So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

下値不安は限定的だが上値もなさそう ~日経平均20,000円が遠ざかる~ [経済を眺める楽しみ]

8月18日の日経平均株価の終値は、前日比232円安の19,470円。
これで3日続落となった。
前日アメリカ株式が大幅に下落していたことから、この日の下落は予測されていたが、スペインでのテロも心理的に影を落としたようだ。

19,400円台となると、約3カ月半ぶりの安値となるらしい。
トランプ政権誕生後、アメリカにつられる形でぐいぐい上昇し、一時日経平均も20,000円を突破したが、そこから先が重かった。
アメリカのダウは22,000ドルを突破したが。

この下げは、どうやら外国投資家が主導しているらしく、かなり売り越しているようだ。
そして、個人投資家もそれに追随してきたと分析されている。
北朝鮮リスクも、投資家心理を弱気にさせている。

しかし、それでも極端な下値不安はないのではないかと思う。
4-6月期のGDP成長率は、年率換算で4.0%と市場予想を上回ったし、
企業収益も好調である。
海外の経済指標も順調に推移していて、世界経済自体はまずまずである。
この状況では、それなりの振れ幅はあっても、ずるずると下落を続けていくということはないのではないか。

関東地方の天候不順は消費に悪影響を与えるだろうし、
トランプ政権の不安定さもさらにひどくなってきている。
こうして挙げるとマイナス要素の方が大きく見えるものの、日本株には割高感もないと思うので、海外勢が売りに転じているとは言っても、投げ売りのような状況にはならないだろう。
相場のムードに引きずられて業績がいいのにかかわらず下がる銘柄があれば、かえって買い時かもしれない。
といって、慌てて買う場面でもない。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

演劇評 「ナイゲン」 [ヨモヤ]

告白すると、演劇に偏見のようなものを持っている。
突然出演者が歌い出したり叫び出したりするのが苦手だ。
いかにも文化の最先端にいます的な客席が苦手だ。

そんな私が、急にお芝居を観に行った。
特にきっかけもなく、不意に。
夏休みだし、なんか変わったことしたいな、と思ったら演劇鑑賞が唐突に浮かんだ。
そして検索し、「ナイゲン」という芝居に当たった。
縁だ。
ナイゲン.jpg

「会議劇コメディ」というジャンルらしい。
13人の高校生が文化祭の出し物について、2時間話し合いまくる、という設定。
ある種の密室劇で、映画ファンならシドニー・ルメット監督の「十二人の怒れる男」を思い出すだろう。

演劇に偏見のようなものを持っている私は、始まるまで心配だった。
唐突に歌い始めたらどうしよう、
意味のわからない独白を始めたらどうしよう、
と思っていたからだ。
しかし、この作品に関してその心配は無用だった。
いや、ひょっとしたら、そんな芝居、今時まったく無いのかもしれないけれど。

2時間、ずっと面白かった。
最初から最後まで面白かった。
いろいろな伏線が最後に回収されていくのも愉快だった。

今年の公演は8月21日までだが、来年も上演されるという。
楽しい時間を過ごしたいなら、
夏休みの思い出を作りたいなら、
是非ご覧あれ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

書評 「あと少し、もう少し」 [読書記録]

「新潮文庫の100冊」という企画がある。
新潮社が毎年夏に行っているキャンペーンで、1976年に始まったというからかなりの歴史がある。
夏休みには読書感想文が宿題に出ることが多く、この100冊のなかから面白そうな本を選んだ経験のある人はたくさんいるだろう。
面白そうというより薄い本を選んだ人も少なくないだろうが。
夏に書店に行くと、必ずこのコーナーがある。
私もチラチラ見て、気になった本があったら買ってみたりする。
今年手に取ったのは、瀬尾まいこさんの「あと少し、もう少し」だった。

中学生の駅伝チームが題材。
と言っても、それほどの強豪校ではなく、地区大会で6位に入れるかどうかというチーム。
しかし、6つの区間を走るメンバーには、それぞれの物語があり、走る理由がある。
一人一人に、「がんばれ!」と声をかけたくなる。

突出したヒーローの話ではなく、等身大の中学生。
みな、幼く、弱い。
それでも精一杯強がって生きている。
支えを探して生きている。
そして、たすきにその思いをつなぐ。

この本は、電車の中でガーっと読んだ。
降りるべき駅まであと少しというところで、本ももう少しになった。
本に沈み、読み終わったとき、降りるべき駅は過ぎていた。
寝過ごしはたまにあるが、読み過ごしは初めてだった。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

負けたらその責任を取る それがプロ野球の監督  ~ 潔いロッテ伊東監督の引き際 ~ [ヨモヤ]

プロ野球ロッテの伊東勤監督が、今季限りでの辞任を表明した
「チームの成績がおもわしくなく、今シーズンかぎりでユニフォームを脱がしてほしいと球団側に伝えた。歴史的に負け続けているのがいちばんの理由です」
とのことである。
シーズン途中で表明したことについては、
オールスターの前からそう考えていて、本当は最後まで言わないつもりだったが、一部の報道で違う方向へいきだしているので皆さんに迷惑をかけたくなかった」
と話しており、続投の方向との記事が出たことがきっかけだったようだ。

過去4年間の成績は3位、4位、3位、3位。
2位以上はないが、ソフトバンクという常勝チームがあり、日本ハム、西武が上位に居座り、年によって楽天、オリックスも絡むという状況の中で、4年中3回Aクラスなら、十分に及第点だと思う。
戦力が十分とはとても言えないから、この成績は伊東監督の手腕によるところも少なくないと思う。

それでも、負けたら責任を取る。
それまでの年、どれだけよくても、あるシーズンにファンを失望させたら、黙って身を引く。
厳しいが、それがプロ野球監督の宿命だと思う。

ひどい外国人選手をあてがわれて、苦しいシーズンになってしまったが、負けたら言い訳はきかない。
とにかく、負け方が酷過ぎた。

負け方が酷いと言えば、日本ハムも同様である。
栗山監督は名将に近い存在だと思うが、今年の負け方はいかにも承服しかねる。
ロッテと比べるとかなり戦力が充実していながら、3年連続Bクラスに甘んじることがほぼ確実なオリックスの福良監督も、しっかり責任を取った方がいいと思う。

今年のパ・リーグは、AクラスとBクラスがはっきり分かれ、4位争いすらない。
負けているチームは、完全にファンを裏切っている。
プロとして失格である。
フロントを含めて猛省し、責任を取るべき人はしっかりとっていただきたい。
そして、こういうシーズンを繰り返すことだけは避けてもらいたい。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

山中慎介にもらった興奮は消えない [ヨモヤ]

日本は長期にわたるデフレに悩まされている。
出口は一向に見えない。
一方、ボクシングの世界チャンピオンは、超インフレである。
平成29年8月14日現在で、日本のジムに所属している世界チャンピオンは、なんと13人。
ここまで増えると、もう誰が誰やらわからない。
相当なボクシングファンでも、全員の名前は言えないだろう。

団体がいくつもあり、階級がやたらと細分化されているから、今の時代、世界チャンピオンになるだけでは、それほど評価されない。
もちろん、大変なことだろうとは思うけれど。
防衛するだけでも、それほど評価されない。
要は、強い相手と戦うかどうかである。

山中は、チャンピオンになった後、ダルチニアン、ロハス、ツニャカオと世界チャンピオン経験者とばかり戦い、防衛を重ねた。
回数より、強い相手を選ぶ新しいタイプのボクサーだと思った。
早い段階で、日本を飛び出すのかと夢を見た。
しかし、その後は、普通のチャンピオンとして防衛を重ねていった。
すごいことだとわかっている。
ただ、何か物足りなかった。
ここ2年ほどは、残念ながら衰えが見えてきた。

具志堅さんの防衛記録に並ぼうという試合が、ランキング1位のルイス・ネリというつわものでよかった。
1ラウンドから緊張感みなぎる試合だった。
KOされた4Rは、まったくガードが上がらず、打たれ放題になってしまったが、誰だっていつかは負ける。
セコンドがタオルを投げた判断については、今後もいろいろ言われるだろうし、私も理解できないが、かなり打たれていたことも事実である。

私は滋賀県の出身であり、山中への思い入れもひとしおである。
何度も声を上げたし、何回も興奮して叫んだ。
いいものを見せてもらった。
全盛期に、もっといい舞台を用意してあげられたら、という気持ちもあるが、スタッフも精一杯努められたと思う。

子供のころ、具志堅や輪島や石松に興奮した。
大場政夫にはギリギリ間に合わなかった。
辰吉も見たし、渡辺も、勇利も、畑山も見た。
内山も、長谷川も見た。
今、井上や田中を見ている。
山中にもいいものを見せてもらった。
何年たっても、忘れない。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

明らかに飛び過ぎ 今年の甲子園のボール [ヨモヤ]

今年の甲子園は大味な試合が目立つ。
一回戦から強豪校同士の対戦が目白押しで、点数的には競った試合も少なくないのだが、脈絡なくポカーンと出たホームランゲームを左右している印象もある。
とにかくホームランが多過ぎる。

大会第7日26試合を終えた時点で本塁打数は37本。
この段階で、前回大会の通算本塁打数に早くも並んでしまった。
!である。
去年の倍、ホームランが出ていることになる。
このペースでいくと、大会記録が更新される。

ホームラン量産の理由として、
・ウエイトトレーニングの強化による筋力アップ
・好投手がいない
などが挙げられている。
しかし、ウエイトの効果が今年になって急に現れるはずはない。
去年は、ビッグ3とかビッグ4とか言われた好投手がいたから、今年の方が投手の質は低いのかもしれないが、それにしても全国大会に出てくる選手のレベルが年によってそんなに違うはずがない。
むしろ、テレビで見ている限り、皆それなりのレベルにあり、見るからにダメな投手はとんと見かけなかった。

となると原因は、飛ぶボールが使われているから、という可能性が濃厚だろう。
ホームランのシーンを見ていると、先っぽだったり、詰まっていたり、崩されていたり、とてもスタンドに行くような打ち方をしていないものが少なくない。
それでも持って行ってしまう怪物級の高校生もいるが、そうではない。
特に注目されていないチームの特に注目されていない6番打者が、こつんと当てて広い甲子園スタンドに入れたりしているさまを見ると、「はれ?」と思う。
あれがホームランではピッチャーもかなわない。

ネットでは、「清宮ボール」などと言われているらしい。
清宮の新記録で大会を盛り上げようとした主催者側が、飛ぶボールを注文したというのだ。
清宮は予選で敗れてしまい目論見は外れたが、ボールはそのまま使われているという。

それは考え過ぎだと思うが、飛び過ぎていることは間違いない。
ホームランは野球の華であるが、しっかりとらえていないホームランは興ざめである。
今更ボールを変えることもできないだろうが、きちんと検証すべきだと思う。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

ビデオで見たらフォームは大してよくなっていなかった  ~ あと2月 体に覚えさせないと ~ [120キロプロジェクト]

50歳過ぎ腰痛持ちの私が、ごく個人的に取り組んでいる120キロの速球を投げるプロジェクト。
4月に80キロからスタートし、5月90キロ、6月95キロ、7月100キロ、8月105キロと伸ばしていく予定で開始し、
いろいろな人のサポートをいただきながら、ここまでは目標をクリアしてきた。
しかし、勝負はここからである。
105キロまでは肩さえ作り直せば何とか行けても、120キロはそれだけではたどり着けない。

本来なら、足腰から鍛えなおすところだが、腰痛持ちのため、走ることはできない。
柔軟体操や腹筋運動も、ちょっと怖い。
ここで無理をして腰痛を再発させたら挑戦断念になってしまう。
となると、フォームの改良だと思う。

いろいろ本を読み、ネットも漁り、YouTubeの野球関係の映像もチェックした。
速い球を投げるためのあるべきフォームの理論をある程度頭に入れたつもりだった。
実際、多少なりとも球速は上がった。
フォームもかなりよくなったはずと思っていたのだが、こうしてビデオで見てみると、なんだか全然ダメである。
https://www.youtube.com/watch?v=OM4-tEmzwtk

投げ切れた感じがないし、
体重は乗り切っていないし、
グローブを持っている方の腕も、相変わらずうまく使えていない。
肘の使い方も気になるし、
もっと内股に力をためたい。
せめて、もう少し前でボールを放したい。
腕が横振りなのが癪に障るし、
しなりも使えていない。

いい点は、
実物と比べてスリムに映っていること、
22秒あたりのところで、ワンバンの送球をさりげなくさばいていること、
などピッチングとは別のところ。

あと2月で、よくなるのだろうか。
沁みついた腕の振りが治るのだろうか。
せめて、左側の壁をしっかりすることと、背負い投げ的に投げ切ることはやり遂げたいのだが、あまりフォームにこだわりすぎるのもどうかという気もするし。
ううむ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

松山のメジャー制覇の機は熟している [ヨモヤ]

男子ゴルフメジャー最終戦、全米プロ選手権第2ラウンドが行われ、松山英樹が7バーディー、ノーボギーの64で回り、通算8アンダーの暫定首位に並んだ。

少し前なら、メジャートーナメントの2日目で日本人がトップに立ったら、それは大騒ぎだっただろう。
しかし、松山の場合、途中経過のトップはそれほどのニュースにならない。
何しろ、松山は、
アメリカゴルフ男子賞金ランキングで1位、
世界ランキングでも3位なのだ。

大会で松山が優勝しても、ゴルフ関係者は誰も驚かないだろう。
もともと、最有力候補の一人なのだ。
もちろん皆が目の色を変えて臨んでいるメジャー大会だから、優勝は簡単ではなく、今大会でもお預けとなるかもしれない。
しかし、ここ1~2年のうちにメジャー制覇はなされるだろう。
なされない方が不思議なくらいである。

松山が全米プロを制すれば、日本人として初のメジャー制覇になる。
もちろん、日本は大変な盛り上がりになるだろう。
しかし、ゴルフ界としては、起こるべきことが起こったといった反応になるのではないか。
松山は、すでにそういう存在である。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」 [映画評]

熱狂的なファンの多い、ジョジョの実写映画化。
賛否両論というより、否の声が圧倒的な中での公開。
予告編で
“この町、何かがおかしい”
という言葉が使われていたが、それをもじって、
“この映画、何かがおかしい”
などと言われていた。
「銀魂」はまあまあ成功したが、ジョジョは砕け散った、というのが公開前の風評だった。

しかし、観てみると、あれ、そうでもない。
結構楽しめる。
主役のジョジョを演じる山崎賢人は健闘しているし、
悪役の山田孝之、味方役の伊勢谷友介の両名は、期待通りの怪演ぶりで世界観にばっちりはまっていた。
驚いたのは汚れ系の役を演じた新田真剣佑で、いつものさわやか二枚目とは全く違う姿を見せてくれた。

もちろん、原作原理主義の方には、受け入れがたいキャラクターの改変もあるのだと思う。
しかし、漫画アニメと実写はあくまでも別物であり、かなりのところが変わるのはやむを得ないというより当然である。
そこを受け入れられないような狭量さを、ジョジョが喜ぶだろうか。

三池崇史監督は、「テラフォーマーズ」でしでかされたが、今作ではしっかり結果を出されたと思う。
第一章というくらいだから続編も作られるのだろうが、このテンションであれば二作目も期待できる。

完璧な作品であるはずもなく、辻褄が合わないところや、登場人物の行動が理解できないところなど、欠点も多い。
突っ込みどころも満載である。
それでも、夏休みに観る娯楽作品として、しっかり水準をクリアしている。
ジョジョファンの人も、食わず嫌いはもったいない。

派手なスタンド
芝居がかった臭いセリフ、
かみ合っているようなかみ合っていないような不思議な背景。
ひっくるめて楽しめる。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

マック(若しくはマクド)の業績急回復  ~ 手はある、ということ ~ [ヨモヤ]

日本マクドナルドホールディングスの業績が急回復しているという。
ここで発表された中間連結決算によれば、
最終利益が67倍の107億円と大幅な増収増益となった。
さらに、通期の純利益見通しを前期比3.7倍の200億円に引き上げ、
上場後で過去最高を更新する見込みであるという。

利益については、会計上のやりくりで何とかなることがあったり、特別利益があったりで、瞬間風速的に増加することはあるが、
売上高も前年同期比15.6%増の1212億円であるという。
しかも、1店舗当たり売上高(1~6月)も上場以来の最高水準というから、文句なしの好調ぶりである。

一時、マクドナルドは業績が悪化し、2014年、2015年あたりは、大幅な赤字を計上した。
期限切れの肉をナゲットに使用していたことが判明するなどしたことが大きかったが、それだけではなく、マックの戦略が、いやマック自体が完全に飽きられたのだと思った。
私は、もともとマクドナルドにそれほど行く方ではなかったが、ハンバーガーのハレの日感はとっくに失われ、安値競争一辺倒の時代も終わり、少子化も進んでいくというなかで、客がマックに戻る理由も見つからないのではないかと思った。
しかし、マクドナルドは復活した。

マクドナルドがやったことは、
店舗の清潔さの再徹底といった基本的なことから、
日本独自バーガーの開発など味へのこだわり、
名称の募集など消費者を巻き込んだ企画、
ポケモンGOとのコラボ、
などであり、
マックに行けば何か楽しそう、という空気を生み出すことに成功した。
一度凋落したブランドが復活するというのは並大抵なことではないと思うが、それをどうやらやり遂げつつある。
カサノバ社長
「成長局面に入った」
と自信を見せるのもわかる。

たまたまではあろうが、同様に不祥事を起こして業績が激しく落ち込んだベネッセも、増収増益に転じているようだ。
いずれも、プロ経営者と呼ばれた原田泳幸さんの退任後に業績を伸ばしている。
蒔いてあった種が実を結んでいるのか、原田さんの手法が時代に合わなくなっていたのか、そのあたりはよくわからないが。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ
メッセージを送る