員が確保できなければ店を開けない、工場を動かせない、そうなったら会社が成り立たなくなる、そんな時代が目の前に来ている。

物価が上がらず、デフレからの脱却は道半ばである。
しかし、賃金の上昇圧力はかなり高まっている。
人材確保競争が、手取り給与の増加につながり、経済の好循環を回す方向に作用するのか、人手不足倒産の方向に流れてしまうのか、ここ1~2年ほどが分岐点である気がする。
働き方改革とともに、雇用のあり方も見直していきたいところだが、そちらはまだまだであるようだ。
新しい時代にあった新しい雇用のあり方に変えていかないと、環境の変化に対応できないと思うのだが、労使ともに古い習慣や考えに固執されている感があるのが残念である。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

なんとか稲村亜美さんを超えた  ~ 120キロへ ここからが本当の勝負 ~ [120キロプロジェクト]

4月から取り組んでいる120キロプロジェクト。
50過ぎの腰痛持ちである私が、120キロのスピードボールを投げることを目指している。

学生の頃に野球経験はあるが、近年は草野球も何もしていなかったので、
4月:80キロ
5月:90キロ
6月:95キロ
7月:100キロ
8月:105キロ
10月:120キロ
と無理をせず伸ばしていく計画を立て、6月までは順調だった。
しかし、6月の半ば過ぎに腰をピキッと。
もともと腰痛持ちの私が、それなりに体を酷使するのだから、なんらか故障は発生するだろうと思っていたが、案の定。
一時は挑戦断念も頭をよぎったが、なんとか腰の状態は回復し、7月に100キロのノルマを達成した。

予定では、8月に105キロだったので来週以降でよかったのだが、行けるときに行っておこうと、一足早く球速を測定。
幸いにも106キロを記録し、8月のノルマをクリアすることができた。
H29.7.30.jpg

106キロと言えば、神スイングでおなじみであり、全球団始球式を目指しておられるタレントの稲村亜美さんの最速103キロを超えたことになる。
稲村さんは女性であるが、私よりもはるかに若く、サイズも大きく、野球経験もお持ちで、野球への向き合い方も真摯な方である。
稲村さんは110キロを目指しておられるらしいが、120キロを目指している私が負けていてはどうしようもないので、なんとか超えられてよかった。

4月の挑戦開始時点で、105キロまでは何とか行けるのではないかと思っていた。
勝負はここからである。
正直なところ、プロジェクトは始めたものの、体力を維持するのさえ難しいこの年齢になって、今更120キロ超えは難しいものと弱気な気持ちもあった。
しかし、いろいろな人がキャッチボールに付き合ってくださり、投げ方にアドバイスもいただき、少しずつ球速も上がってきた。
目標の10月まであと2月ちょっと。
ご協力くださっている方々、応援してくださっている方々のためにも、なんとかやり遂げたいと思っている。

120キロ達成のためには、
筋力アップ、
フォームの改善、
が大切だが、もう一つ、「ケガをしない」ということに十分気をつけたい。
これから腰痛が再発したら、ちょっとしんどい。
肩や肘を壊してしまったら、完全に断念である。
頑張りつつ、頑張り過ぎない。
うまい寸止めを狙わなければ。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

申し訳ない気持ち 恥ずかしい気持ち 悔しい気持ちを忘れたくない ~ 中国人姉妹が殺された事件で思う ~ [ヨモヤ]

神奈川県秦野市の山林で20代の中国人の姉妹が遺体で見つかった事件で、姉妹の父親と兄が来日された。
この事件は、神奈川県秦野市の山林で、横浜市中区に住んでいた姉の陳宝蘭さんと妹の陳宝珍さんの遺体が見つかったものであり、すでに容疑者が逮捕されている。

以前なら、日本国内で外国の方が殺されたとあっては、
「せっかく日本に来てくれていたのに申し訳ない」
「日本人として恥ずかしい」
「守れなかったことが悔しい」
「国際問題になりかねない」
などと大きな話題になったところだと思うが、この事件についてはあまり大きく取り上げられていない印象である。
マスコミの方々にとっては、加計学園問題がなによりの優先課題なのかもしれない。

さて、この事件で亡くなった姉妹の父親と兄が来日されて取材に答えておられる。
その言葉を読むと、本当に胸が痛くなる。

父親は
「日本から連絡が入ったとき、その瞬間、家族全体が倒れてしまいました。最初は生きていることを望んでいましたが、みんなものすごいショックでした」
「小さいころから勉強がよくできて、先生からアドバイスを受けて日本に行きました。2人の娘を誇りに思っています。ものすごく礼儀正しい自慢の娘です」
と話した。
兄は
「両親の言うことをよく聞いて、物静かでやさしい自慢できる妹たちです」
と話したという。
自分の家族に起きたらと考えると、心が震える。

日本は治安のいい国である。
そして、その状況は今に至っても変わっていない。
犯罪発生件数などで見ると、さらに治安はよくなっている。
だから、この事件をもって治安の悪化を嘆くことはない。
しかし、今回このような事件が起きてしまったのも事実である。
どんな背景があるのか全く知らないが、結果は最悪であり、日本に来てくれた若い人たちの未来を絶ってしまったことは、本当に申し訳ない。

父親は
「毎日心が乱れて本当に後悔しています」
とおっしゃっている。
日本に送り出した自分を責めておられるのだろう。
そして、
「日本がこんな危ない国とは思いませんでした」
ともおっしゃっている。
素直な感想だと思う。
日本人として、恥ずかしく、悔しく、申し訳ない。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「ゴジラ」 [映画評]

名画座で、1954年制作の元祖「ゴジラ」を上映していたので観に行った。
私が生まれる前の作品であり、スクリーンで観るのはこれが初めてである。

こうした古い作品を批評するのは難しい。
名作とされているものはなおさら。
ある程度評価が定まっている面があるし、
現在の尺度で測るのはどうなのかという面もあるからである。
しかし配慮せず、素直に感じたままを書いてみよう。

率直に言えば、ガッカリであった。
去年公開された「シン・ゴジラ」の出来がとてもよく、大いに楽しませてもらったことから、オリジナル版にはそれを超える感動を求めるあまり、目線が大いに上がっていたから、落胆も大きかった。
きっと練りに練られた映画で、観終わった後には、先人への畏怖の念に包まれている、などと勝手に妄想を広げていたから、なおさら失望も募った。

ストーリーにも登場人物の行動にも説得力は全くなく、ハチャメチャな展開の連続。
ほとんど「トンデモ映画」の様相であった。
初めからこのぶっ飛び方を楽しもうという境地であったらよかったのだろうが、よくできた映画を期待していたから、なおさら粗ばかりが見えた。

「あの頃にしてはすごい」
という表現は、かえって作り手に失礼だろうと思うので使いたくない。
いいものは時代を経てもいいものであるはずだ。
映画として「ゴジラ」は、なっていなかった。
人間とゴジラの戦いに注目する以前に、自分の眠気との闘いに終始する羽目になってしまった。

もちろん、その後の怪獣映画の先駆けとなった作品であるから、いい点もある。
情け容赦なく暴れまくるところは映画的興奮があるし、被害を受けた側の苦しみもきちんと描かれている。
しかし、どんな映画にも多少なりといいところはあるもので、それをもっていい映画とはならない。

この映画を愛でる方は、反戦の要素がお好きなのだろうと推察する。
だが、どんなメッセージがあったとしても、映画そのものがきちんと作られていなければ意味がない。

観なければよかった。
観なければ、
「世界中にファンがいるゴジラの第一作だから、きっとすごいものだろう」
と、誤解したままで生きていけた。
知ることは、時に罪である。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

最低賃金の引き上げは働く人には朗報も財政的には試練 [公会計]

賃金が上がった方がいいかどうか?
もちろん、上がった方がいいと考える人がほとんどだろう。
経営者側としては厳しいかもしれないが、売り上げが伸びている状況での無理のない範囲なら、許容すべき話のはずだ。
経済全体としても、
賃金が上がる、
消費が増える、
物価が上がる、
賃金が上がる、
といった循環が生まれることが期待される。

非正規雇用を含む労働者の賃金引き上げにつながる最低賃金の目安額について、厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」の小委員会が、全国平均で25円(3.0%)の引き上げを決めた。
目安通り引き上げられれば、全国平均で最賃の時給は848円となる。
3%以上の引き上げは2年連続で、上げ幅は、日額から時給に変更した02年度以降で過去最大を更新したという。
850円の最低賃金が十分とは思えないが、この額を基準にしていろいろ賃金が決められていく面もあるので、朗報といっていいだろう。
実際、街中などでの求人を見ても、このところかなりの上昇傾向にあることが見て取れる。

ただし、自治体などの財政を預かる人にとっては、喜んでばかりもいられない。
賃金の上昇が税収に反映されるのはかなり先のことと思われるなか、目の前の支出は確実に増えるからである。
臨時職員の方への賃金のほか、
各種委託料や工事請負費の人件費部分などが上昇すれば、
その分だけ財政を圧迫することになる。
3%の上昇は、小さな数字ではない。

誰もが嬉しいはずの賃金上昇のニュースを見ても、喜びも中くらいなりとなってしまうのが、財政担当者の性である。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

議員が出産したらいけませんか [ヨモヤ]

1998年から続いているテレ東の朝の看板番組「ニュースモーニングサテライト」。
私は、開始以来ずっと見ているが、実に素晴らしい番組である。
さて、その初代キャスターは、矢吹藍子さんという方だった。
矢吹さんは、得意の英語を駆使して、ニューヨークの市場関係者の本音にぐいぐい迫られていた。
まさに矢吹さんあってのモーサテだったし、矢吹さんが作った番組の流れは、今も受け継がれていると思う。
そんな大黒柱の矢吹さんが、週明けいきなり画面から消えたことがあった。
聞けば、出産されたのだという。
前の週の金曜まで出演されていたのに・・・。
画面では上半身しか映らないため、妊娠には全く気付かなかった。
人それぞれなのだとは思うが、場合によっては出産直前まで働けるものなのだと驚いた。(早産だったらしいが)

無所属の鈴木貴子衆院議員が第1子妊娠を自身のブログで公表されたところ、祝福の声のほか、厳しい言葉を浴びているという。
なんでも、
「任期中に妊娠なんていかがなものか」
「公人としての自覚がない」
「職務放棄」
「これだから女性議員は……」
など、いろいろらしい。
なお、鈴木議員は、妊娠を公表されただけで、現段階で活動を休止されているわけではない。
矢吹さんの例にならえば、議員活動はまだまだ続けられるだろう。

鈴木議員に限らず、他にも同じような経験をされている女性議員もおられるらしい。
任期中に産休を取ったところ、「裏切り」「辞職すべき」などと言われたりするようなのだ。
「議員は選挙区の人の声を世に伝えることが義務であり、理由はどうあれ、議会を休んだらその義務が果たせなくなる。
それは投票した人からすれば、非常に残念なことである」
ということのようだ。

鈴木議員に投票された方はどう思われているのだろう。
裏切られた、と思われているのだろうか?
それとも、「おめでとう」「頑張って」と思われているのだろうか?
私は、後者がほとんどであると思うのだが。

この件については、鈴木議員を擁護する意見が多い。
しかし、せっかくのその意見に、「はら?」というものが混じっている。
例えば、
「これが、男性の議員だったらどうだったのだろう。公人としての自覚が足りない、職務放棄だというのだろうか」
という意見があったりするのだが、残念ながら男性は妊娠することができないから、何をおっしゃりたいのかわからない。
また、ある大学教授のコメントとして、
「妊娠を公表した鈴木議員が『職務放棄』と責められるのに、夜の会合をはしごする父親議員の『育児放棄』は問題にならない」
とあったりする。
もちろん、冗談めかしておっしゃっているのではあろうが、たとえ話として完全に間違っている。
ひいきの引き倒しとまではいかないかもしれないが、こうしたテーマの際、短絡的に女性蔑視的な議論に持ち込んでしまうと、論点がずれてしまうことがあるので気をつけたい。

人は多様であり、
人生もいろいろである。
議員にも、いろいろ経験していただいた方がいいと思う。
いろいろな方がおられた方がいいと思う。
任期中まるまる産休育休となるとさすがにどうかと感じるが、一定の期間お休みになるのは、プラスになる要素も多いのではないだろうか。

議員の責務を全うするのは、もちろん大切なことである。
それでも、新しい生命の誕生は、あたたかく迎えたいものである。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」 [映画評]

「ノーゲーム・ノーライフ」、略して「ノゲラ」は、榎宮祐さんのライトノベルを原作としたアニメ。
この映画は、「ゼロ」という言葉に象徴されているようにテレビアニメの前日譚という位置づけである。

私は、「ノゲラ」のことを全く知らない。(総合格闘家のノゲイラのことなら少し知っている)
完全に通りすがりの一見さんである。
公開前は、この映画を観るつもりはなかったのだが、Yahoo! 映画のユーザーレビューが異様な高得点(7月23日現在で4.7超え)だったので、足を運んでみようと思った。

正直なところ、Yahoo!映画のユーザーレビューの得点については、まったくあてにならないものと考えている。
歴史に残るような傑作が低評価だったり、
明らかな失敗作に思わぬ高評価がついたりするのが、
しょっちゅうだからである。
また、公開前の映画に異常な低評価がついていたりすることが少なくないのも不愉快な点である。
だから今作も、ユーザーレビューの評価が高いからといって、過剰な期待は持っていなかった。
ただ、この高評価が正当なものかどうか、ちょっと確かめてみたい気もした。

「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」は、原作ファンやアニメ版のファンにとってはたまらない作品なのかもしれない。
かもしれない、というのは、そう思わないと評価の高さが理解できないからである。
一見さんにとっては、そこまででもない。
散々に酷評するほどのことはないが、少なくとも歴史的な傑作であるとは全く思えない。
特に前半は、しっかり体調を整えておかないと、こっくりしかねない。

人間と機械の純愛が描かれ、そこにグッとくるのはわからないでもない。
私にも、グッとくるところはあった。
ただ、グッとくるのといい映画であるのとは違う。
まあ、私のような一見さんがとやかく言うのは野暮な映画なのだろう。

先にも書いたように、Yahoo!映画のユーザーレビューを信用してはいない。
ただ、参考にすることはある。
本作の評価が高いのは、好きな人が観に行かれて心から感動されているのだろうからそれはそれでいいとして、観てもいないと思われる人の★の数がそのまま得点に反映されている映画が多いのはいかがなものだろうか。
高い場合も低い場合も、特異値が多過ぎるように思う。
それがネットなのだと割り切ってしまえば早いが、いい映画を多くの人に観てもらいたい、悪い映画はそれなりの評価を受けてもらいたい、と考えるものからすると、今一つしっくりこないのである。

nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

速い球を投げるための理論は大体頭に入った [120キロプロジェクト]

今年の4月から、個人的に勝手に取り組んでいる120キロプロジェクト。
50過ぎの腰痛持ちである私が、120キロのスピードボールを投げることを目指している。
野球経験はあるものの、ちゃんとした投球練習など何十年もしていなかったから、
4月:80キロ、5月:90キロ、6月:95キロ、
といった具合に徐々に伸ばしていき、
最終的に10月に120キロに到達することを目指している。
4月、5月は順調だったが、6月に案の定腰痛を発症し、一頓挫あった。
しかし、それほどのものではなく、プロジェクトは継続中である。

球速アップを目指すと言っても、
部活でもないから投げ込みはできないし
腰痛のため走り込みもできない。
腰に注意しながらの上半身の筋力アップと合わせ、フォームの改善で球速を上げたいと考えている。

考えてみれば、子供のころ、フォームについてアドバイスを受けた経験はほとんどない。
上から投げろ、肘を前に出せ、手首を使え、
程度のことは言われたが、技術的な指導はほとんどなかった。
強いチームではちゃんと指導されていただろうが、そうでないところは、どこも似たり寄ったりだったのではないだろうか。
とにかく走れ、
とにかく投げ込め、
だった。
それはそれで一理あるのだろうが、この120キロプロジェクトを始めて、あの頃にも、もっと合理的な練習があったはずだと後悔している。
この頃の高校野球では、プロに注目されていないレベルのピッチャーでも、平気で140キロ近くのボールを投げるが、それはきっとトレーニング法とともに、科学的な投球フォームの改善にも取り組んでいるからだろう。

竹内久外志さんの「150キロのボールを投げる!」
という本を読んだ。
150km.jpg
私の場合、150キロではなく120キロを目指しているのだが、話は大きい方が盛り上がる。

竹内さんは一般にはあまり知られていないが、長く高校生の育成に携わられてきた方で、投手の指導には定評がある方のようだ。
この本では、投球フォームやトレーニング法を解説し、球速を上げていくことを目指している。
トレーニング法の解説はかなり詳細なものであり、指導者がお読みになるといいかもしれない。
ハード過ぎて、私にはとても無理だが。

さて、120キロプロジェクト開始後、この本を入れて9冊ほどのピッチング技術向上に関する本を読んだ。
肘を上げる、壁を作るといった馴染みの理論のほか、
体の回転をいかに投げるところまでつなげていくかがカギ、
左腕(右投手の場合)の重要性、
内股に力を入れろ、
腕は体の近くを通せ、
など、若いころはあまり意識していなかったことも強調されていた。
一方、人によって異なる主張をされている部分があることもわかった。

もちろん、理解したからできるというものではない。
そんなことができるのなら、みんな150キロ投げている。
しかし、知らないで闇雲に投げるのとはわけが違う。
プロジェクトの目途としている10月まであと3か月。
頭に入れた理論を、少しずつ体に染み込ませていこう。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

パ・リーグはちぎれちぎれのひどいペナント・レース [ヨモヤ]

オールスターも終わり、学校も夏休みに突入。
本来なら、ここからが本格的にナイターを楽しむシーズンである。
しかし、パ・リーグのペナント・レースは、興ざめと言われても仕方がない展開となっている。
競っている順位がほとんどなく、ちぎれちぎれの展開になっているからである。

パのファンにとって、本当にありがたいのは、前評判を覆す楽天のがんばり。
この時期に、貯金を30近く抱え、ソフトバンクを抑えて首位に立っていると予想した人はいるだろうか。
打線はしっかりしているし、
則本、岸、松井という切り札を有する投手陣もなかなか。
まだしばらくは頑張りそうだ。

2位のソフトバンクは、相変わらずの底力。
一人や二人がけがをしても、あっという間に誰かが埋めてしまう。
上に1チームいるが、上々の戦いぶりと言っていいだろう。

3位の西武は、8つの貯金を持っている。
まずまずの戦いであるが、ソフトバンクまでは実に10ゲームもある。
これを追いかけられるとは思いにくい。

さて、普通なら、優勝は無理でもAクラス争いが盛り上がるはず。
それがなければ、クライマックス・シリーズをやる意味がない。
しかし、今年のパは、4位以下もバラバラの展開になっている。

4位のオリックスは、借金7つ。
3位の西武まで、7.5ゲームもある。
交流戦の序盤に見せ場があったが、その後は再びいつもの姿。
吉田が帰ってきて、打線はかなり強力だが、どうにも勝負弱い。
戦力的には上位陣にも脅威だと思うが、負け癖のようなものを感じる。

5位は、去年の日本一の日本ハム。
オリックスまで、なんと8ゲーム差もあるというぼろ負けである。
確かに大谷のケガは痛いが、それにしても負け過ぎである。
今年の戦いぶりには、大いに失望したと言わざるを得ない。

ぼろ負けしている日本ハムより、さらに3.5ゲーム下にいるのがロッテ。
セ・リーグでは、2度の10連敗以上を喫してヤクルトがあがいているが、実はロッテの勝率はヤクルトよりもまだ下である。
借金30で、チーム打率、防御率ともリーグ最下位。
ひどい負けっぷりである。

もちろん、どこのチームも全力で戦っているとわかっている。
それでも、この展開は、ファンにとってはあんまりだ。
特に、日本ハムやロッテのファンは、何を楽しみに応援すればいいのだろう。
熱心なファンは一試合一試合声を枯らして応援されているが、心の奥に寂しさがあるのは否めない
西武も、オリックスも、上も下もすっかり空いてしまっていて、試合の重みを感じながら見ることができない。
いい試合、盛り上がるペナントを見せるのがプロとして最低限の仕事であると思うが、本当にひどい展開である。

交流戦や日本シリーズを見れば、パの方がレベルの高い試合を見せていることはわかる。
しかし、今年のようなペナント・レースにされてしまっては、ファンはつまらない。
負けているチームのフロント、選手は、強く責任を感じてほしい。
しょうがない、で絶対に済まさないでほしい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

色っぽいと配信してはいけませんか?  ~ 宮城県の壇蜜動画 批判はいいとして ~ [ヨモヤ]

壇蜜さんが出演する宮城県の観光PR動画に、性的と取られかねない表現が含まれているとして、宮城県議会の女性議員が知事に配信停止を求めているという。
そういう方もいる、という話かと思ったら、全女性議員とのことで驚いた。
与野党を問わず、なのかと思ったからだ。
ただ、よく調べると全女性議員といっても7人で、民進党系会派の方と共産党系会派の方だった。

配信中止を求めた女性県議は、
「女性が性の対象として表現されている部分が多い」
「復興予算を投入したあの動画で、全国の人は県を訪れようとは思わない」
と、抗議されたという。

私も動画を見たが、確かに一度目は「かなり振り切ったな」と感じた。
しかし、二回目見ると、それほどでもなかった。
確かに、きわどいセリフもあるが、色めきたつほどのこともないように思えた。

民間ならともかく、県がエロいCMを作ることがどうなのか、という議論があるだろう。
税金を使ってやることか、との意見も当然出るだろう。
批判はいいと思う。
ただ、気に入らないから配信するな、というのは、いかがなものかとも思う。

ちょっと前には、サントリーも色っぽいCMで炎上したが、改めて見ると宮城のCMと比べたら、なんてことはなかった。
しかも、一民間企業でもあるし。
しかし、抗議を受けて、さっそく公開中止にしたらしい。
そそくさと。

色っぽいと、もう駄目だろうか。
色っぽいと、セクハラだろうか。
色っぽいと、女性蔑視だろうか。

作り手は、公開中止でいいのだろうか。
作り手は、魂を込めて作ったのではないのだろうか。

抗議を受けた宮城県は、しばらく配信は続けるという。
反省すべき点があれば反省するとして、抗議があれば中止というのはどうかと思うので、継続してよかったと思う。

繰り返すが、批判はいいと思う。
しかし、気に入らないから表現するな、というのはどうだろう。
もちろん、差別や犯罪を助長するようなものは論外だが。

壇蜜さんの宮城県PR動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=X9Gkus1V6wA

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る