So-net無料ブログ作成

映画評 「ミックス。」 [映画評]

「ミックス。」は、私の選ぶ今年の予告編大賞。
1分半の特報が劇場で公開されていたが、これが実によかった。
なんもかんも盛り込まれ、面白さが約束されている感じ。
映画を楽しむためには、あまり期待を高め過ぎないというのが鉄則だが、あの予告編では期待を高めざるを得ない。
そして、予告編どおりやってくれるだけで楽しめるはずだ。

映画は、期待どおりだった。
期待以上というまでにはいかなかったが、期待どおりなら十分である。
笑いあり、感動ありの、実にわかりやすい作品だった。

本作について、
「あり得ない」
「説得力がない」
「展開に無理があり過ぎる」
などと思う人もいるかもしれない。
というか、きっといるだろう。
しかし、堅いことは言いっこなしでお願いしますよ、ひとつ、という感じの映画である。
今作については、あれでよかったと思う。

ストーリーは、予告編をなぞったような感じで驚きはあまりない。
恋に破れた落ちこぼれコンビが卓球でミックスダブルスを組んで、
まあ、オチもわかるでしょ。
蒼井優さんのキャラ設定には度肝を抜かれたが。

主演は、ずっと人気のある新垣さん。
「逃げるは恥だが役に立つ」でさらに加速した勢いそのままに、映画を引っ張っている。
もう少し卓球がうまく見えれば言うことなしだが、まあ、そういう映画ではないと理解しよう。
共演の瑛太さんは、安定感のある俳優さんになられた。
遠藤憲一さんと田中美佐子さんの夫婦がいい味。
広末涼子さんは、もうベテランの域。
今回は脇役だが、主演で引っ張る彼女もまだまだ見たい。
永野芽郁さんには、なんだか変な役が回ってくることが多い気がする。
まだ10代であり、可能性を模索中という感じだろうか。
そして、強烈なのが蒼井優さん。
「家族はつらいよ」でも「東京喰種」でも、蒼井さんが出ると画面が引き締まる。

いい映画を観終わると、せっかくの作品だから、続編はやめてくれ、と思うことがある。
ちゃんと完結したじゃないか、と感じるからである。
「ミックス。」もきっちり完結したが、なんだか続編が観たくなった。
また、お気楽に、ありがちなストーリーを足してもらいたくなった。
肩の力を抜き切って、「はにゃ~」と楽しむにはいい映画である。
これはこれでいい。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「あゝ、荒野 前篇」 [映画評]

鬼才と言われた劇作家、寺山修司さんが書いた唯一の長編小説の映画化。
原作は1960年代半ばの新宿を舞台にしているらしいが、この映画では2021年、つまり東京オリンピックの翌年を舞台にしている。
そのため、東日本大震災や自衛隊の海外派遣など、原作になかった要素も盛り込まれている。

とにかく情報量、熱量の多い映画である。
ボクシング映画なのだが、それが中心ではなく、
テロっぽいことが起こったり、
自殺問題、
日韓問題、
孤児、
性、
吃音、
震災、
原発、
友情、
裏切り、
障害、
などなど、やたらめったらてんこ盛りである。
当然のように、前編ではそれらは回収されず、後編にぶん投げ。
前編を観に来ている客は、後編があることも承知しているのだから、ある程度は許容するとはしても、さすがにこれでは・・・。

また、奇遇に次ぐ奇遇が重なるのも、興ざめである。
もちろん、映画だから多少無理な展開があるのは仕方がないが、それにしてもこう重ねられると、ノーサンキューと言いたくなる。
熱い映画であり、なんでもいいからその熱さにほだされてしまうという手もありだろうが、私は乗り切れなかった。

主演は菅田将暉くん。
スーパー超売れっ子の菅田くんは、今年公開の映画だけでも、「キセキ -あの日のソビト-」、「帝一の國」、「銀魂」、「あゝ、荒野 前篇、後篇」に加え、11月には「火花」がスタンバっている。
どれもが大変な役どころであるが、すべてやり切っているから恐れ入る。
本作も、喧嘩、ボクシング、ハードな濡れ場と、俳優魂を全開。
共演は、韓国のヤン・イクチュンさん。
監督、脚本も手掛けられる才人のようだが、今作では気の弱い日韓のハーフを、見事に演じられている。
木下あかりさんの体を張った演技にも好感。
ユースケ・サンタマリアさんはそこにいるだけで安心できる。
男闘呼組におられた高橋和也さんは、存在感のあるいい役者さんになられた。

新宿が舞台の映画であり、新宿で見るのがお勧め。
肌感覚として伝わってくるものがある。
菅田くんのファンなら、行って後悔はしないだろう。
映画なんだから、2時間でしっかり完成品を作ってくれなきゃ、という人には全く向いていない。
後編を合わせて5時間付き合う覚悟を持っている人が観るべき映画である。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「アウトレイジ 最終章」 [映画評]

全部ではないが、たけしさんの監督作品は大体観ている。
初監督作品の「その男、凶暴につき」は衝撃的だったし、
「あの夏、いちばん静かな海。」の静謐な空気は忘れられない。
「Dolls」にも驚かされたし、
「キッズ・リターン」は、私が今まで観た数多くの映画の中でもベストの作品の一つ。
しかし、「アウトレイジ」シリーズはこれまで観たことがなかった。
評論家筋の高評価と反比例するように、あまり興行的には成功しないのがたけしさんの作品の特徴だったが、「アウトレイジ」はヒットした。
なのに、なぜか観てこなかったのだが、最終章ということで、記念に観ることにした。

期待して観に行ったが、期待を超えたかというとそうではなかった。
期待にたがわずとも行かなかった。
3作目の「アウトレイジ」だが、おそらく過去2作品の方が面白いのではないだろうか。
今作も捨て難い味を持っているが、ううむとうならされるほどではない。
リアリティを求める作品でないことはよくわかっているが、それにしても展開に無理があり過ぎる。
主人公の通そうとしている筋にも今一つ共感できない。

登場人物の思惑が複雑に絡まり合うのだが、それをきちんと物語に集約しているあたりには、脚本家としてのたけしさんの手腕の高さがうかがえる。
全体を貫くトーンのぶれなさには、監督としての熟練が見える。
しかし、だからこそもう少し遠くへ行けなかったかとの思いにもなる。
ラストも、腹に落ちなかった。

出演者には、西田敏行さん、大杉漣さん、岸部一徳さんなど、熟練の俳優さんが並ぶ。
濃ゆいメンバーばかりなのだが、印象に残ったのはフィクサー役を演じた金田時男さんという方。
俳優ではなく実業家らしく、セリフは少ないのだが、素の怖さが感じられた。

役者さんにベテラン勢が多いからなのか、
やくざ映画が好きな世代だからなのか、
客席には年配の人が多かった。
興行成績を見ると、アウトレイジは先週末のトップであり、前2作をも上回る出足らしい。
出来栄えと動員がイコールにならないのはよくあることである。

「アウトレイジ 最終章」は、アウトレイジファンへのけじめの作品なのだろうか。
続編があり得ないような形で完結させている。
前2作が好きな方は、あまり期待を高めないままにご覧いただきたい。
シリーズを通して観た人にしかわからない感慨があるだろう。
ぶらっと映画に行こうという人には、ちょい重い。
たけしさんの作品なので、映画ファンなら観る手はあると思うけれど。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「亜人」  ~ こりゃ面白い ~ [映画評]

この映画について、
「登場人物の行動がバカ過ぎる」
「生と死を扱う深いメッセージがない」
といった感想を持たれる方がおられるようだ。
まあ、そうかもしれない。
それに私も、人がバンバン死んでいく映画は好きではない。
さらに、
説明不足だったり、
展開が早過ぎたり、
ご都合主義だったり、
いろいろある。
だが、この映画に限っては、そんなことをとやかく言う気にはなれない。
だって、面白いからである。
最初から最後まで楽しめる。
こんな日本映画は珍しい。

ストーリーは滅茶苦茶である。
あり得ない展開の連続であるうえに、人物描写や背景説明がスカスカであるために、「はにゃ?」という箇所も少なくない。
しかし、この映画に関しては、その辺りのだらしなさが気にならない。
すっかり突き抜けているからである。

飛行機を使ったテロや、
繰り返される銃の乱射など、
無神経と思われるシーンが続く。
不愉快に思われる人もおられるだろう。
中途半端ではなく、きっちりやり切っているので、娯楽作の範囲で楽しむことができた。

倫理のかけらもない殺戮マシーンを演じる綾野剛さんが圧巻。
最後まで人間らしさに目覚めなかったところもよかった。
対抗する佐藤健さんもスパッと役にはまっていた。
綾野さんとの対決は見所十分。
元AKBとして出世頭とも言われている川栄李奈さんも輝いていた。

監督は、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行さん。
50歳を過ぎても、円熟というより、一層発散されている。
次回作以降にも期待が高まる。

「亜人」は、日本発のエンタテインメント作として滅多にないような出来栄え。
あれやこれやそれやなにやに気を取られず、スコーンと楽しんで観るべき作品である。
観た方がいい。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「ドリーム」 [映画評]

この映画の日本語タイトルでひと悶着あったことをご記憶の方もおられるだろう。
原題は「Hidden Figures」で、「隠された数字(若しくは人たち)」というものなのだが、これではピンと来ないからと、『ドリーム 私たちのアポロ計画』としたところ、
「マーキュリー計画を扱った作品なのに、なぜアポロ計画なのか」
との批判が相次いだのである。
結果、アポロ計画は外され、「ドリーム」だけになった。
それでも、原題とはかけ離れているが。

それはさておき、この映画は、アメリカで高い評価を受け、公開中の日本でも好評を持って迎えられている。
秋の良き日に観るには絶好の一本ではないかと思った。

そして、予想どおりにいい映画だった。
差別の中で前向きに奮闘する黒人女性3人を描いているのだが、甘いだけでもなく、辛いだけでもない、ちょうど観やすいところで物語は進んでいく。
もちろん、現実はもっともっと厳しかったのだろうが、差別の問題にあまり踏み込み過ぎると、この話は成立しなくなる。
3人にそれぞれ家庭があり、そこもきちんと描いている。
ちょっとうまく行き過ぎる感がなくはないが、努力に見合ったものを手にしたことがわかるから、納得感があり、すかっとする。

観終わると、原題の意味がすっと来る。
「ドリーム」は薄いなあ、と思う。

主演の女性3人は、それぞれタイプが違う。
よく知らない女優さんたちなのだが、実に魅力的に演じている。
上司役をケビン・コスナーが演じていて、映画の格を上げている。
62歳になられたそうだ。
女性上司役にキルスティン・ダンスト。
ずいぶん前から活躍しているイメージがあるが、まだ35歳。

ハリウッド映画らしく、セットや当時の風景の再現は完璧。
日本映画とは金のかけ方が違うと言えばそれまでだが、こうしたところはぜひ見習ってほしい。
映画の説得力が増す。

「ドリーム」は誰が観てもいい映画である。
特に、子供を連れて観に行くと、何かを感じてくれるかもしれない。
ただ、何年も心に残るような突き抜けた感動があるかと言えば、そこまでではない。
過剰な演出がなかったことにもよるのだろうが、もうワンパンチ欲しかった感もある。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years」 [映画評]

ビートルズが活躍したのは、1962年から1970年まで。
私は、リアルタイムの彼らを知らない。
マイケル・ジャクソンやプリンスやマドンナとは一緒に年を取ったし、
日本では、沢田研二も見たし、サザンとはずっぽし重なった。
スポーツでは、王、長嶋には何とか間に合ったし、野茂もイチローも目に焼き付けた。
ボクシングでは、アリもタイソンも、輪島も石松も具志堅も見た。
しかし、ビートルズと時間を共にできなかったのは、なんとしても無念である。
伝説としておさらいするしかない。

「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years」は、ザ・ビートルズ全盛期のツアーを中心に追ったドキュメンタリー。
イギリスでの突然の熱狂から、アメリカ進出、日本での公演、
ジョンのキリスト教をめぐる発言の騒動、
ライブ活動の終了など、
ジョンを除くメンバーのインタビューを交えながら時系列で映していく。
『ビューティフル・マインド』や『アポロ13』『ダヴィンチ・コード』などで知られるロン・ハワードが監督をしているから、単なる記録映画を超えた面白さも十分にある。

解散前には、メンバー間でもいろいろゴタゴタがあっただろう。
しかし、そこは描かれない。
ヨーコも全く出てこない。
しかし、本作においてはそれでいいのだと思う。
本作はあくまでも絶頂期について描いているのであり、ビートルズ顛末記ではない。

周知のとおり、ビートルズの曲は、ほとんどジョン・レノンとポール・マッカートニーによって書かれている。
では、この2人がいればビートルズであったかと言えば、そうではなかっただろうことがこの映画を見るとよくわかる。
当たり前のことだが、リンゴ・スターとジョージ・ハリスンが揃ってはじめてビートルズだったのだ。

それにしても、若いころの彼らは痛快である。
世界の歴史に残るような大騒動に巻き込まれながら、それを楽しみ、自らを茶化しているかのようでさえある。
インタビューの受け答えも軽妙で楽しく、これはみんなが夢中になるわけである。

映画では、メンバーのほかに、著名人にもインタビューしている。
ウーピー・ゴールドバーグ、シガニー・ウィーバー、エルヴィス・コステロといったそうそうたるメンバーが語るビートルズも興味深い。

映画では、ビートルズの数々のヒット曲が流れる。
これでもかと流れるのだが、それでも彼らの作った名曲のごく一部だから恐れ入る。

それにしても、彼らがいなかったら、この世界はどうなっていたのだろう。
大げさではなく、いろいろなことが変わっていたと思う。
ロックの歴史が変わっていたというレベルではなく、世界の歴史が変わっていたと思う。
彼らがいなければ、生まれなかったバンドがたくさんあったのはもちろんだが、
それどころか生まれなかった命もたくさんあっただろう。
もうこんなバンドは出てこない。
リアルタイムで見たかった。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「新感染 ファイナル・エクスプレス」 [映画評]

韓国発のゾンビ映画。
評判がよく、どうせ面白いだろうと思って観に行ったら、そのとおり面白かった。
最初から最後まで無駄に思えるシーンがなく、「ここをこうしたらよかったのに」と思わせるところがない、実によくできた映画だった。

舞台となるのは、韓国高速鉄道、いわゆるKTXである。
日本で言うところの新幹線(フランスのTGVの技術らしいが)であり、日本語タイトルもこれをもじっている。
原題は「釜山行」という意味だが、日本題にはゾンビ映画らしい馬鹿馬鹿しさがあって、これはこれで捨てがたい。

噛まれたら感染する、感染した人間が集団で襲ってくる、というゾンビの基本ルールを踏襲しつつ、いくつかの弱点も用意されていて、そこを利用して登場人物たちが生き残りを図る。
しかし、逃げようにも高速列車という密室が舞台になっているし、駅という駅もえらいことになっているから、八方ふさがり。
協力し合うべき乗客同士の反目もあり、ピンチの連続である。

主人公は、父と娘。
仕事ばかりで家庭をかえりみなかった男は、妻と別居中であり、娘に母に会いたいとせがまれ釜山行きの高速鉄道に乗り込み、災難に遭う。
男はファンドマネージャーをしていて、お金は持っているようだ。
ファンドマネージャーのステレオタイプは韓国でも健在らしく、なんだかおかしい。
そのほか、肉体派のおやじと妊娠中の綺麗なその妻、高校野球児と彼に告白した女子生徒、もぐりこんでいた浮浪者、といった面々がゾンビと闘う。
父と娘以外の登場人物については背景が描かれているわけではないが、設定とその行動だけでストンと来る。
この辺り、監督の手腕の高さがうかがえる。

日本を含め、世界中でゾンビ映画が作られていて、あらかた出尽くした感があるところだが、人の想像力には限界がない。
今作でもいろいろなアイデアがてんこ盛りにされていて、新しい驚きに満ちている。
映画を作る人にしてみれば、ゾンビ映画はやりたいことができるジャンルなのかもしれない。
私の好きな映画である「桐島、部活やめるってよ」でも、主人公の男の子が、『生徒会・オブ・ザ・デッド』というゾンビ映画を撮っていた。

私は、ゾンビ映画の愛好家ではないが、去年公開された日本映画「アイアムアヒーロー」も実に面白かった。
妙な表現だが、ゾンビ映画には夢がある、といったところだろうか。
本作はあまり多くの映画館で上映してはいないようだが、わざわざ観に行く価値のある作品だと思う。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「あさひなぐ」 [映画評]

映画「ヒロイン失格」は、本当に面白かった。
笑えて、しかも最後はじんと来て。
あの映画を見せられたら英勉監督の次作に期待する。
大いにする。
しかし、映画において期待というものは往々にして裏切られるものであり、この夏に公開され「トリガール!」には失望させられた。
毎年見ている「鳥人間コンテスト」についての映画で、私の故郷である彦根が舞台。
これだけ条件が揃ったにも関わらず、ちっとも楽しめなかった。

しかし、「ヒロイン失格」を作った人なら連続の失敗はないだろう。
「トリガール!」が残念だった分、「あさひなぐ」の方はいいのではないかと勝手に期待を膨らませた。
そして、その期待はまたもや空振りに終わった。

もちろん、今作が乃木坂ファン向けのライトな作品であることは理解している。
歴史的な傑作を作ろうという気持ちは、はなから誰にもない企画なのだろう。
それにしても、と思う。
この題材であればもっと面白くできただろうに。
乃木坂を使い、漫画原作を使い、となればそれなりの動員が期待できるから、いい作品を作れば多くの人がうなっただろうに。

「あさひなぐ」は、つまらなくて仕方がない、という作品ではない。
ありがちな設定ではあるが、青春スポ根ものとしてそれなりに楽しめるし、
コメディとしても0点ではない。
しかし、登場人物のキャラクター設定は不十分でふらつきっぱなしだし、
伏線的なものも全く活きてこない。
ラストも、ほにゃららー、という感じ。

見せ場となる薙刀のシーンも、さっぱりである。
これは、出演者の問題もあるだろうが、責の多くは作り手にあると思う。
とにかく雑なのである。
どうせ、アイドルのコメディ映画なのだからこのくらいでいいや、という感じが伝わってくる。
映画ファンとしては、愉快ではない。

主演は、乃木坂46のツートップとでも言うべき西野七瀬さんと白石麻衣さん。
そのほかにも、桜井玲香さん、伊藤万理華さん、生田絵梨花さんなど、乃木坂メンバーが出演されている。
皆、ちゃんと演じているが、正直、彼女たちに特別な印象はない。
スパルタ尼僧を演じられた江口のりこさんは、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」にも出ておられた。
演技派として、これから来る方かもしれない。
「ちはやふる」組からは、森永悠希くん。
今作では出番は多いもののわけのわからない役を当てられてしまったが、「ちはやふる」ではまた頑張ってほしい。

2作連続で外されて、さすがに英勉監督への信頼はなくなった。
楽しみにしていただけに残念である。
わかりやすくコメディ設定にして、早々に観客を引き付けるという手法は活きているのだが、その先がないと醒める。
映画はもっと遠くに連れて行ってくれないと。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」 [映画評]

「モテキ」「バクマン。」で連続ヒットを飛ばした大根仁監督の新作、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を観た。
前作の「SCOOP!」は私にはピンと来なかったし、脚本を手掛けた「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」も「はにゃ?」という出来栄えだったのだが、得意のフィールドで大根節が全開となっている。

漫画原作であり、全編コメディ。
キスシーンがやたらと出てきて、そこで引いている人も多いようなのだが、それも含めてニヤニヤ笑いながら観るべき映画。
「そんな奴いない」
とか
「中身が薄い」
とか思いながら観るものではない。

では、スカスカの映画かというと、そんなことはない。
自分らしく生きることってなんだ、
成長するってなんだ、
人を好きになることってなんだ、
などを伝える力も十分持っている。

また、雑誌編集部の空気や、
アパレル広報の現場など、
いわゆる業界の様子も楽しく描写されている。

奥田民生になりたいボーイを演じるのは、妻夫木聡さん。
「怒り」ではゲイを、「ミュージアム」では猟奇的殺人者をと、いろいろな役に挑戦されている。
今作は、そのままの感じでピタッとはまっていて、応援したくなるし、微笑ましくなる。
いい俳優さんである。
狂わせガールを演じるのは、水原希子さん。
ルックスが整い過ぎていることがかえってコミカルに見えてしまうことさえある彼女だが、今作ではそれが見事に活きている。
体を張ったはまり役であった。
脇を固めるのは、新井浩文、リリー・フランキー、松尾スズキといった鉄板の面々。
いつもながらきっちり仕事をされている。
女優の中の女優、安藤サクラさんの演技にも注目してほしい。

私は、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を十分に楽しんだ。
大根仁監督の才気が見えるいい作品であると思う。
特に、「大人」が楽しめる映画になっている。

私が観た劇場は「あれっ?」と思うほど人が少なかったのだが、どうやらそれはたまたまではなく、全国的に不入りのようだ。
この題材はウケなかったらしい。
しかし、観て損するような映画ではない。
ネットの不評や興行的な失敗を聞いて観に行くのをやめるのは惜しい。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

映画評 「三度目の殺人」 [映画評]

いい映画を作るのは難しい。
いわゆる巨匠が作れば必ずいい映画になるものではないし、
深刻な題材を扱えばいい映画になるものでもないし、
金をかければいい映画になるものでもない。
いい脚本、いい役者、いい監督という必然に、
いろいろな偶然が重なって、初めていい映画が生まれるのではないかと思う。

是枝裕和監督は、日本でも屈指の信頼感の高い監督である。
「誰も知らない」「そして父になる」「海街diary」「海よりもまだ深く」
と、評価の高い作品を次々に生み出している。
それでいて、一部のマニア受けではなく動員にもつながっている。
これはすごいことである。
そして本作「三度目の殺人」も、素晴らしい作品であった。
いい映画を作るのは難しいが、「いい映画」という枠さえも超えた作品であった。

裁判劇であるが、誰も救われない。
真実も、どこにも見えてこない。
誰が本当のことを言っているのか、
誰も本当のことを言っていないのか、
誰が誰を守ろうとしているのか、
何もわからない。
自分が考えるしかない。

はじめは、被告に寄り添うより裁判に勝つことだけを優先している福山雅治さん演じる弁護士が、一番冷たい存在に見えた。
しかし、いろいろな人の証言で振り回され、真実を探していくうち、最も人に近づこうとする人間になっていった。
だが、近づこうとすればするほど、真実は遠ざかり、人も遠ざかる。
正しい人間も、
正直な人間も、
どこにもいないようにさえ見えてくる。
それでも、裁判は進み、判決は出る。

被告役の役所広司さんは、いつも通りの、いやいつもにも増しての名演。
得体のしれない人間を、時に弱く、時に激しく、そして人間臭く演じられた。
いつもはつらつとしている広瀬すずさんは、今回は抑えた演技。
李相日監督の「怒り」に続き、陰のあるシリアスな役どころだが、こういうのもきっちりこなして、女優としての幅を広げている。
今話題の斉藤由貴さんが、なんだかそれっぽい役で出演されているのはご愛敬。

「三度目の殺人」というタイトルが何を意味しているのかも、人によって解釈が分かれるだろう。
意味深なタイトルで、
「チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール 」
などとはずいぶん違う。(両作とも嫌いではありません)
このタイトルの意味を考えるだけで、映画がさらに深まる仕掛けになっている。

いろいろな見方ができる映画で、人によって受け取り方が違うだろう。
観終わった後で話をしてみたら、「ああ、そういう見方もあるのか」「へえ、そう感じたんだ」などと映画がさらに広がるのではないだろうか。
2時間の尺の中に、いろいろな要素が散りばめられている。
どったんばったんした急展開はないが、映画的な楽しみ、悦びに満ちた良作である。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
メッセージを送る