So-net無料ブログ作成

映画評 「モリのいる場所」  【好きです、この映画】 [映画評]

タイトルの「モリのいる場所」の「モリ」とは、1977年に97歳で亡くなられた実在の画家、熊谷守一さんのこと。
「画壇の仙人」と呼ばれていたらしく、映画でも世間と極端に隔絶した暮らしぶりが描かれる。

熊谷さんは、何十年間も自宅の庭から外に出たことがないと言われていたそうな。
庭のあちこちを転々としながら、虫や魚を見て暮らされていた。
そんな熊谷さんのある一日を、淡々とユーモラスに描く。
大事件も起こらないし、大きな展開もない。
それでいて、まったく飽きなかった。

主役の熊谷さんを山崎努さんが、その妻の秀子を樹木希林さんが演じられている。
日本を代表する役者であるお二人が、その実力を存分に発揮されている。
そして、その演技をしっかり引き出し、映画に活かし切っている沖田修一監督の手腕も素晴らしい。

1974年の東京が舞台。
しょっぱな、お手伝いさんが樹木希林さんのそばで、沢田研二さんの「危険な二人」を鼻歌で奏でている。
1974年と言えば、「寺内貫太郎一家」が放送されていた時期で、樹木希林さんは悠木千帆名義で出演され、毎回沢田研二さんのポスターに向かって「ジュリー!」と叫ばれていた。
映画は、そんなちょっとした遊び心で満たされている。
ドリフターズへのオマージュもささげられていて、監督の当時の文化への愛が感じられる。
ドリフ関係のシーンはちょっと唐突なのだが、私は素直にクスっとできた。
もう一か所、突飛なシーンがあるのだが、それも私は楽しめた。

劇場内は、私を含め、それなりの年齢の方が多かった。
そうした方をターゲットにした映画であろうから、狙いは当たっているともいえるが、若い人もこの映画を観ないともったいない。
何も起きないが、十分に刺激的だと思う。

最近観た映画では「孤狼の血」という映画が非常によかったが、えぐい暴力シーンが数々あり、観る人を選ぶ感があった。
「モリのいる場所」は、正反対の意味で観る人を選ぶ感もあるが、誰かにお勧めするにはこちらの方が無難と言えば無難である。
忙しい毎日に疲れたら、ふらっとモリの世界をのぞいてほしい。
大切な誰かと一緒に、いつくしみ合う気持ちを確かめ合うために、モリの場所を確かめてほしい。

nice!(2)  コメント(0) 

映画評 「四月の永い夢」 [映画評]

「四月の永い夢」と言われても、そんな映画知らないなあ、という人がほとんどだと思うが、本作は、第39回モスクワ国際映画祭で2冠に輝いた作品であるという。
邦画好きとしては、観てみたくもなろうというものだ。

映画のHPで公開されているあらすじは、
「3年前に恋人を亡くした27歳の滝本初海。音楽教師を辞めたままの穏やかな日常は、亡くなった彼からの手紙をきっかけに動き出す。元教え子との遭遇、染物工場で働く青年からの思いがけない告白。そして心の奥の小さな秘密。」
というもの。
波乱万丈のストーリーではなく、様々なエピソードが積み上げられていく感じの映画である。

私は、こうした日本映画の小品が好きだ。
何も起こらない映画も嫌いではない。
しかし、何も起こらなければそれでいい、というものではない。
本作は、観る者を引き付ける魅力が十分であるとは言い難く、登場人物への感情移入も非常に中途半端にしかできない。
演技やセリフも、なにやらギクシャクしており、それは手作り感というより稚拙に近いものさえ感じてしまう。
いろいろと伏線のようなものも描かれているのだが、それらは空中に飛び散ったままであるべきところに収まることなく終わった。

映画を振り返って、どこをどうしたらよかったのかと考えようとしたが、どこがどうというより、そもそもずれていたように思える。
少しいじったくらいではどうにもならない。
最初のシーンからおやおやだった。

中川龍太郎監督は、脚本も手掛けておられる。
オリジナルの本から手掛けられる意気やよしだが、今作は空回った感が否めない。

主演は、朝倉あきさん。
少し陰のある女性をみずみずしく演じられていた。
演技に問題はなかったが、脚本があれまあなので、熱演が活きなかった。
また、女優さんらしくお綺麗なので、物語の説得力を減らしていた面もある。
他の出演もあまり有名な方はおられないが、高橋由美子さん、高橋惠子さんといった、かつての人気女優さんが出ておられた。
高橋由美子さんは、1994年に放送されたテレビドラマ「南くんの恋人」の頃はトップアイドルだった。
高橋惠子さんは、1970年の「おさな妻」で鮮烈なデビューを飾られた方である。
お二人に会えたのは、ちょっと得した感じ。

繰り返すが、私はこういう類の日本映画が好きであり、これからも作られ続けてほしいと願っている。
そしてそのためには、多くの人に足を運んでもらいたいとも思う。
だから、「四月の永い夢」を観ようかどうか迷っている方がおられたら、ぜひ劇場で確かめていただきたい。
ただ、ニュートラルな方にまでお勧めする気持ちにはなれない。
残念だが。

nice!(2)  コメント(0) 

映画評 「孤狼の血」 オススメ! [映画評]

観ても観ても面白くない映画ばかり、とお嘆きの方は少なくないだろう。
どれもこれも似たような映画ばかり、とあきらめ顔の方も少なくないだろう。
子供向けの映画ばかりだなあ、と憂えている方も少なくないだろう。
そんな貴兄に、本作「孤狼の血」をお勧めしたい。
今年の一本になり得る快作である。

監督は、昨年「彼女がその名を知らない鳥たち」で各種映画賞をにぎわせた白石和彌さん。
個人的には、「彼女が・・・」より本作の方がずっとよかった。

しかし、残念ながらというかなんというか、万人受けする映画ではない。
主人公は刑事だが、「仁義なき戦い」の系譜につながるヤクザ映画であり、暴力シーンの描き方は容赦がない。
登場人物にろくな人間がいないというのもこうした映画の特徴で、爽快感からはほど遠い。
甘い道に逃げ込まず、最後まできっちり映画を仕上げ切った白石監督の手腕は高く評価すべきだと思う。
というか、私がそんなことを書かずとも、きっとこの作品で白石監督の評価はさらに高まるだろう。

主演は、役所広司さんと松坂桃李さんのお二人。
ヤクザ以上にヤクザっぽいふるまいを繰り返す叩き上げの役所さんと、
振り回される松坂さん演じるエリート刑事。
こうしたベテランと若手の組み合わせはよくある設定だが、エンタテインメントの枠組みギリギリのところで描かれるため、既視感に浸っている余裕などない。
役所さんの素晴らしさは相変わらずであり、松坂さんにとっては、この映画が一つのエポックになるかもしれない。

出演はほかに、真木よう子さん、滝藤賢一さん、田口トモロヲさん、石橋蓮司さん、江口洋介さんら。
いい映画とはそういうものだが、皆が皆好演されている。
悪役の男優陣はそろって忌々しかったし、真木さんの女っぷりも素晴らしかった。
江口さんが守孝(もりたか)という役名なのは、なんだか不思議な気分だった。
目を引いたのは、松坂さんとちょっといい関係になる役の阿部純子さん。
健気かつ陰のある女性を魅力たっぷりに演じられていた。

「孤狼の血」を観るには、覚悟がいる。
ちょっと暇つぶしに、的な気持ちで劇場に入ったらえらい目に合う。
しかし、映画ファンには熱烈プッシュである。
この作品は観た方がいい。

監督、スタッフ、出演陣に加え、
この映画の企画にGOを出された方を含めて、敬意を表したくなる。
そんな作品である。

nice!(3)  コメント(0) 

映画評 「パティ・ケイク$」 [映画評]

 「パティ・ケイク$」と書いて、「パティ・ケイクス」と読む。
$マークがついているが、お金の話ではなく、ラップミュージックによる青春サクセスストーリー。
底辺の人間の逆転劇を描いていて、ラップ版ロッキーのような感じである。
と言っても、アメリカ産で、主人公はダンボとあだ名される風体の女性で、母親アル中で、ストリートでラップで、と来ているから、さわやかな話ではない。
ロッキーより時代も経て、あれよりもっと陰鬱になっている。

なのに、最後が甘々になる。
予定調和的なハッピーエンド。
気持ちいいというより残念だった。
とことん悲惨でもよかった気がする。
というより、滑稽なくらい悲惨に終わるべきだった。
映画はハッピーエンドの方が喜ばれるのは確かだが、丸く収まり過ぎたために、印象はぐっと薄まってしまった。
これならば、「SR サイタマノラッパー」の方が、ずっと苦くてよかった。

ヘンテコリンな映画で、味はあった。
イタイなあ、と思わせてくれるシーンもあった。
もう一押し。
それがなかっただけで、その他多数、に分類される映画になってしまった気がする。
惜しい。

nice!(3)  コメント(0) 

映画評 「ラプラスの魔女」 [映画評]

『ヤッターマン』の三池崇史監督と櫻井翔が再び組んだ、と言われても、ファンを含めてポカンだろうが、とにかくそのコンビによる作品。
観た人の評価は軒並みよくないようだが、観てみなければわからない。

観てみて、確かに面白くなかった。
ユーザーレビューが悪くても意外と面白い映画もあるのだが、この映画に関しては意見が一致した。

自然現象を使って殺人が可能なのか、
特殊な才能を持った人間が、予測によって完全犯罪を起こせるのか、
刑事と大学教授が組んで謎を解いていけるのか、
など、観る前はそれなりに興味を感じていたのだが、内容はさっぱり。

辻褄の合わないことばかりだし、
登場人物の行動もイチイチ変てこりん。
クライマックスに向けてどんどん陳腐な流れになっていき、
散々盛り下がった中で終了。
いやはや。
櫻井翔さん演じる主人公も、まるで役に立たないし、おとぼけが売りというわけでもなく。
三池監督に向いている題材とも思えなかったが、そのとおりの噛み合わなさだった。

出演は櫻井さんのほかに、広瀬すずさん、福士蒼汰さん、豊川悦司さん、玉木宏さん、佐藤江梨子さんなど。
広瀬すずさんは、去年アカデミー賞の最優秀助演女優賞を獲得された。
しかし、この映画では誰がどう演じてもどうなるものではなく。
福士蒼汰さんと豊川悦司さんは、思い切り漫画チックなやり取りを延々とさせられるという拷問を受けられていた。
ああいうとき、現場はどんな空気になるのだろう。

それにしても、どうしてこういう映画が生まれるのだろう。
大の大人が何十人も集まって、
それなりのお金を集めて、
大真面目に取り組んでこの出来上がり。

櫻井さんは、舞台挨拶か何かで「シリーズ化もあり得る」とコメントされたらしい。
櫻井さん的には、納得できる仕事だったのだろうか。
いや、まさか。単なるリップサービスだろう。
他の出演者はどんな気持ちなのだろう。
「ちはやふる」「怒り」「三度目の殺人」といい映画にもたくさん出ている広瀬さんは、こういう映画のときどういう思いで演じるのだろう。
三池監督は、出来上がった作品を観てどう思っているのだろう。

nice!(2)  コメント(0) 

映画評 「オー・ルーシー!」 [映画評]

本作「オー・ルーシー!」は、カンヌをはじめ、各地の映画祭で高い評価を受けたと言われている。
監督は、期待の新鋭女性監督・平柳敦子さん。
さえないOLが英会話教室で「ルーシー」という名前を振られたことをきっかけに起こる顛末を描いたもので、出演は、寺島しのぶさん、南果歩さん、忽那汐里さん、役所広司さん、ジョシュ・ハートネットさんといった面々。
きっと面白いだろうと思って観に行ったのだが、ほとんどの映画がそうであるように、その期待には応えてくれなかった。

とにかく、救いのない映画である。
登場人物も、役所さん演じる人を除けば、根こそぎひどい奴ばかり。
なかでも、主人公のいやったらしさは、実に不愉快。
救いのなさ、いやらしさを徹底した点は、中途半端よりは潔く、まあそれもありかな、とは思うが、その不快感も一方でのエンタテインメントがあってこそであろう。
今年観た吉田恵輔監督の「犬猿」という映画も駄目人間しか出てこず、エンディングも苦いものだったが、映画として実に面白かった。
それと比べて本作は・・・。
はじめから最後まで見たくない聞きたくないシーンの連続。
浄化も開放も昇華もなく。
暗い席で画面を見ながら、「なんの我慢大会だ」と思わされた。

どうしてこの監督は、こんな映画を作りたくなったのだろう。
悲惨だけの映画でもいいのだが、先にも後にも何も見えない映画を作りたくなった理由が知りたくなる。
映画自体を全然楽しめなかったので、あえて聞きに行こうという気までは起こらないが。

この映画を勧めるとしたら、どんな人に対してだろう。
まあ、生粋の映画ファンになら勧めてもいいかも知れない。
私にははまらなかったけれど、批評家筋の評価が高いらしいから、観に行ってもいいかもよ、みたいな感じで。
あと、忽那汐里さんのファンになら、ギリギリいいかも知れない。
へんてこな役回りで、出演時間も短かったが、元気な笑顔が見られたので。
ちょっと時間がある、とか、OLの不安を共感したい、とか、そんなくらいの気持ちの場合、この映画は避けた方が懸命だろうか。
嫌な気分になるに違いないから。

nice!(4)  コメント(0) 

映画評 「となりの怪物くん」 [映画評]

「セトウツミ」
「何者」
「帝一の國」
「銀魂」
「あゝ、荒野」
「火花」
などなど、映画に出まくっている菅田将暉くんだが、その打率の高さにも驚かされる。
出演作に、ほとんど駄作がない。
だから、土屋太鳳さんとの共演になる「となりの怪物くん」も、外れることはないのだろうと勝手に思い込んでいた。
しかし、世の中に十割打者がいないように、菅田くんも外すことはある。
本作は、残念な作品だった。

退屈で仕方がない、ということはない。
ストーリーはおやおやだが、きらびやかな出演陣がちょっとずつ見せ場を持つので、「なんでもいいから早く終わらないか」とまではならない。
しかし、きちんとした設定もされていないし、演出も粗雑なので、映画に入り込めるまでには遠く至らない。
「あそこをこうしたら」というレベルではなく、ほぼ全面的に作り替えないといい作品にはなり得ない感じ。
しかしまあ、退屈で仕方がない、ということはない。

出演はほかに、古川雄輝くん、池田エライザちゃん、速水もこみちさんなど。
浜辺美波さんが非常にもったいない形で使われているのだが、つまらない役でもやはり光っていた。

「となりの怪物くん」は、菅田くんのアカデミー賞受賞後の第一作目の主演としては残念な出来栄え。
「外した」感が否めない。
土屋さんも相変わらずの熱演だが、この作品ではすべての頑張りが空回りする。
もこみちさんのファンにはいいかしら。

nice!(3)  コメント(0) 

映画評 「いぬやしき」 [映画評]

「アイアムアヒーロー」が素晴らしかった佐藤信介監督による「いぬやしき」を観た。
妙なタイトルだが、木梨憲武さん演じる主人公の名前が犬屋敷壱郎。
ひょっとしたらもっと深い意味が含まれているのかもしれないが、映画を観る限りは、それ以上の情報はなかった。

「アイアムアヒーロー」の映像や演出はなかなか刺激的だったが、本作も同様のテイストを持っている。
佐藤健さん演じる悪役が、悪行の限りを尽くすシーンの手加減のなさは、いっそ痛快である。

しかし、なんといっても残念なのは、どうしてああも酷いことをしまくるのかという動機が今一つわからないところである。
途中からは、暴れまくる理由も一応生まれるのだが、最初の衝動がなぜ生まれたのかよくわからない。
ここがわからないと、感情移入ができない。
木梨さんと佐藤さんの対決シーンは、かなり後半まで出てこない。
つまり十分引っ張っているわけであり、どうせ引っ張るのなら、「悪役」の背景をきちんと描いてほしかった。
いろいろな面で、去年公開された「亜人」と似ている作品なのだが、「亜人」では、傍若無人に暴れまくる悪役側に肩入れしたくなる要素もあった。
惜しい。

新宿を舞台とした戦闘シーンはなかなかの見せ場。
特撮と言えばどうしてもハリウッドには勝てない感じがしてしまうが、本作では十分に楽しませてくれる。

出演はほかに、本郷奏多くん、二階堂ふみさんら。
二階堂さんは、なんだかもったいない役を充てられていて、それが興味深いと言えば言える。

「いぬやしき」は、エンタテインメントとして楽しめる作品となっている。
冷酷な佐藤健さんもなかなかいい。
ただ、「やられた」とか「すごかった」とか言ったレベルにまでは達していない。
「アイアムアヒーロー」が面白かっただけに、観る前にハードルを上げ過ぎたか。

nice!(3)  コメント(0) 

映画評 「レディ・プレイヤー1」 [映画評]

作れば必ず話題になるスピルバーグ監督の作品。
私は、現在公開中の「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」をはじめ、近年の作品はあまり観ていないが、本作は見逃せない気がした。
70歳を超えたスピルバーグがどんな活劇を撮るのか、期待と不安があったが、いろいろなキャラクターが登場するというので、単純に楽しめるとは思った。

そして、予想通りに面白かった。
予想を上回る感動、とまではいかなかったが、大抵の映画は期待外れに終わるから、予想通りに面白い映画という段階でなかなか貴重である。
最初から最後までたっぷり楽しませてもらった。
スピルバーグ監督のサービス精神には脱帽である。

すでにいろいろなサイトでも紹介されているが、本作にはゲームや映画やアニメなどの、様々なキャラクターが登場する。
ゲームで言えば、「スペース・インベーダー」や「ストリート・ファイター」など、
映画で言えば、「シャイニング」や「チャイルド・プレイ」「メリーに首ったけ」など、
アニメで言えば、「ガンダム」(この登場シーンはしびれる)や「AKIRA」など。
ちらっと登場しただけ、というキャラを含めたら、それこそ何十とあるだろう。
それぞれにスピルバーグ監督の思い入れがあるのだとしたら、なんだか嬉しい。

音楽も、大人向け。
ヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」に始まり、プリンスの「I Wanna Be Your Lover」、ビー・ジーズの「ステイン・アライヴ」などなど。

とても楽しい本作だが、楽しさを超える何かがあるかというと、そこまではない。
ストーリーも設定も、よくある話。
仮想現実の中で戦うというシチュエーションも、繰り返し映画で取り上げられてきた。
「マトリックス」や、
「ソードアートオンライン」や、
「サマーウォーズ」
などなどで。
本作の場合、何かと似ていても、その作品へのオマージュだと言い張れば通ってしまいそうではあるが、新鮮味に欠けることは否めない。

 「レディ・プレイヤー1」は楽しい映画。
日本人にお馴染みのキャラクターがどんどん登場するから、それを探すだけで十分面白い。
深いものを求める人にはピンと来ないかもしれないが、それは欲張り過ぎというものかもしれない。
私は、欲張りたいクチだが。

nice!(3)  コメント(0) 

映画評 「名探偵コナン ゼロの執行人」 [映画評]

家族にファンがいるので、ほぼ毎年この時期に劇場でコナン映画を観ている。
2013年公開の「名探偵コナン 絶海の探偵」は、大人も楽しめて、スリルもたっぷりのいい作品だったが、
ここ3年の
「名探偵コナン 業火の向日葵」
「名探偵コナン 純黒の悪夢」
「名探偵コナン から紅の恋歌」
は、連続してアジャパーな出来だった。
50億円を超えるメガヒットになることが約束されているのだから、もう少し丁寧に作ってくれはしないものかと、3年続けて悲しい気持ちになった。

だから、今年のコナンにも全く期待していなかった。
女性に人気のある、安室さんというキャラクターが前面に出るらしいから、そのキャラをとにかくお仕立て、また荒唐無稽なアクションの連続でお茶を濁しまくるのだろうと思っていた。
しかし、あら、ちゃんと楽しめる作品になっていた。
嬉しい誤算である。

監督が代わったのがよかったのだろうか。
去年までは、静野孔文さんが7年連続で撮られていて、中には「絶海の探偵」という傑作もあるのだが、やはり続けているうちに出し切ってしまわれたのかもしれない。
新監督の立川譲は、大きな重圧も感じられていただろうが、立派な仕事をされた。
公安という権力の闇の部分や、
検察と警察の関係といったコアなテーマで大人の興味を引きつけつつ、
安室という人気キャラクターの見せ場もしっかり用意した。
読めはしたが、いろいろな伏線を回収しつつ、二転三転する展開は、この数年のコナンにはない練られた流れだった。
これなら、日本代表としても恥ずかしくない。

それにしても、コナンの人気はすごい。
公開後の2日間だけで、動員101万2000人、興収12億9600万円を記録したという。
ヒットの目安とされる10億円という水準を、たったの2日間で突破してしまったことになる。
これだけ多くの人に待望されているコナン映画である。
来年以降も、しっかり作られることを期待したい。

nice!(4)  コメント(0) 
メッセージを送る