So-net無料ブログ作成

映画評 「耳を腐らせるほどの愛」 [映画評]

楽しみにしていた「町田くんの世界」がはまらず、
あと楽しみにしているのは岡田准一さん主演の「ザ・ファブル」くらい。
それでも、時間が空けば映画を観たくなる。
ゴールデンウイークはとうに過ぎ、
夏休みにはちと早いという微妙な時期。
映画館にかかっているのは「アラジン」「ゴジラ」という定番の対策。
それらはきっと面白いのだろうと思うけれど、面白いと決まっている映画を観ても面白くない。(んなことないか)
そこで、いろいろ考えた末に選んだのが本作、「耳を腐らせるほどの愛」。
多分、ダメなんだろうなあと思いつつ、
お笑いファンとしては、
NON STYLEの井上裕介さんが主演で、石田明さんが脚本、
とあっては、見届けておく必要があるように思えた。

映画の内容は、いわゆるドタバタコメディ。
一応、孤島での密室殺人的な設定にはなっているが、
誰もミステリーとは思わないし、ミステリー仕立てにもなっていない。
井上さんがいつものキャラで飛ばし、
他の出演者もベタベタの演技でかぶせてくる。

つまらなくはない。
それなりに面白く2時間が過ごせる。
しかし、映画を観た充足感はない。
映画は、ただ面白ければいいというものではないのだ。
そこが難しい。
ややこしい映画がいいというわけではないし、
コメディでも、いい映画はいくらでもある。
本作は、なんというか、どうにも物足りない作品であった。
土曜の午後4時頃から特別企画枠で90分番組として放送されていればそれなりなのだろうが、
映画という枠で見るとシオシオであった。
オチも、まあ。

興味深かったのは、映画の中に出てくる、
「東中野たとえ話サークル」。
このサークルには、ちょっと惹かれた。

「耳を腐らせるほどの愛」は、映画としてはどうにも届いてこない。
テレビか、
若しくは舞台なら映えるのだろう。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。