So-net無料ブログ作成

映画評 「轢き逃げ 最高の最悪な日」 [映画評]

俳優・水谷豊さんの長編映画監督第2作。
1作目の「TAP THE LAST SHOW」は、映画への情熱が感じられる力作だった。
本作は、予告編はイマイチだったし、ネットの評価もあまりよくなかったが、
1作目にあれだけの作品を撮られたのだから観た方がいいと判断した。

しかし・・・

これがなんとも酷いシロモノだった。
脚本がとにかく滅茶苦茶だが、
役者さんたちの演技も相当にまずい。
演出もどうにもならない。
好きとか嫌いとかという次元ではなく、
メジャー系で公開される映画としてクリアすべきレベルに達しているとは思えない。
本作で水谷さんは脚本も務められ、完全オリジナル作品に挑まれたという。
その意気やよしだが、その失敗ぶりは半端ではない。

前半から酷いので、これを2時間見続けるのはかなりの苦行だった。
後半も持ち直すどころかさらに酷くなる一方であった。
関係者は、試写会でこの作品を観て、どう思われたのだろう。
誰が監督でも、駄目なものは駄目だとちゃんと言わないと。

主演は、若手俳優の中山麻聖さんと石田法嗣さん。
お二人の芝居も困ったものだったが、本作に関しては脚本と演出が無残だったので同情の余地はある。
水谷さんは俳優としても重要な役を演じられていたが、こちらもかんばしくない。

水谷さんは、映画を作りたいと思って作られているのだろう。
ある程度のヒットが約束された漫画原作で人気の若手俳優を使って、
という企画に比べると、その思いは強いものがあると思う。
しかし、思いの強さと作品の質とは必ずしも比例しない。
本作は、お金を取って見せる作品としては、ちょっとしんどいと言わざるを得ない。
誰も何とも言ってあげないのだろうか。
誰も何とも思わないのだろうか。
もっと映画を大切にしてもらいたいと感じてしまう作品であった。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。