So-net無料ブログ作成

「睡眠負債」を気にするよりも [ヨモヤ]

「睡眠負債」という言葉が流行語のようになっている。
しっかり寝ておかないと、その場は何とか乗り切れても、だんだん負債となって積み上がり、いつか大きな問題となってしっぺ返しを食らう、というのである。
十分な睡眠をとらないと長生きできないばかりか、心疾患や肥満、うつなどの原因にもなると脅される。

そうは言っても、埼玉や千葉から都心に通うサラリーマンは、なかなか平日に寝る時間を確保するのは難しい。
例えば、朝8時30分始業だとすると、8時15分には自席に着いていたいところである。
となると、会社への最寄り駅には8時には到着したい。
交通機関に要する時間を、待ち時間や乗り換えも含めて70分とすると、家を6時30分ごろに出る計算になる。
夜8時まで残業して、家に着くのが9時半頃とすると、そこから食事をして、風呂に入ると、一息つけるのが11時頃。
新聞読んだり、本読んだり、メールチェックしたりしていたら、あっという間に12時近くになるだろう。
6時前に起きるとすると、そこからすぐに寝ても6時間しか眠れない。
少し残業が長引いたり、飲み会があったりしたら、睡眠時間はさらに削られる。
これを平日に取り返すのは難しい。
休日に取り返したいところだが、「寝だめ」は効果がない、という説もあったりして、じゃあどうしたらいいの、と言いたくなる。

しかし、スウェーデン・ストックホルム大学の研究チームの発表によれば、
平日の睡眠不足は週末の朝寝坊で補える可能性があり、寿命を延ばす助けにもなり得る、
のだそうだ。
このチームの説によれば、週末に余分に寝ておけば、一定の効果が見られるというのである。
平日に睡眠を確保することが難しい会社員にとっては朗報と言っていいかもしれない。

もちろん、睡眠時間を確保するに越したことはない。
しかし、睡眠時間を守ることに躍起になって、今やるべきことがおろそかになるのはどうなのだろう。
若くても、若くなくても、目の前に目標があったら、多少無理をしてでもやった方がいいのではないかと思う。
なるかならないかわからない病気を心配して、やるべきことをやらずに睡眠時間を確保して、それでどうなるとも思えない。
健康のためだけに生きていても仕方がないように思うのである。
睡眠が大事、ということはしっかり理解しつつ、今しかできないことは、今やるべきとも思う。

nice!(3)  コメント(0) 

むしろ遅すぎた鳥谷の連続試合出場ストップ [ヨモヤ]

阪神の鳥谷の連続試合出場が、1,939試合で止まった。
鳥谷は、新人の年の9月から連続出場を続けていて、4月に亡くなった衣笠さんの2,215試合連続出場に迫っていた。
日本記録まであと276試合の段階でのストップ。
しかし、276試合というとまるまる2年かかるから、惜しいという段階ではない。

長く続いてきた記録が止まったのは残念だが、正直、むしろ遅すぎた。
鳥谷の今シーズンの成績は
打率.143
ホームラン0本
打点5
というもの。
とてもではないが、毎日試合に出る選手の成績ではない。

衣笠さんも、鳥谷の監督の金本さんも、鳥谷も、
終盤は連続試合出場のための連続試合出場をされていた。
それは美しいものではない。
ファンにも、他の選手にも、
そして野球という競技にも失礼だと思う。

骨折をおしての試合出場は、誇れるものではない。
毎日出ればいいというものではない。
出られるような成績ではない選手や、
大きな怪我をした選手が、
連続記録のためだけに試合に出てしまうと、賞賛すべき連続試合出場記録自体が意味のないものになってしまう。無理矢理の連続試合出場は、鳥谷で最後にしてほしい。
野球ファンとして、心から願う。

nice!(3)  コメント(0) 

勝間さんのカミングアウトで思うこと [ヨモヤ]

経済評論家の勝間和代さんが、ご自身のブログで、女性のパートナーと交際していることを明らかにされた。
お相手の増原裕子さんは、元タカラジェンヌの東小雪さんと、渋谷区の同性パートナー証明書の取得第1号になられた方。(その後、パートナー関係は解消されている)
LGBTについて積極的に発信されていて、アクティビストとして知られている。

勝間さんと言えば、一時期「カツマー」と呼ばれる信奉者を大量に生み出すほどの人気を誇っていた。
仕事バリバリ、
恋もバリバリ、
というイメージで、
「結局、女はキレイが勝ち」
というタイトルの本さえ出版されている。
2回の離婚を経験されていて、どちらかというと肉食系のイメージがあったのではないだろうか。
ちなみに、3女の母でもある。

勝間さんは
「同性を好きになることはずっと悩んでいたことですし、また、お付き合いが始まってからも、人にそのことを言えないことを悩んでいましたが、その2つの事実を公開することで、私も楽になるし、周りにも同じような悩みの人のヒントになる可能性があると思ったからです」
とブログに書かれ、カミングアウトを決断した理由を明らかにされている。

これまで、タブーなどなく、全力で駆け抜けてこられたように見える勝間さんだが、今回のカミングアウトは、
「人生で最大の勇気が必要でした」
とのことであり、揺れ動く気持ちがあったようだ。

さて、この記事に接して、世の中の方は、どう感じられただろう。
意外、驚き、疑問、不思議、困惑などなど、人それぞれだろう。
私はというと、なんというか、特別な感慨は湧いてこなかった。
「へえ」くらいな感じ。
勝間さんとしては、かなり思い切った決断をされたようだが、別に彼女に対する見方が変わることもなかった。
これが、身近な人なら、もっと感情的な揺さぶりはあるのだと思うけれど。

これから先、いろいろな人がカミングアウトされるのではないかと思う。
勝間さんのように縁遠い方なら「へえ」で済むが、親しい人の場合、どう接したらいいのか迷うだろう。
「自然に、自然に」
などと言い聞かせたら、さらにギクシャクしそうである。
だからこそ、ある程度シミュレーションしておきたい。
カミングアウトされた方の勇気に応えるためにも。
nice!(3)  コメント(0) 

今年の交流戦はパ・リーグ危うしか  ~ 今年もドキドキの季節 ~ [ヨモヤ]

5月29日から、プロ野球の交流戦が始まる。
今年は、昨年と同様に、各チーム18試合。
1カード3連戦で、3週間の開催となる。

2005年に始まった交流戦は、去年まで13年間続いている。
この間、
12回パの勝ち越し、
11回パのチームが最高勝率、
と非常にはっきりした結果が出ている。
2010年などは、上位6球団をパのチームが独占したことさえあった。
しかし、今年はどうだろう。
セが勝ち越すのではないだろうか。

パの不安要素は多い。
例えば、
・交流戦に絶対の強みを持ってきたソフトバンクが不調。しかも、投打の大黒柱である、内川、千賀、サファテを欠いての戦いになりかねない。
・日本ハムは、去年の不調を脱しているが、大谷が欠けた事実は消えない。
・楽天は、ここをきっかけにしないと、シーズンが終わるくらいの負け方をしている。

セも、巨人が乗れなかったり、ヤクルトが相変わらずだったりするように、いろいろ問題はあるが、全体的な底上げが進んだような気もする。

私は、個々のチームというよりパ・リーグのファンなので、交流戦の時期はいつもヤキモキしてしまう。
なんとか、今年も勝ち越してほしいと祈る。

しかし、交流戦の楽しみは、両リーグの対抗だけではなく個人の対決にもある。
今年で言えば、
・松坂対西武若しくはソフトバンクがあるか
・球界ナンバーワン投手菅野と球界ナンバーワン打線西武との激突はあるか
・DeNAの新人左腕 東は、ソフトバンクの柳田や日本ハムの近藤を抑えられるか
・菊池対筒香の対戦はあるか
・今年も、則本の奪三振ショーが見られるか
などなどである。

メジャーでは大谷と田中の対決が注目され、
テニスの全仏が始まり、
6月14日からは、サッカーのワールドカップという世界的ビッグイベントが始まる。
それはそれとして、交流戦でドキドキの日々を過ごそう。

nice!(3)  コメント(0) 

私たちは「井上を見た」と自慢できる選ばれた世代 [ヨモヤ]

日本ボクシング史上最強の選手は誰だ?という話題になると、ファイティング原田さんの名前が上がることが多い。
「黄金のバンタム」と呼ばれたエデル・ジョフレを破った選手であり、ボクシングの殿堂入りしている。

具志堅用高さんの名前を挙げる人も多い。
13回連続防衛の記録を持っており、「100年に一人の天才」と言われていた。

現役王者のまま事故死してしまった「永遠のチャンプ」こと、大場正夫さんのファイトを高く評価する人もいる。
どの試合も、すごい熱量だったらしい。

私は、具志堅さんは見ていたが、原田さん、大場さんはリアルタイムでは見ていない。
オールドファンに、「原田を見た」「大場を見た」と言われると、無性にうらやましい。

近年では、西岡、長谷川、山中、内山、井岡など名王者が出たが、史上最強とまで呼ばれるインパクトがあるかというと、そこまでではない気がする。

しかし、私たちの世代には、井上尚弥がいる。
その強さは、まさに破格である。
日本人歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇という記録もすごいが、試合のインパクトも半端ではない。
常に高みを求めて戦う姿勢も、今の時代にふさわしい。

井上尚弥は、20年後「俺は、井上を見た」と自慢できる存在である。
「野茂を見た」「イチローを見た」「武豊を見た」「羽生を見た」「内村を見た」・・・・
と同じようなニュアンスで。
日本の怪物から、世界のスーパースターへ。
井上は、猛烈なスピードで駆け上がっている。

nice!(3)  コメント(0) 

イニエスタ1人の年俸 = サンフレッチェ広島 + 柏レイソル + コンサドーレ札幌 + 湘南ベルマーレ + サガン鳥栖 + ベガルタ仙台 + V・ファーレン長崎 [ヨモヤ]

かなり前から噂されていたが、バルセロナに所属していたイニエスタのヴィッセル神戸への移籍が実現した。
世界的な名選手であり、サッカーファンの皆さんは、大いに楽しみが増えたと喜んでいるだろう。

それにしても驚くのは、その年俸。
諸説あるようだが、35億円くらいとされている。
どこかで聞いた数字だが、35億!

ちなみにこの数字は、J1所属チームの年俸が少ない下位7チームの総額合計とほぼ同じである。
それぞれのチームの年俸総額は、以下のようであるらしい。

サンフレッチェ広島:年俸総額 7億460万円
柏レイソル    :年俸総額 6億8000万円
コンサドーレ札幌 :年俸総額 5億8020万円
湘南ベルマーレ  :年俸総額 5億4240万円
サガン鳥栖    :年俸総額 3億9500万円
ベガルタ仙台   :年俸総額 3億7700万円
V・ファーレン長崎:年俸総額 3億20万円

上記7チームに100人を超える選手がいるだろうが、全員総額がイニエスタ一人の年俸とどっこいということになる。


プロ野球では、ソフトバンクの年俸総額が突出していて総額63億円だが、一番少ないロッテは21億円。
つまり、こちらもチームの総額がイニエスタ一人に及ばない。

もちろん、イニエスタは、価値のある選手なのだと思う。
しかし、それにしても、と思わなくもない。
日本のスポーツ選手の年俸が低過ぎるのもしれないが、ううむ、それにしても。

nice!(2)  コメント(0) 

日本にも来るか 「eスポーツ」の大波 [ヨモヤ]

私が学生の頃、パックマンというコンピューターゲームが流行した。
私もかなりやり込み、右手には、「パックマンだこ」ができた。
残念ながら私は大したプレーヤーにはなれなかったが、うまい人は、超人的にも見えるテクニックを披露していて、そうした人の周りには黒山の人だかりができることもあった。

「eスポーツ」は、それの規模が大きくなったものと言えるだろうか。
Wikiによれば、
「複数のプレイヤーで対戦されるコンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称」
と定義されている。
海外では、大変な人気を博しているようで、有名な選手となると、年収1億円を超えることもあるらしい。
世界の市場規模は2019年の予測で1300億円を超えるという。
日本では、格闘ゲームの梅原大吾さんが有名で、私も本を読ませていただいたが、まだまだメジャーな分野とは言えない。
日本に向いている分野とも思えるだけに、もっと盛んになっていいのではないかと感じる。

そんなeスポーツに、大きな起爆剤となるかもしれないイベントが発表された。
2019年の「いきいき茨城ゆめ国体」で、文化プログラムの一環としてeスポーツ大会が開催されるというのである。
名付けて「eスポーツ in IBARAKI」。(そのまんまだが)
種目は、『ウイニングイレブン』シリーズで、1チーム3人のチームで対戦をし、日本一を決めるのだという。
国体と同様に青年の部と、高校生が参加できる少年の部に分け、日本eスポーツ連合が予選会を各都道府県で行うというから、本格的である。

eスポーツについては、将来的にオリンピックの種目になる可能性もあるとされている。
競技人口が多く、観て楽しめるという点では、オリンピックにピッタリとも言えるから、あり得ない話ではない。
eスポーツはスポーツなのか?
といった論争もあると思うが、何がスポーツかを議論し始めると平行線になってしまう気がする。
むしろ、世界の潮流に乗っていきたい。

nice!(3)  コメント(0) 

1970年代 西城秀樹さんが音楽の入口だった [ヨモヤ]

歌手の西城秀樹さんが亡くなられた。
63歳だった。

「ちびまる子ちゃん」の中で、西城秀樹さんが当時のトップアイドルとして描かれているが、確かにあの世代(私もそう)にとって彼の存在は大きかった。
新御三家として、郷ひろみさん、野口五郎さんと並び称される存在だったが、西城さんは、「絶唱型」として音楽面の訴求が強かった。

西城さんがブレイクした「情熱の嵐」が発売されたのが1973年。
当時、グループサウンズはピークを過ぎていた。
フォーク・ソングは人気があったが、その世界観は子供が入っていけるものではなかった。
1978年にサザンが登場するまでロックバンドも一般的な人気を獲得する存在ではなかったから、子供たちが音楽に触れるのは歌謡曲がほとんどだった。
そして、歌唱力の高い西城さんは、音楽の入口ともいえる存在だった。

もちろん西城さんはアイドルとして活躍されていて、ミュージシャンとして認知はされていなかった。
しかし、どのように認知されていようと、子供たちは素直に影響される。
西城秀樹さんに憧れて育ったロック・アーティストによる
『西城秀樹ROCKトリビュート KIDS' WANNA ROCK!』
なるアルバムが作られたのはそのわかりやすい発露である。
T.M.Revolutionさんも、西城さんへの思いを語られていた。

「薔薇の鎖」でのマイクスタンドパフォーマンスも印象深い。
「ヤングマン」での狂熱は今でも瞼に焼き付いている。
西城秀樹さんは、多くの人間に影響を与える、スターらしいスターだった。
お亡くなりになった後も、西城さん的なものは、脈々と受け継がれていく。
nice!(3)  コメント(1) 

案の定としか言いようがない北朝鮮の対応  ~ 日本的には意外性は全くなし ~ [ヨモヤ]

北朝鮮国営が、予定されていた韓国との閣僚級会談を中止すると一方的に発表した。
理由は、米韓両軍が始めた定例の共同訓練を
「意図的な軍事挑発」
とみなしてのこと。
米朝首脳会談についても、
「改めて考慮せざるを得ない」
として、中止を示唆したという。
「トランプ米政権が一方的な核放棄だけを強要しようとするなら、われわれはそのような対話にもはや興味を持たないだろう」
とも警告しているらしい。

この件について米CNNテレビは
「トランプ政権は北朝鮮の発表に、完全に意表を突かれた」
と報じたというが、北朝鮮との付き合いの長い日本としては、何の意外性もない。
そんなこともあるだろうなあ、
と思うし、
あの国らしいなあ、
とも感じる。
既視感満載である。

交渉前にハードルを上げるのは、トランプ大統領の常套戦術でもある。
交渉上手を自任している両国が、足元を見合っている感じであろうか。

この先、米朝首脳会談が実施されたとしても、似たようなことは繰り返し起こるだろう。
北朝鮮とはそうした国である。
これが、あの小さな国が世界を相手に立ち回るための処世術でもある。

顔をつぶされた格好のトランプ政権がどう出るか。
やられっぱなしというわけにはいかないだろうが、中止になった場合のダメージはアメリカ側にある気もする。
日本にとっても全く他人ごとではないだけに、注目せざるを得ない。

nice!(3)  コメント(0) 

一年目から波乱万丈の清宮劇場 [ヨモヤ]

今年の野球界の最大の話題はエンゼルスの大谷ということになるだろうけれど、国内での注目はとなると、日本ハムの清宮だろう。
高卒ルーキーであり、一年目から大活躍というのはなかなか難しいところだが、開幕から1月半ほどで、すでにいろいろな話題を振りまいている。

まず、オープン戦は散々だった。
なんともはや、7試合19打席ノーヒット。
これだけ打席に立てば、1本くらい出そうなものだが、いい当たりもほとんどなかった。
さらに、限局性腹膜炎の影響で入院と、目も当てられない状況だった。

開幕を2軍で迎えるも、12打席ノーヒット。
オープン戦から31打席ノーヒットとなったわけだが、ピッチャーならともかく、野手でこれだけ凡打を続けるのも珍しい。

しかし、13打席目に1本出てからは、ポンポンと快音が続くようになり、あれよあれよとホームランを4本。
あっという間の1軍昇格となった。

1軍では、デビュー戦からヒットがつながった。
苦しんでいたオープン戦やファームでの試合が嘘のように、デビュー戦から7試合連続安打。
これは、ドラフト制後の新記録だという。
しかも、7試合目のヒットは特大のホームランで、これはどこまで記録を伸ばすのかと注目された。

しかし、そこからは再び谷底。
ぱたりと快音が聞かれなくなり、19打席連続ノーヒット。

これはもう、好不調の波が大きいという次元を超えている。
絶叫系ジェットコースター並みの浮き沈みである。

もちろん、これは自慢できることではない。
レギュラーとしてしっかり打線に入ってチームに貢献するためには、コンスタントに力を発揮する必要がある。
なのだが、この大味な展開も、清宮に関してはスターならではなのかと思わせてしまう。

日本ハムは、若手選手が育つチームだし、
栗山監督の育成の手腕も特筆もの。
これからどんな物語が紡がれるのか。
清宮劇場は、まだ始まったばかりである。

nice!(3)  コメント(0) 
メッセージを送る