So-net無料ブログ作成
検索選択

厳しい言い方をすればここまでのダルビッシュは期待外れ ~ ドジャースで化けてほしい ~ [ヨモヤ]

MLBレンジャーズのダルビッシュ有投手が、トレードでドジャースに移籍することになった。
日本のみならず、大物投手の移籍にアメリカもそれなりに沸いているようだ。

ダルビッシュのメジャーでのここまでの通算成績は、122試合で52勝39敗、防御率3.42。
6年目のシーズンだから、1年平均10勝できていないということになる。
2015シーズンを故障で棒に振っている影響が大きいのだが、故障も自己責任であり、本人もそれを言い訳にしようとは思わないだろう。
今年もここまで6勝9敗。
この成績では、とてもスーパースターとは言えない。

もちろん、ダルビッシュは一流のピッチャーである。
メジャー1年目に16勝を上げ、
2年目には奪三振王、
オールスターにも6年間で4回選ばれているのだから、リーグを代表するような選手の一人である。
それでも、ダルビッシュの持つ力からすれば、ここまでの成績は期待外れと言われても仕方がないのではないだろうか。

レンジャーズのバニスター監督は移籍するダルビッシュに対し、
「彼には幸運を祈り、記憶に残るようなすごいことを成し遂げてこいと伝えた」
と激励したという。
バニスター監督は、ダルビッシュに歯がゆい思いをしてきたのではないだろうか。
もっとできるはず、と思っていたのではないだろうか。
だからこそ、「記憶に残るようなすごいこと」をしろとハッパをかけたのではないだろうか。

ダルビッシュは、『週刊ベースボール』が実施した「球界200人が選ぶ歴代投手ランキング」で1位に選出された、日本の球史に残る投手である。
その選手の成績にしては、これまでのメジャーでの実績は物足りない。
これからの数か月間、ロサンゼルスの太陽の下ダルビッシュが躍動し、圧巻の成績を収め、ワールドチャンピオンの称号を手に入れることを楽しみに待ちたい。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る